シングルマザーの子供との生活で必要なお金!幸せに生きる生活費内訳!
Pocket

 

シングルマザーは子供を育てる生活にどのくらいかかるのでしょうか?

 

また、生活費はもちろんのこと、子供が大きくなるにつれて大きくなってくる、学費の問題。

 

シングルマザーになったばかりの方や、これからなる方には、とても不安な部分になるでしょう。

 

今回の記事では、子供を育てるために必要なお金(教育費)と

その、限られた収入の中で、少しでも楽に過ごすことができるような、サポートになる面をご紹介させていただきます。

 

***

 

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーの自分らしく好きなことをして生きていく方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

シングルマザーの子供との生活お金はいくら必要?幸せに生きる生活費内訳!

シングルマザーが子育てに必要なお金

 

子供が生まれてから小学校に入学するための期間は、まだお子さんが小さいこともあり、

そんなにお金がかからないと言いながらも、年間100万円はかかるといいます。

 

生活消耗品がかかってしまったり、保育園、幼稚園の費用もあります。

 

小学校になると、一人115万円(年間)と言われていて、保育料が減ることがあるのですが

食費や、教育費が徐々に増えてくるのです。

 

中学生になると、食費、教育費、学校外の教育費など、成長と教育に必要なお金がすごく増えてきます。

なので、年間150万円ほど必要になってきます。

 

特に、食費や被服費は、小さい頃に比べて3倍近く多くなり、年間30万円は増えると言われています。

 

また、塾に通ったり、習い事といった「教育部外秘」が増えてくるので家計にも負担がかかるのです。

そして、義務教育で終えてからが本番だと思うでしょう。

 

高校に進むと、学校の選択肢も広がってきますよね。

 

実際に高校に進むと、公立高校では年間約30万円、私立高校では約75万円が教育費として

必要になってきます。

 

教育費だけでも、負担が増えて大変そうだと思うかもしれませんが

「高等学校等修学支援金制度」という国の制度で

公立高校、私立高校ともに年間11万8800円が支給され、授業料が実質無料となる。

 

少し安心したところだと思いますが、やはり高校生ともなると大人も同然ですよね。

洋服代や、交際費、部活のユニフォーム遠征費用、小さいこととなるとコンタクトレンズの費用なんかも出費。

 

やはり、どんどん子供は大きくなるとお金の負担が増えて家計にも大きな影響を与えるのですね。

 

では、その大金を工面するシングルマザーは一人でどうやってやりくりしていけばいいでしょうか。

シングルマザーに必要な手当で生活を豊かにする

 

ひとり親の家庭には公的なサポートがいくつかあります。

 

・お金の支援が受けられるタイプ

・生活コストが軽くなるタイプ

・困った時に支えてくれるタイプ

 

お金がもらえるタイプ

児童扶養手当は、シングルマザーがもらえる代表支援。

18歳年度末まつになるまで受けることができる支援。

 

収入や子供の人数により金額も変わってくるので、お近くの

支援団体に確認するといいでしょう。

 

そして、子供がいれば必ず受けられる「児童手当」の申請も

忘れないようにしましょう。

生活コストを軽くする

まずは、医療費の軽減です。

一定の条件により、「ひとり親医療費助成制度」は、健康保険の免除や国民年金の免除制度を使えることがあります。

 

税金の面では、「寡婦控除」というものがあり、税金に対しての軽減もあるので確認してみましょう。

 

困った時の支え

これだけ、国の支援を受けていても大きなお金(例えば、学費など)で必要になることもあるでしょう。

こうした時の助けは、公的な貸付も探してみましょう。

 

例えば、「母子父子寡婦福祉資金」は国の制度なので12項目ある内容で、お金を借りることができます。

こうしたサービスを利用することで、民間から借りるより有効です。

 

なぜなら、無利子でお金を借りることができるものがあるからなのです。

シングルマザーの生活を支える収入の増やし方

いきなり、収入をグンとアップさせることはできないのですが、

コツコツすることが大事。

 

まず、収入を可視化して(目に見えるように)おくことが必要です。

今どのくらいの収入で、どのくらいのお金が出ていくのか?ということと把握することが大事。

できれば、毎日チェックしたいところですが、難しいかもしれないので、1週間1ヶ月とチェックできるようにしておきたいですね。

 

そして、使いすぎや無駄遣いがわかれば翌月から節約すればいいということですね。

 

また、大きな出費を占める「家賃」なのですが、受託日は毎月固定で出ていくので、できるだけ安い物件に住んだ方が支出を抑えることができます。

 

月に1万円違えば、年間12万円も違うので、できるだけ安い物件を探しましょう。

 

そして、毎日の食費ですが、ここで無駄を無くしたいのは大事なポイント。

自炊することを、基本として買ったものを無駄にしない工夫が必要となります。

 

週末にまとめて調理をして冷凍とか、週に1度のまとめ買いをするという工夫も必要になります。

 

最後に、光熱費。

光熱費も頑張れは、月に1〜2千円の節約ができます。

 

これも、年間にすると数万円の節約になるので、これはおおきいのではないでしょうか。

 

・電気代のプランを見直す

・お風呂は短時間

・エアコンの温度調整

・節水

 

小さいことから、コツコツになりますが、

これが大事なので、積み重ねていきましょう。

 

まとめ

 

シングルマザーが子供を育ていく上で必要なお金のことをお伝えしました。

そして、適した支援を収入を増やしたり抑えたりすることで

少しでも生活を潤していきたいですよね。

これからも、こうしたシンママ情報をおつたえしていくのでまた来てくださいね。

 

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーの自分らしく好きなことをして生きていく方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】