シングルマザーが生活の苦しい時にやるべき3つのこと!
Pocket

シングルマザーとしてひとりで、子育てをそていると、生活が苦しいと感じる時は、仕事と育児の両立がすごく大変で難しいと苦戦すること。

  • 生きていくために生活費を用意しなければならないプレッシャー
  • 自分しか頼ることができないこどもへの心や身体のケア
  • 仕事と育児で体力・精神力限界の自分を癒すケア
  • どんな選択も自分で考えて、自分で決める必要があるプレッシャー

 

もちろん、子供のことが最優先で、自分のケアなんて最後の最後に後回しになってしまいますよね。

 

どんなに頑張っても、使える時間は24時間だし、自分の体は一つだし、フルマックスで動いてヘトヘトでも、生活は苦しいし一向によくならない。

 

このままがんばっても幸せな未来は待っているの?

よしっ。作りましょう!

 

シングルマザー 生活が苦しい時こそ忘れちゃいけない3つのやるべきことをお送りします。

 

シングルマザーが生活の苦しい時にやるべき3つのこと

しない勇気をもつ

 

1人でやりきれない責任、不完全燃焼なシングルマザーは毎日が辛くてたまりません。

  • 生活費の準備
  • 仕事
  • 家事(炊事・洗濯・掃除)
  • 育児(身体のケア・心のケア)
  • お金の計算(生活費・保険・税金・車など所有の管理)
  • 子供の学校行事に参加(役員やお付き合い)
  • 家の中の物の管理(電化製品や電気の修理)

 

そばに大人がいないので、基本的には誰にも相談ができない状況ですよね。

 

全て自分で考えて、自分で決断するプレッシャーに耐えて、あなたは全て自分でやろうとしています。

 

もう全てがんばるのをやめてみませんか?

 

全てを背負い込もうとする勇気もとても素晴らしいですが、何かをしない勇気を持つことも大切。

 

掃除を多少しなくなって、ご飯が手抜きでも、選択を部屋で干しっぱなしでも、ちょっとくらい決めることを放っておいても、誰も文句は言いません。

 

頑張りすぎることが、心も身体もボロボロになり、擦り切れ元に戻りにくくなるんです。

シングルマザー の一人メリットを有効に使ってください。

 

私も同じように感じたことがありましたし、「全部やるのなんてもうできないー!もうできないよー!」と一人で泣き叫んだこともありました。

 

心が悲鳴をあげていたし、やらない勇気をする必要があると気が付いた瞬間でした。

取捨選択ともいいますね。

 

もう少しだけ、力を抜いて適当にやっても大丈夫!

 

自分が一番譲りたくないもの、大切なものに優先順位をつけて、重要なもの以外は捨てて、自分が決めたことだけは徹底して、守ればいいだけです。

 

親としてのアイデンティティをもつ

 

シングルマザー =不幸ではありませんよね。

 

よく夫婦喧嘩でエネルギーを使いまくり、すり減っている友達を見ていると、大変そうだなぁと思いますし、そういう揉め事がないって素晴らしいと感じました。

 

気遣いの不足や、すれ違いで喧嘩なんてすることないですし、誰かに嫌味を言われてイラっとくることもありません。

 

これはシングルマザーの特権

 

確かに責任も重いでしょうが、これだけは子育てで外せない、重要視したいっていう意見を突き通せるわけです。

 

あなただけの子育てアイデンティティを確立しましょう。

  • 自分が親として、何を重要視するのかをまず決める
  • 必要なものだけ選択した生活する
  • いらないものは捨てる勇気を持つ

 

残った重視したいことをあなたの子育てアイデンティとして確立させてください。

 

私の場合、10年前は十分な生活費が一番だったので看護師になりましたが、十分な収入が得られた今は、子供との時間が大切であり自宅でのんびり過ごしています。

 

それが私のアイデンティティです。

 

自分をたっぷり褒める

 

何かを頑張った時って、自分を褒めろとかいうじゃないですか?

 

シングル生活をしていると、そんなちょっとしたことですら忘れがちになって自分を癒すことを怠るようになるんですよね。

 

しかし、これは結構重要でして、自分をうまく褒めることができないと、イライラしてしまうし、育児や仕事にも支障がでたり、ストレス解消に衝動的になってしまいます。

 

今日から絶対やってください。

  • 声に出して自分を褒める(できれば鏡の前)
  • 小さなことでもできたことを褒める(ひとつでもたくさんでもよし)
  • なりたい自分をノートに書く(声に出す)

 

ご飯が美味しくできて凄いとか、雨が降る前に洗濯を取り込めた偉いとか、疲れちゃったから勇気を出して仕事を手抜きした、でもいいでしょう。

 

そう考えると、自分をたくさん褒めることができて、私って頑張っててえらい〜!と思えます。

 

細かい失敗や、欠点は気にしないで、自分を褒めることを意識すると気分もよくなって、モチベーションも上がります。

 

ちょっと楽になってきました?

 

お子さんも完璧に頑張ろうとして苦しそうなお母さんも大好きでしょうが、気楽で適当に生きているお母さんも大好きだと思いますよ。

 

まとめ

 

 

シングルマザー は、全て自分でやらなければならないため、責任を強く持ちすぎることで、心がクタクタになっています。

 

全部やりきる必要は全くなくて、今大切なことだけ選ぶ取捨選択・捨てる勇気を持つことが楽しく子育てを続けられるポイントである。

 

自分の大切なものはまずなにか?導きだしてください。

 

そして、いつも頑張っている自分を褒めて、気分をあげて明日から子育てを楽しめる心を取り戻してください。

応援クリックをポチッとお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング