シンママが仕事の仕方を考える理由!まだ身体を酷使しているの?
Pocket

先日、歩き&ジョギングをしているときに

ふと思ったことがあったのでお伝えします。

 

 

あなたは「お金を稼ぐ」ことの言葉に違和感はありませんか?

シンママが仕事の仕方を考える理由!まだ身体を酷使しているの?

シングルマザーこそお金が全て!

お金が全て!!

 

と言いながらも、

「最低限のお金があればいいや」

「お金よりも大切なものもある」

「誰かのためになる仕事をしたい」

「生活が少し豊かなお金があって楽しく暮らしたい」

 

素晴らしい考え方だと思います。

 

 

しかし、

 

 

本当に心からそう感じますか?

 

 

こうした、「お金」に対する偽りの気持ちがあるからこそ

あなたの行動力を抑えてしまっているといっても過言ではありません。

 

 

実は、こんなに熱くなっている理由があるのです。

 

 

昨年の今頃は看護師をしていた私ですが、

年収は550万円くらいだったでしょうか。

循環器センターの看護師をしながら、休みの日と夜勤明けにバイトをしてのお給料。

 

女性のお仕事だと割と大きな年収ですね。

 

 

看護師の仕事は、結構好きで

どんなに辛くても、大変でも楽しくできていました。

 

しかし、5年くらい病棟で働いた時に

患者さんのオムツ交換や、入院対応をしている時に

「もう、しんどいや・・」って思ったことがあったんです。

 

 

いつもやっている業務なのになんでだろう?

あんなに楽しかった看護をなんで嫌になっているのか?

をよくよく考えてみたのです。

 

 

「あ・・・自分が満たされていないからだ」

そう解釈しました。

 

・息子と暮らす3LDKの家賃

・光熱費と食費

・塾や修学旅行、部活の費用、お小遣い

・実家に仕送り(息子を預けていたので)

・保険料や息子の積立

・車の維持費

・病院の研修費

 

かろうじて余ったお金で、自分の欲しいものや趣味にお金を使うと

もう貯金はできません。

 

しかも、自分の時間は限られていて、

毎日バタバタしている。

 

「あ・・・・私、もっとお金が欲しいんだ」

・あれもこれも欲しい

・あれもこれもやりたい

・家の中だって綺麗にしたい

・ゆっくり休みたい

 

 

ここで、やっと自分の心に向き合うタイミングがきたのです。

 

「結局やりたいことをやったって、自分が満たされていなければ

辛くなるだけ」

 

「全部お金があれば解決することなんじゃないか?」

 

「お金をもっと稼ぐ方法はないわけ??」

 

そうやって、ネットビジネスの世界に突入したのです。

 

 

私は結局嘘をついていました。

 

「患者さんのため」

「職場のみんなのため」

「息子のため」

 

いやいや、「自分のためにお金を稼ごう」

そう決めました。

 

 

だって、自分が豊かであれば周りの人に優しくできますから。

 

 

ネットビジネスを始めて

時間もお金も手にすることができましたし

これから、もっともっと楽しくビジネスを続けていくことを決めているのですが、

まだまだ目標までには達していません。

 

 

 

自分の本当の声に気がつくと

すごい行動力につながります。

 

もっともっとやりたいことをやって

開放的に生きていくぞ〜〜と決めています。笑

 

 

しかも、お金を稼ぐと与える事ができるんですよね。

 

子供に好きなものを買ってあげられる

父の日、母の日のプレゼント

友達へのお礼

兄弟の誕生日プレゼント

被災地への寄付

目標に向かおうとしている人への融資

 

 

お金は無限に稼げますし

お金があれば喜ばれる使い方をすることができます。

 

 

 

だからこそ、私は稼ぎますし

家族を満たして、周囲の人を満たす事ができるように

ビジネスを続けます。

 

 

シンママが仕事の仕方を考えるときの不安

 

 

朝からテレビをつけてみたら、

ま〜〜〜事件やら、事故やら辛い話題ばかりですね。

 

せっかくの晴天が台無しになりそうだったので

速攻でテレビを消しました。

 

この1年間は、楽しいお笑い番組や

見たかった映画以外、テレビはつけていません。

 

もちろん起きた話題はニュースで把握。

 

なんか、テレビも最近同じようなことを繰り返し

言っているようで、雑音に聞こえてきました。笑

 

でもでも、音がないのもつまらないので、

ラジオでも聞いてみるかな(なつかし〜)

 

日々の生活の中で、同じことを繰り返してしまうと

挑戦しないことが当たり前になってしまうそう。

 

そうすると、目の前に楽しそうな事がポンと出てきても

やらない理由を探す癖がついてしまい、

どんどん挑戦することができなくなってしまう。

 

人間はもともと、変化を嫌う生き物。

だから、安全圏から出るのが本能的に怖いのです。

慣れ親しんだ空気でいることが心地よいわけです。

 

年を重ねるにつれて、こうした挑戦意欲は

どんどん減るのはなんとなくお分かりですよね。

どうしても縛られるものが多くなり、

身重になりますから。

 

しかし、周りを見渡すと色々チャレンジしている人の方が

生き生きしていませんか?

 

仕事だったり、趣味だったり

忙しく生き生きしている先輩方を見ると

未来が楽しくてしょうがないです。

 

私も比較的「いつも楽しそうだよね」と言われます。笑

 

そんな私もいつも大きなチャレンジを繰り返しているわけではなく

小さな変化を楽しむことで、いつの間にか色々チャレンジしているように

見えているのです。

 

え〜〜そんなチャレンジとか無理だし〜〜。

と思う人もいるかもしれません。

 

そのチャレンジすることが苦手なあなたも

あくまで、ただの思い込みであることが大半なのです。

 

こう思うと、少しは楽ではありませんか?

 

 

ちょっとだけ、チャレンジすること少なくて

その機会に恵まれなかっただけ。

 

もしかしたら、たくさん失敗してしまい

もうやりたくないと思っているかもしれませんし、

失敗したことを否定された経験があるのかも。

 

これまでに何かに挑戦したことがある。

 

そんな経験があるだけで素晴らしいことですからね。

 

 

うお〜〜〜

久しぶりに聴いたラジオが新鮮すぎて超楽しい!!

 

やはり、私は刺激や変化がないと生きていけない性分。笑

 

今日もまだまだ楽しめそうです。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】