シングルマザーの新居!賃貸マンション・アパートの選び方とチェックポイント
Pocket

 

シングルマザーになる時に別居や離婚が、引っ越しのきっかけになる方もいらっしゃると思いますが

 

新しい生活を始めるのであればできるだけ素敵な住まいを借りたいですよね。

 

自分に合った賃貸マンションアパートを探す方法てどんなことがあるでしょうか?

新居を探すのはすごく楽しいことですが、納得いかない事や不安な気持ちも色々あるでしょう。

ただここは、「新しい生活」ということでワクワクしながら物件を探したいですよね。

 

今回は、シングルマザーになった時に、引っ越しを経験したことも踏まえて

賃貸マンションアパートを選ぶときのポイントをまとめてみました。

お住まいの地域に素敵な物件が見つかることを願います。

 

シングルマザーの新居!賃貸マンション・アパートの選び方とチェックポイント

シングルマザーの新居内見でのチェックポイント

新しい住まいに引っ越しするときのチェックポイントは以下です。

耐震性と築年数

建物の構造

階数と意外なデメリット

水回りやガスの種類

クーラーの取り付けについて

耐震性と築年数

できれば、新しい所に住みたい気持ちは分かります。

 

ただ、あまり新しい築年数だと家賃がどうしても高くなってしまいますよね。

 

こうした時は、耐震基準を満たされてるって言う事を一つの条件にしても良いかもしれませんね

 

耐震基準は、 1981年に大きな改正がされて新耐震基準でおこなわれています。

新耐震基準では

 

「 震度5程度の地震で建物の構造に損害が出ないようにする」

「震度6から7程度の地震の時致命的な損害を回避する」

と定められています

こうしたことも踏まえて、この改正がなされた後の築年数の住まいを、選ぶのがポイントかもしれませんね

建物の構造

賃貸アパートの場合は木造か鉄筋構造、

マンションの場合は鉄筋コンクリートであることが多いですね。

この作りによっても耐震性は違いますが、

先程お伝えした築年数に加えて構造も判断基準の一つとして考えてみましょう。

 

建物の構造は耐震性だけではなく、建物への通気性だったりとか、

騒音の部分ですね生活で支障をきたす音に関しての関係性もあるので、

小さいお子さんがいらっしゃる場合はご近所さんへの配慮も考えると

鉄筋コンクリートの方が無難かなとは思います。

建物の階数とデメリット

できればマンションの最上階とか素敵ですよね。

 

一番上に住んでいれば上の人からの音もあまりないし景色もいいし、

防犯面でも下の回数よりはいいのかもしれませんね。

 

ただ一番上の階になると夏場はとても暑くて過ごしにくいです。

 

直射日光がマンションの一番上に降り注ぎますから、暑くて眠れないなんてこともあるようですね。

 

私の場合は、防犯面も考えてすべて2階に住んでいます。

 

そう考えると、上の階だからいいことばかりだということではないようですね

水回り

水回りはしっかりとチェックしたいポイントの一つですね。

 

例えば、トイレの水の流れはいいかなとか

シャワーから出る水の出る力が強すぎたり弱すぎたりしないかな。

これは、シャワーヘッドを変えるという解決策もあるかもしれませんが

元々の水圧にも関係すると思うのでしっかりとチェックした方が良さそうですね。

 

また、キッチンの水道をから出る水もしっかりとチェックしましょう。

 

年数が入っているキッチンであったりとかすると、

水道のきわから水が漏れてしまうっていうこともあります。

 

入居する前に水回りのチェックをしっかりとチェックしておきましょう。

 

これはお部屋を見させて頂いてる時にしっかりと

水を出して確認するということが大事かもしれませんね。

 

少し言いづらいかもしれませんが、

いざ住むとなると数年のことになると思うので勇気を出して聞いてみましょう。

 

水回りに トラブルがあるとどこに連絡したらいいかなとか料金は

誰負担になるのかなとかも心配になると思うので、

こうしたことも聞いておくことも良いかもしれませんね。

ガスの種類

ガスの種類は大きく都市ガスとプロパンガスがあります。

 

都市ガス

地下のガス管を通って自宅に届くタイプのガス

料金は公共料金になるためお住まいの地域事で少し価格の差はあるものの

大きな値上がりもなく比較的値段が安い。

プロパンガス

ガスボンベで供給されます業者によって値段を設定できるので

ガスボンベの交換の方や配達などの人件費がかかります。

従って値段が少々お高めに設定されていることが多い。

今は、電気もガスも自由化になっています。

もし、あなたが一戸建てにお住まいであるのならば電気料金ガス料金も比較して

好きな業者を自分で選ぶということも節約の一つになります。

ただ、賃貸アパートマンションの場合は、 大家さんに相談するしか方法がないので、

物件探しの段階から公共料金のことを考えると都市ガスの方がいいのかなという見解です。

とはいえ私の場合は、ずっとプロパンガスの住まいに住んでいます。

私の場合は立地を優先したのでガスに関しては妥協をしました。

 

と言っても、大きな負担にはなっておらず夏場は月3000円ぐらい

冬場ストレスのないように熱いお湯を使っても月7000円ぐらいが最高の値段でした。

 

クーラーの取り付けについて

築年数が古い物件では、エアコンのない部屋がある場合もありますよね。

例えば室外機を置く場所がなかったり、室外機まで届く通気孔がなかったりします。

 

冬場は、どうにか他の暖房器具で寒さをしのぐことができるかもしれないんですけれども、

この夏場の暑さだとなかなか扇風機だけでは生活は厳しいですよね。

 

クーラーがない部屋に取り付けられることができるかを確認しておくということが大事になります。

 

部屋の中を最適な温度にすることもストレスフリーな生活を手に入れる上で大事なことですよね。

 

ましてや小さいお子さんが行ったりすると我慢させるのはかわいそうですね。

まとめ

今回はシングルマザーが新しい部屋を見つけるためのチェックポイントをお伝えして行きました。

 

こう考えてみると結構チェックすることが多くて、

他にも立地や家賃の面でも考慮しなきゃいけないとなると

たくさんの物件を見ないといけなさそうですよね。

こうした時に大事なのは優先順位だと感じますので自分は、

何が妥協できるかなということをいくつかピックアップしておくのが良いのではないでしょうか。

 

やはり完璧な物件ってなかなか出てこないので、

これだと思った時にすぐ決めるという決断力も大事かもしれません。

 

<応援クリックお願いします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

シングルマザーランキング