シングルマザーが正社員になるのは難しい?仕事みつからない人にオススメの収入源!
Pocket

 

シングルマザーでも、働く女性は正社員を希望することは多いでしょう。

収入面でもボーナスや有給休暇・保険や年金のことを考慮すると、正社員を希望することは自然ですよね。

 

自分が希望する職場がすぐに見つかり、就職できればいいのですが、そうもスムーズにはいきません。

 

まず、子供のことを考えながら、自分が子育てと仕事を両立できるかと、会社側の働いて欲しい希望がマッチしないことには、働くことが難しくなります。

 

今回は、シングルマザーが正社員の仕事になるための考え方と、仕事が見つからなくてもそのほかに収入源があることをお伝えいたします。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

シングルマザーが正社員になるのは難しい?仕事みつからない人にオススメの収入源!

 

正社員になるのが難しい理由

 

シングルマザーが正社員として働きたいと思っていても、一人で子育てをすることで、学校行事への参加や子供の病気等で休むことも多く、フルタイムで働くことができないために、正社員になることは困難。

 

それでも、経済的な自立を考えると正社員を希望する気持ちは十分わかります。

 

正社員採用が厳しい、と判断する理由は、子供の病気等で急に休まなければならない、PTAなどで会社を休まなければならないことがあるからです。

 

「仕事を任せたい」と思っていても、頻繁に休まれる、残業もお願いできないという状況では、企業も正社員登用は厳しいという判断になりますから。

 

最近の日本の雇用は安定してきたものの、よほどの突出した能力がない限り、新卒以外で正社員としての雇用は依然として難しいのが現状。

 

これは就職活動をする全ての人に共通しています。

バブル崩壊後は派遣社員や契約社員の数が増え、ボーナスが出なかったり、福利厚生面がしっかりしていなかったりと、さまざまなネックを抱えながら働く人が多くなりました。

 

誰もが正社員になりたくて就職活動をしているなか、働く時間が制限されてしまうことが多いシンママは、他の求職者との争いにはどうしても不利になってしまいます。

 

 

ただでさえ難しい正社員への道は、シングルマザー にとってはイバラの道なのですね。

 

 

参考:離婚しても大丈夫?シングルマザーになるとお金が不安?仕事も収入も安定が大事

 

正社員になるには

 

 

正社員になるには、「会社に利益を与える」こと。

会社に利益を与えるというのは、「売上を上げる」ということです。

 

会社を儲けさせて会社を潤わせれば必然的に社員になりますから、貰っている給料分以上の働きをすれば良いのです。

 

あなたの働き方次第で正社員への道が開かれることもあるということ。

 

特定就職困難者雇用開発助成金という制度があることを企業側に話しをして、正社員登用の交渉をしてみることも一つの方法です。

 

これは、母子家庭の母親などの就職困難者を、ハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、助成金が支払われるというものです。

企業側もお金が入るので悪い話ではありません。

 

特殊技能や、専門知識を持っている人の場合、様々な会社と契約をして収入を得ることもできます。正社員でなくても、自分の持っている技術で月収50万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

 

正社員として働きたい理由は何かをもう一度考えることも必要です。

 

参考:40代・50代でシングルマザーになる決意!貯金はいくらあれば老後安心?

 

正社員が無理なら?

 

在宅ワークは自宅でお仕事ができるということ。

「インターネットなどを介して請負契約に基づいて在宅で行う仕事」で、データ入力、モニター、アンケート調査、ライター、デザインなど業務内容はたくさんあります。

 

内職も広い意味では在宅ワークですが、厳密には異なります。

 

在宅ワークの職種はさまざまです。お仕事内容としては、データ入力など事務系の職種の他、テープ起し、ライターといった編集系業務、ホームページ制作やイラスト制作といったデザイン系業務などがあります。

単発の在宅ワークとしてはモニター、アンケート調査などがあげられます。

 

基本的にはPCを使った作業になり、依頼から納品までWEB上で簡潔することがほとんどです。内職の場合は、シール貼り、部品の組み立てなど手先を使った作業が多くなります。

 

在宅ワークの勤務体系は自由。

 

自分の好きな時間に好きなだけ働くことができます。同じ作業量でも手早く片付けば残りの時間は自由ですし、ゆっくりと進めたければ時間をかけることも出来ます。

 

ただし、納期を定められていることがほとんどなので、自己管理は必須で、時間のかけ方は自分の仕事の進め方次第だといえます。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない生活苦しい時には?不安解消4つの法則

 

 

シングルマザーに限りませんが、在宅で生活費を稼ぐというのは簡単なことではありません。

特に、子どもがいながら在宅ワークをこなすのはとにかく大変。

 

集中する時間を取りながらや家事・育児とのバランスなど、さまざまな試練を乗り越える必要があるでしょう。

 

ちなみに最近は、内職など手作業の在宅ワークは昔と比べると少なくなっています。

現在は、パソコンを使用する在宅ワークの普及率が高めに。

 

パソコンが1台あればできる仕事は、主に副業として、シンママ家庭の生活費の一部を稼ぐために貴重なものそのもの。

時間配分などがうまくできるようになれば、在宅ワークを本業にすることも無理ではありません。

 

ただ、親子が生活するだけの安定した給与を手に入れられるかどうかは、お母さんの実力次第ですね。

 

初心者から始めた場合は、特に正しい方法を正しい努力をすることで、最短の成功を手にすることができるでしょう。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

シングルマザーが正社員になることができれば、一番いいのですがそうもうまくいかないことも多いでしょう。

お仕事の探し方も、自分の生活スタイルをよく理解することで、どんな職場を選ぶか、見えてくるかもしれませんね。

 

もし、仕事に困っても他にも収入を得る方法があり、それを理解していることで、安心して仕事を探せるということもありますので、めげずに頑張りましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング