ふるさと納税シュミレーション!母子家庭が税金で得する仕組み!
Pocket

ふるさと納税ってご存知ですか?

実は、すごいお得な税金の払い方なのです。

 

わたし今までふるさと納税の仕組みがわからなかったので

ちょっと気になって調べたところ、とってもお得なのだということがわかりました。

 

もしかしたら、「そんなの知っているわ」「もう知っている」ということでしたら、すみません。

今回は、私自身のために「ふるさと納税」のことについて書いてみようと思います。

 

ただ、これだけではもったいないので、母子家庭のあなたが、

ふるさと納税するためにできることをお伝えしていきますね。

 

では、お得に納税して幸せなシングルマザー生活に役立ててください!

ふるさと納税シュミレーション!母子家庭が税金で得する仕組み!

まず、ふるさと納税ってなんだか?が大事ですよね。

 

なんか聞いたことがあるし、税金のことなんだと思うけど、、、。

 

くらいの感じかもしれないですね。

最初は、ふるさと納税はなんだろう?からいきましょう。

 

ふるさと納税ってなに?

ふるさと納税とは、各地の好きな自治体に寄付をすることで、お礼がもらえるしくみ。

 

寄付をしたお金は、後々控除されるので、収めるはずだった税金を商品に変換できる仕組みです。

 

例えば。2千円をどこかにふるさと納税として収めるとします。

そうすると、その地域からお礼の商品が届きます。

 

そして、寄付した2千円は後の、支払うはずだった、税金から引かれます。

 

仮に1万円税金を払う必要があったのに、2千円はふるさと納税しているので、8千円で済むということ。

 

税金を収めるはずだったお金を、他の地域に渡して、商品をいただけるしくみなので、

うまく活用するとお礼の商品がもらえて特になるのです。

ふるさと納税をするといいことが!

払うはずだった、税金を商品に変えてくれるのであれば、十分にお得に感じますよね。

実は、メリットと言えばこうした商品をいただけるだけではありません。

・お住まいの地域以外にも寄付ができるので、災害時などは街の応援ができる。

・所得税、住民税には控除される金額に上限があるが、寄付自体はいくらでもOK

・お金の使い道も指定できる場所がある

・豪華すぎる商品を受け取れる場合も(原則は3割り返還らしい)

・クレジットで支払うとカードの種類によってポイントがつく

その時の、状況などにより、寄付する場所や使い道までしることができれば、

「役になっている」という気持ちになって嬉しいですよね。

それでいて、素敵な商品がいただけるのであれば最高です。

ただ、ここで注意することは「節税する」ということではなく、

あくまで「寄付」することで、支払いの税金が減るのではなく、

商品を受け取れるというメリットがあることだけ覚えておいてくださいね。

いやいや、でも、商品がもらえるならチャレンジしたいですよね。

 

自治体によっては、その金額以上の高還元の返礼品があることも多く、

自治体からのお礼が何より嬉しいです。

 

例えば、お肉とかお米やビールであれば、家計の助けにもなりますし、

あると便利なAmazonギフトカードなんかもあるそうです。

 

生活の役に立つものが手に入れば、贅沢な気分になりますし、ラッキーですよね。

 

そして、クレジットカードで支払うことで、

通常の納税ではつかないクレジットカードへのポイントも添付されることもあるので、さらにお得。

シングルマザーがふるさと納税するには?

まず、注意して欲しいのが「寄附金」は住民税の約2割が控除の上限の目安となります。

だから、寄付した全額が控除されるのではないことを覚えておきましょう。

 

では、ふるさと納税の流れをみていきましょう。

 

控除上限額を理解

ふるさと納税では、先ほども書いたように、所得税(収入や家族構成)によって、異なります。

 

まずは、お給料をもらっている人は、

源泉徴収でどれだけ納税しているか?控除金額がどのくらいか?を確認してみましょう。

 

また。ご自身で確定申告をされている、自営業の方などは書類をチェックしてくださいね。

 

こうした、ふるさと納税に関する寄付金額の目安をすることができるサイトもあるので

うまく活用していきましょう。

出典:ふるさとチョイス

https://www.furusato-tax.jp/example.html

寄付先(どこの地域に納税するか)を選ぶ

上記で紹介したサイトや、総務省のふるさと納税サイトを参考に、

お金を寄付する自治体を選んでいきましょう。

 

お肉や、お米、お酒や日用品といった、

返礼品ごとに比べることができるので、みていても楽しそうですね。

 

人気のランキングから探しても良さそうです。

決めた自治体に申し込む

どこに、納税すると決めたら、寄付のお申し込みをしましょう。

金額はその、お申込先にも違うのですが、5千円、1万円など金額を選ぶことが可能。

 

お金のお振込もクレジットカード払いや、コンビニ払い、

スマホのキャリア支払いもできるようなので、支払い方法もチェックしておきましょう。

 

ついにお礼が届く!

寄付をすると、お礼とともに受領書というものが届きますので、

これは「納税しました!」という証明書になるので、大切に保管しておきましょうね。

 

 

選んだ商品が届いた日は、みんなで大喜びですね!

やはり、プレゼントは嬉しいものです。

 

税金の控除を受ける方法

では、納税したお金の控除を受けるためには、2つの方法があります。

 

・確定申告

・ワンストップ特例制度

 

この2つです。

 

<確定申告>

確定申告書の寄付控除という欄があるので、ここで寄付をした金額を記載した上で、

届いた受領証を添付して提出していきましょう。

 

 

 

<ワンストップ特例制度>

お給料の収入がある場合は、少し面倒みたいですね。

これを簡単にするために、こうした制度が作られたそうです。

 

これを、利用するためには、寄付先の自治体に「特例の適用に関する申請書」を提出。

 

寄付する自治体のHPなどでダウンロードができるようなので、忘れずに提出してくださいね。

ここで、注意があります!

 

どうやら、この制度を利用するためには、確定申告が不要なお給料所得者で、

寄付する先が5つ以上の団体を超えないという場合のようです。

 

節約になるのかなぁ?

実際に、お金を支払ったのは別の機関なので出ていくお金は同じだということを理解しておきましょう。

 

ただ、同じお金を払うのであれば、お礼を言われたり、返礼品が送られたり、

支払いでポイントがついたりする、お得な税金の支払い方ということがわかればOKですね。

 

実際に「ふるさと納税」をしているシングルマザーの方は、

「美味しいお米やお肉がもらえて助かっている」

という声も多いのでありがたい制度なのではないでしょうか。

 

また、支払いのクレジットカードもポイントの還元率が高いカードでの支払いにすることで、

たくさんポイントがつきます。

 

なので、お金の使い方も色々工夫してみるといいでしょう。

まとめ

ふるさと納税の仕組みはわかりましたか?

わたしも、実はまだ未経験なので早速やってみたいなと感じています。

 

同じお金を払うのであれば、お得な方法を選びたいですよね。

 

これからは、お金の使い方も工夫して、消費するだけでなく

もので合ったり、資産であったりを増やしていく方法を選んでいきましょう。

 

シングルマザーだからこそ、こうした「賢いお金の使い方」をどんどん勉強していきましょう。

 

 

 

<応援クリックお願いします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

シングルマザーランキング