シングルマザーが、お金ない時の生活費超節約して貯金もしちゃおう
Pocket

 

女手1つで家計を支えていかなければならないシングルマザーですが、やりくりをしながら貯金していくのは大変ですよね?

お金がない!貯金なんてできない!

今にも叫び声が聞こえてきそうですね。

 

母子家庭で収入が少なくたって、工夫次第で貯金ができます。

シングルマザー が少ない収入で超節約して貯金までできるポイントをお伝えしましょう。

 

シングルマザーが、お金ない時の生活費超節約して貯金もしちゃおう

食費

自炊する

外食1回で1週間分の食費を支払った経験はありませんか?安いファミレスでも数千円なくなりますよね。

月に2〜3万円を食費として計算しているご家庭が多いと思うのでこれは手痛い出費。

 

できるだけ、外食は避けましょうね。

子供と一緒にご飯作りをすれば親子のコミュニケーションも増えますし、食育にもなり、ママが一丁懸命作ってくれたものなら、嫌いなものでもパクリと食べてくれたりします。

 

知人との外食は大人の人数で割り勘にしてもらう

シングルマザーの中には、友達家族と食事に行ったと時に、家族割りではなく大人の人数割りにしてもらう人も多いようです。

申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、生活のため

 

快く受け入れてくれるお友達に感謝してお願いしましょう。

お金が安定したらご馳走すればいいだけですしね。

 

母子家庭であることを宣言する

シングルマザーの中には、近所のおじいちゃん、おばあちゃんと仲良くなった際に、母子家庭で子供が食べ盛りで大変だという話をしたところ、畑でとれた野菜やお米をくれるようになったケースもあるのだとか。

 
周囲で自分たちのことを理解してくれる人がいるのは心強い。
 
私も大家さんとは仲良しです。

 

生活費

 

母子家庭アピール

家電など大物を買う時に「母子家庭なので、まけていただけませんか?」というと、かなり値段を下げてもらえることがあるそうです。

実際、これは試したことはないのですが、今度私も言ってみます。

 

アピールは大事です。むしろ引け目を感じて生活しているより気持ちいいでしょう。

悪いことをしている訳ではないですからね。

 

自治体の補助を利用する

母子家庭向けのレクリエーション制度など、自治体によっては母子家庭に補助をしているところがあります。

旅行、バスツアー、ディズニーランドのチケットが対象になることがあるので、お住いの自治体をチェックしてみてくださいね。
 
 
旅行は、行きたくてもなかなか行けないですからきっとお子さんも大喜び。
 

都営バスと都営地下鉄を無料で利用

東京都の母子家庭の場合、申請すると都営バスと都営地下鉄が無料になるパスを一家庭で一人分もらえます。(所得制限あり)

外出する時にこれを使えば、交通費をかなり浮かすことができます。助かりますね。

 

保険の見直し

母子家庭になってから、死亡保障のある生命保険に入った人、学資保険に入った人、掛け金が低い保険に入り直したが非常に多いです。

私も共済保険に入りましたし、今は積立保険に変えています。

実際、入院した時に保険のお金がおりて助かったという人も多く、「万が一の時に本当に役立った!」と言ってる人も多い。

 

光熱費

 

お風呂は子供と入る

思春期になるまでは、できるだけ一緒にお風呂に入ることで光熱費を節約しましょう。

ガス代がかかる追い炊きもいりませんし、こどもと湯船に浸かればお風呂の量も増え、肩まで温まることができます。

また、背中を流し合えば、親子のスキンシップに

 

リラックスした状態なので、普段いえないことも気軽に話せ、親子のコミュニケーションにも役立つのではないでしょうか。

 

自然光の利用

太陽の光で家の中が明るいうちは、電気をつけないようにします。

日が昇っている時に活動することを意識することによって、早寝早起きの習慣が身に付きますし、健康維持にも良いでしょう。

 

寒暖は洋服で調節する

冬の暖房や夏の冷房は思いのほか電気料がかかります。

冬は靴下を履いて足元を温める、夏は通気性の良い綿・絹・麻などの衣類をきて、エアコンに頼らなくても快適に過ごせるようにしましょう。

冬の寒い日は、湯たんぽを作って眠ると暖かいですし、普段の生活でも取り入れられますよ。

 

貯金

 

貯金目標額を常に意識する

貯金をするときに、重要なのは目標金額を設定することです。そして、期限を作るとなおよし。

こうすることで、無駄使いが減り、貯金に手をつけなくなる強さが生まれるでしょう。

 

クレジットカードで支払いを一か所にまとめる

クレジットカードで支払いをまとめることで、ポイントを稼ぐことができます。

楽天カードは他のカードに比べポイントが貯まりやすいので、ポイント支払いで出費を抑えて貯金を増やしたいシングルマザーにはとってもおすすめです。

 

学資保険に加入する

学資保険は、契約した保険料をきちんと支払えば、教育資金が必要なタイミングで給付金としてまとまった額を受け取ることができる保険です。

できればお子さんが小さい年齢の方が毎月の負担額が安くすむことが多いでしょう。

 

保険会社にもよりますが、月々5000円程度を支払うと、子どもが大学に進学する頃には150万円以上の貯蓄になります。

解約しない限り自分で勝手にお金を引き出せないので、確実に貯めることができます

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーでも上手に節約していけば、かなりまとまった額を貯金できることは確かです。

現在、貯金がゼロという人も、今からでも遅くありませんので、今からできることを始めましょう。

この中からご自分の生活に合うものをぜひ試してみてください。

応援クリックをポチッとお願いします

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング