シングルマザーお金が貯まらない?毎月貯金を増やす4つの方法
Pocket

 

家計は毎日・毎月火の車。

 

シングルマザー のみなさん貯金はしっかりできていますか?

 

そろそろ、シングルマザー 生活もしんどくなってきたし、

仕事しても節約してもお金が思っているほど貯まらないですよね。

 

すごくわかります。

 

やっぱり目に見える貯金額が安心感を与えてくれることは確か。

 

将来の不安を打ち消すためにも貯金を確実にし続けたいですよね?

 

子供が中学生くらいになってくると、

お金の負担が一気に増え、

「小学生の頃にもっと貯めておけばよかった〜」とならないように、

今回は毎月の貯金を確実に増やす方法をお伝えします。

 

 

シングルマザーお金が貯まらない?毎月貯金を増やす4つの方法

 

貯金ができるシングルマザー の共通点

 

貯金ができるシングルマザーには、ある共通点があります。

 

具体的に貯める金額を決めている

貯金が貯まる仕組みを作っている

まずやってみる

 

ということは、貯金ができないタイプは、

貯金ができないと思い込んでいるということになります。

 

もし、あなたが貯金できないタイプだったとしても落ち込まないでください。

 

今の貯金は今までの結果、これから先はいくらだって変えることはできます。

 

まずは、目標の設定

 

これがないと漠然に何をどんな風にしたらお金が貯まるのかわかりませんよね。

 

1ヶ月単位・3ヶ月単位・1年単位でまず目標を立てることをオススメします。

 

お子さんの年齢や人数にもよりますので、

その中でも教育費ほど明確に目標の金額を決められるものはないのではないでしょうか。

 

子供のために貯金することもとても大切なのですが、

自分のためにも貯金したいですよね?例えば、

 

欲しいバッグを買うために2万円貯金する

旅行に行くために20万円貯金する

起業するために10万円貯める

 

ちょっとワクワクしてきませんか?これを期日を決めて行動し始めると、

毎日のお仕事や家事、育児が自然と笑顔でできるようになるんです。

 

支出のコントロール

 

 

まず1年間の収入を知りましょう。

 

給与明細や通帳を見て、1年間の収入を確認。

 

お仕事の収入以外に、シングルマザー、子育て中に受け取る事ができる、児童扶養手当・児童手当・

養育費、免除費用など図のようにすべての収入を合計しましょう。

 

次に貯金額を確認します。

 

1年間で増えた(減った)貯金額を数字として見えるようにしていきましょう。

 

そして、今の通帳の残高を見て、1年前と比較します。

 

1年前の同じ月の貯金額はいくらかをみてみましょう。

 

 1年間の支出を知るためには、収入から貯金を引くと、

使ったお金(支出)となりますので、貯金が全くできない月があったり年があるという時は、

収入と同じだけ使っていることになりますね。

 

家計の把握はかんたん

 

自分が想像していたように、貯金はできていましたか?もし、思った以上に貯金ができていたら、

「この調子」と自分をほめてあげてくださいね。

 

でも、ここであまり期待していたよりも思った通りに貯金ができていない場合は、

毎月必ず出ていくお金と、入ってくるお金の固定費から見直しましょう。

 

あとは、いつももの節約方法に磨きをかければOK

 

生活費はレシートを活用

 

ここはやはり家計簿?と思いがちですが、

以外にもたった1日で家計を改善する方法があるんです。

 

その方法は、ずばりレシートを毎月貯めること

 

1ヶ月後に一気に、そのレシートを「必要な買い物」と

「なくてもよかった買い物」とに分けていくのです。

 

これだけで、お金の使い方がぐんと変わるのです。

 

意外と勢いで買ってしまったものや、

買わなくてもよかったものが洗い出せるので、

次にそうした場面になったら、ストップがかかりやすい。

 

少しづつ習慣ができると、「あ、無駄だな」と

自然にできるようになっていますよ。

 

その他の節約方法で井上が、実践していたことは息子の

衣類やたまにしか使わないものをもらったり、借りたりすることです。

 

特に、入学式や卒業式の洋服や靴・バッグ、

自転車や外遊びのボードなども貸し借りしたことを覚えています。

 

お友達も同じように喜んでくれて、

うれしい!と言ってくれたので、感謝の気持ちを伝えながら、

今もお世話になっています。

 

こうした、助け合いの気持ちもうれしいですね。

 

貯金のための仕組み化

 

毎月少しずつでも貯金をしようなどと思っていても、

今月は厳しいからやっぱり来月にすれば良いというように、

意思が簡単に変わってしまうという経験を持っている人も多いでしょう。

 

お給料が銀行振込の場合、定期的に口座から自然に貯金ができる自動積み立て貯金などを利用しましょう。

 

お給料から自動的に貯蓄口座に決まった金額が移動するように

自分の中で強制的にお金がためる仕組みを作ってしまいましょう。

 

ルールを決めて貯金することはとてもいい方法

 

一番のおすすめでは、給料日に必ず限られた金額でいいので

別の貯金用の口座に貯金する分をわけておくとか、開けられない貯金箱にお金を入れる事です。

 

金額は少なくてかまいません。

 

毎日貯金をしたりするのは負担になってしまうことが多いので、

嬉しいことがあった日には金額にかかわらず貯金箱に小銭を入れるというタイミングや、

手元に500円玉が作れたら貯金箱に入れるといった、

無理のないタイミングをルールとして設定しておくことで継続しやすくなります。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

 

将来の不安を打ち消すためにも目に見えた金額を

貯金できると少し気持ちが軽くなります。

 

まず、お金を貯めることができるように、

問題の明確化と自然に貯めることができる仕組みやルールを

作ってしまうと貯金がしやすくなりますね。

 

将来お金を楽しいことに使えるといいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。応援クリックをポチッとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング