Pocket

 

スポンサードサーチ

ネットビジネスは怪しい?信用できるネットビジネスの出会い方とは?

 

昨日は、5分で書いた文章から
9500円の利益が発生しました。感謝

 

ネットビジネスをしていると
「アンチ」みたいなコメントが来ます。

 

・ただの詐欺師じゃん

 

・情報発信をやめてください

 

・なんでこんなことやってんの

 

みたいな。

 

幸い、私の媒体ではそこまでの批判は多くないのですが
これは、まだまだ発信者として未熟な証拠。

 

それはなぜか?

 

まだまだ、読んでくださる方の感情を
動かすことができていないんですよね。

 

感情が動く

 

その人に興味がある

 

行動する

 

だから、批判的なコメントこそ
自分にかなりの関心を持ってくれている証拠ですし
わざわざ、それを伝えてくれる行動をしてくれている。

 

しかも、感情むき出しで・・・笑

 

ありがた〜〜い。

 

生きていると、誰かに怒りを思いっきり
ぶつけられることってありますよね?

 

私も時々あるんですが(ほら前の旦那さんがアレでしたから笑)
離婚してからは、感情むき出しの相手に
面白いほど冷めた目で対応している自分に
たまにドン引きするんです。

 

離婚後に、病院で看護助手をしながら
看護学生生活をしていた時に
毎日戦場のような病棟で、
淡々と仕事をしていたんです。

 

もう、やることいっぱいだし
次々に患者さんが入れ替わるし
ナースはドタバタで大変そう。

 

そんな中、同僚に
ステーションの前で怒鳴られました!

 

その人は、きっと、

 

・もっと患者さんにサービスを

・ニコニコ愛想よく働きなさい

・ドタバタ仕事しないで丁寧にやりなさい

 

といったメッセージを私に伝えるために
指導しようとしたんでしょうね。

 

しかし、

 

ここは病院

 

しかも、彼女は患者さんの前で怒鳴り散らす。

 

私「まず、患者さんの迷惑になるのでバックヤードに行きませんか?」

 

と、半笑いで裏に。

 

まだ、ワーワーうるさいから、

 

・まずは、指摘を感謝

 

・感情が収まるまで待つ

 

・その上で、自分の主張をする

 

この時は、特に反論はしませんでしたが。

 

まぁ、結局自分が正しいと思い込んでいる人にとって
何を言ってもしかたありませんから。(冷めた目

 

・患者さんやそのご家族は、笑顔で対応してほしい時ばかりではないということ

 

・治療が必要な患者さんの対応をするのは「ナース」であり、
 人が不足になった病棟に残された、患者さんを守るのは助手の仕事

 

・誰かが亡くなっても、悲しんでいる暇はない。辛いのはそのご家族

 

・生きている人・手助けが必要な人にどう対応するかが全て

 

・看護師のフォローを最大限するのが、助手の仕事

 

こうした、自分の理念をもって助手の仕事をしていたので
どんなに、怒られてもブレませんでした。

 

結局、どんな気持ちで、どんな信念をもって
その仕事に向き合っているか?はすごく大事で
それが、ブレているとイライラしたり
こちらも感情がでちゃう。

 

でも、その時間や労力ってすごく無駄で
そんなパワーがあるなら、
患者さんの不安を聞いたり、
病棟を綺麗にしたり
ベットメイクをして環境を整えたりした方が
患者さんには喜ばれます。

 

また、今の私であれば、こうやってメルマガを書いたり
コンテンツを作ったり、生徒さんの指導をした方が
力になるんですよね。

 

そして、感謝されるという。笑

 

結局、理念や信念があれば、発信もブレないし
批判されても、サラッとかっこよくかわせる。

 

ああ〜〜まだまだ、批判が少ないわたくしは
まだまだですが、もう一度よく理念や信念を
ガチッと固めたい!と感じました。(反省

 

そして、自分のやるべきことを
淡々とこなして、今月も目標を
達成できるように、精進したいと思います。

 

ビジネスにおいても、何のために取り組んで、
どのようになりたいか目標を掲げる必要があります。

 

・どんな自分になるために

・どんなことを、どのくらい

・より具体的に、できれば数値化

 

することで、ブレない行動力がアップします。

 

今日から11月!

 

今年も残り2ヶ月、全力投球で
頑張りましょう!(ボールを投げるのは、二・ガ・テ 笑)

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】