【シングルマザー】生活でお金をもらえる手当を公開!コロナ給付あり!
Pocket

コロナウィルスがあって、収入が激減したり

仕事がなくなったという辛いお話を聞くようになりました。

 

また、仕事に変化があったりして

本当に辛い状況が続きますね。

 

コロナウィルスは一時の感染症ではないので

社会的にも給付金の受給ができるようになっていますが

シングルマザーにも、国からお金がもらえることがありました。

 

そして、今回はシングルマザーがもらえるお金についてまとめてみようと試みますので

「まだ、受け取っていないお金があった」

「受給継続のために確認できた」

など、気づきがあれば幸いです。

 

【シングルマザー】生活でお金をもらえる手当を公開!コロナ給付あり!

まずは、最近急遽、受給されるコロナウィルスによる手当のお金のことをお伝えしますね。

ひとり親世帯臨時特別給付金(厚生労働省)

子育てと仕事をひとりで、しているシングルマザー、シングルファザー世帯で、

収入が減ってしまったなど、生活していくのに大変さを抱えている家庭への支援。

 

これは臨時支援で、一時的な支給金となります。

対象者

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯

・現在(令和2年6月分)も支給を受けている方

・公的年金給付金を受給していて、現在も児童扶養手当の支給が全額停止されている方

・新型コロナウィルス感染症の影響を受けて、家計が激変し収入が減っている方への給付など

(参考資料:ひとり親世帯臨時特別給付金「厚生労働省」より抜粋)

こうした方が、該当されるようなので、「うちはどうなのかな?」という方は、

近くの地方自治体にお問い合わせをしてみてくださいね。

 

うちの地域は、自宅に手紙が送られて来たようで、期間中に手続きが必要のようでした。

 

支給額は

1、基本給付

1世帯 5万円

第2子以降のひとりにつき 3万円

2、追加給付

1世帯 5万円

受給するためには

1回目の基本給付に関しては、申請が不要です。

 

ただし、「受け取らないよ」という方は、自宅に届く

「届出」を返送することで、受給されません。

 

そして、手当の支給に当たっていた口座を解約してしまったなど、

受け取るのに、問題がありそうな時は、口座変更の手続きをしましょう。

 

2回目の追加給付については申請が必要です。

 

同年8月に合わせて、収入が現象している時には、申請を行うことで受給できます。

 

こうした、緊急の給付金があるのは、とても助かりますよね。

 

また、申請の際には地域の自治体に申請しに向かうと思うので

こうした時こそ、手当の見直しもしておきましょうね。

 

母子家庭への手当

児童扶養手当

こどもが18歳になったあとの3月までの児童がいる、

ひとり親に支給される手当なのですが、国からの支給なので、あなたが全国どこにいても受けられる手当。

 

児童扶養手当は、みんな同じ金額ではなく、その人の所得に応じて支給額の、1部か全額かが受け取ることができます。

<所得額について>

所得額=年間の収入ー経費(給料所得控除など)+養育費(受け取った8割)ー8万円(社会保険料額)ー諸控除(寡婦控除など)

この、所得に関しては、あなたが実家でご同居されている場合は、

そのご家庭の合計所得になることもあるので、詳しい金額は、お住まいの自治体に確認するとよいでしょう。

 

1ヶ月の支給額

令和になってから、1人あたりの支給金額は、次のようになります。

 

支給される月は、今まで年に3回という4ヶ月毎の支給でしたが、令和になってから、

もう少し細かい支給(2ヶ月に1度)になったようです。

 

確かに、受給していたころは、「まだ、受給金額がこない」と不安になることが多かったので、

改善されたのですね。

 

さらに他の手当がこちらです

児童手当

ひとり親家庭医療助成制度

就学援助

児童育成手当

JR通勤定期、特別割引

住宅手当、家賃補助

こうした、手当があるので受給できているか?更新が必要か?などを

確認しておきましょう。

 

もらえる!ではなく借りる意識で自立しよう

こうした手当は、シングルマザーにとって、本当にありがたいですよね。

 

私も離婚当時は、時給800円のパートでの生活だったので、

こどもと2人とはいえ、かなり厳しい生活をしていました。

 

そして、こうした母子家庭世帯への手当も受給していましたし

本当にこのお金がなかったらと思うと、今でもゾッとします。

 

ただ、このお金を「当たり前にもらえるお金」ではなく

「今は借りている」という意識を持ちながら生活していました。

 

いずれは、受給を受けた分、自分でもお金を稼いで手当から卒業して

自分も税金を納めて、自立して困っている人の役にたちたいとも

淡い期待を自分にしながら収入をあげていきました。

 

当たり前のように、もらうお金と思うことは簡単なことですが。

これは、誰かが納めてくれた「税金」の1部です。

 

だから、いただくこときも使う時も感謝の気持ちを忘れずにいたいですよね。

 

そして、いずれ自分も還元できるように自立した生活を手に入れることができれば、

こどもにとっても胸を張って生きていると言えのかもしれません。

 

もちろん、無理はいけませんが、こうした志で生きていくことが

自分が生きていく楽しみなのかも、としみじみしております。

まとめ

今回は、コロナウィルス感染症のこともあり、緊急で受給できる給付金のことを、書かせていただきました。

 

シングルマザーの生活は、こうした大きな変化がある時は過酷さを増します。

ただ、こうした時にもブレない生活を作り上げることも大事なのかも。

 

もらえるお金!と、当たり前に思いすぎず、ありがたくいただきながら

自立するためのステップに変えていきましょう。

<応援クリックお願いします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

シングルマザーランキング