シングルマザーの収入年収300万・どんな仕事をしてる?
Pocket

 

シングルマザー生活での平均年収は300万円に満たない現状です。

もう少し収入をあげたいな〜。早くパートから抜け出したいし、

正社員で仕事を探したいと考えているシングルマザー さん。

 

現状を変えたいと正社員としての就職を希望している方は多いでしょう。

 

子供のために、自分のためにと生活を変えようと努力しているあなたはとても素晴らしい。

 

年収300万円くらいのシングルマザー さんはどんなお仕事をしているのでしょうか?

女性でありシングルマザー であるあなたが働きやすい職場はどんなところでしょうか考えてみましょう

そして就職に成功するためのポイントも解説していきます。

 

シングルマザーの収入年収300万・どんな仕事をしてる?

 

シングルマザー生活をしていて収入はいったいどのくらいあると理想でしょうか?

できれば年収300万円くらい収入があれば

節約しながらも母子での生活が成り立つのではないでようか。

 

シングルマザー がひとりで子どもを育てるには、お給料はとても大切な要素。

 

また、子どもを育てていくには長く続けられる仕事かどうか、

シングルマザーにとって家庭と両立するために

働きやすい職場かどうかを見極める必要があります。

 

介護職

シングルマザーにとってメリットの多い仕事です。

 

雇用タイプが多様なので、子どもの成長に合わせて

パートタイム・正社員・夜勤など、働き方を変えることができます。

 

さらに働きながらでも、もっと仕事に幅をもたせるため

介護福祉士などの関連資格を取れるので、

キャリア形成も考えやすいでしょう。

 

就職する時にも、すぐに資格がないと仕事にならないことも少なく、

働き始めてからにヘルパーの資格を取りに行く方も多い。

 

介護職の中にも、介護事務や介護福祉士というように、

仕事の内容も幅広くあることから、

自分の得意な分野で楽しく仕事ができるのではないでしょうか?

 

介護職の平均年収は、未経験の場合だと、

約200万円くらいであり、経験年数を重ねることや、

介護福祉士や介護支援専門員を目指すことで、

年収300万円近くのキャリアアップにつながるようです。

 

 

保険の外交員

 

保険の営業業務です。

会社にもよりますが、契約数を伸ばせば手当がつくことが多く、

実力に応じて高いお給料が期待できます。

 

競争率がそれほど高くないので、就職しやすい職種でしょう。

 

また、仕事をしている間のスケジュールを自分で調整することができ、

時間の融通が利くこともシングルマザーにはうれしいメリット。

 

周りで一緒に働いている人も働くママや女性が多く、

子供の急な体調不良で早退する場合も言いやすい環境かもしれませんね。

 

人と話すことが好きとか、じっとしているより動いている方が楽しい

活動的な方にはオススメなのではないでしょうか?

 

お給料は、会社によって違いますが、

1年間はノルマをクリアすれば一定額の給与が保障されています。

 

大体手取りで13万円が相場です。

短大卒と大卒で給料が違ったり、

前職の年収に見合った一定の金額を給料として優遇する制度がある会社もありますし、

給料は勤務地によっても変わってきます。

 

基本給にプラスで資格や成績の手当が1〜3万程度がつきます。

 

手当は、成果があった月に給料に反映される場合もあれば、

後から反映される場合もありますし、

契約者が更新することで手当がついたりと会社によって条件はさまざま。

 

臨時収入なんてこともあるので、月によって変動が激しく、

成績が取れない月が続くと基本給が下がっていきますので、

出費の方が多くなる場合もあります。

 

賞与がある会社は成果に合わせてだいたい年2回で2年目からもらえます。

 

成果が給料に反映されるため、

がんばって成績をあげ続けることで年収1000万以上稼いでいる人もいるようです。

 

医療事務

 

医療事務は女性に人気の仕事です。

関連資格の種類が多いため、業務内容に合った資格を取りキャリアアップすることができます。

 

仕事内容は、受付・案内、カルテ整理、レセプト作成とたくさん仕事内容があるようです。

 

また、病院やクリニックなどで仕事をすることが多いため、

患者さんとのコニュニケーションの場も多いでしょう。

 

にっこり笑顔で人と話したり、

お年寄りの方とお話することが好きな方は合っているでしょう。

 

気になる平均年収は約250万円くらいのようです。

 

医療事務はお給料を上げることが努力次第で可能であり、

給与を上げるために大事なことは、やはり勤続年数。

 

経験を多く積むことによってスキルを向上させれば、

年収500万円以上を得る人もいるそうです。

 

また、資格取得も給与アップに効果があるかもしれませんが、

医療事務は医療に従事する他の仕事のように、国家資格がありません。

 

いくつかの組織がそれぞれの医療事務資格を認定していますので、

務める病院が勧める資格を取得していくのがいいかもしれません。

 

給与はそう高くない医療事務ですが、

女性にとっては「仕事を長く続けられる」というメリットもあります。

 

医療事務の仕事は需要が高く、各々の医療機関で必ず必要とされています。

 

調整薬局事務

 

調剤薬局で受付や保険の確認、調剤報酬明細書をつくる仕事を行い、

薬剤師をサポートする仕事です。

 

女性が勤務していることが多い職場なので、

子育て中の方には周りに見方も多いのでいい環境です。

 

勤務時間と休日が固定されているところが多く、

子どもと過ごす時間をしっかり確保できます。

 

調剤薬局は全国にあるので、引っ越しすることがあっても、

仕事を見つけやすいでしょう。

 

平均月収は、20万円前後が相場になります。

年収にすると約300万円だそう。

 

調剤薬局事務は、昨今の急激な薬局増加の影響で誕生した新しい職業です。

 

給料の水準は、勤続年数によっても差が出る為、

10年、20年と長く働き続けているベテランスタッフがいない調剤薬局事務の場合、

必然的に給料の平均も下がってしまいます。

 

これから勤続年数の長い人スタッフが少しずつ増えてくれば、

平均値ももう少し上がってくるでしょう。

 

もちろん、正社員の場合、ボーナスや手当などは丸々支給されます。

 

給料は決して高いとは言えませんが、その分、

医療機関で長く安定して働けるというメリットは大きいと思います。

 

就職に失敗しないコツ

 

シングルマザーが就職活動を成功させるためには、

どんなことに注意すればよいのでしょうか?

 

やっと面接を受ける時間が作ることができても、

採用されなかったとなると、時間ももったいなかったし、

疲れただけになってしまいますもんね。

 

ポイントとなるのは、必要以上にシングルマザーであることを意識させないこと。

 

「生活がかかっているので、どんな仕事でも頑張ります!」

という姿勢が企業に信頼されるとは限らないようです。

 

それよりは面接を受ける会社や仕事内容に関して、

他の面接者よりも徹底的にリサーチして深い理解と関心の高さを示すようにすると好印象。

 

「子どものため、私自身がこの職場で働きたいのです。

 

私のスキルや適性を活かすことで、御社の業務に貢献できると思います」といった回答が好ましいでしょう。

 

母子家庭の支援制度

 

シングルマザーの就職を支援してくれる制度を有効活用しましょう。

経済的な負担を減らしながら就職活動を進めることができます。

 

自立支援教育訓練給付金

シングルマザー・シングルファザーの資格取得を応援する制度。

指定の教育訓練講座を受講すると、費用の20%が給付金として支給されます。

 

高等技能訓練促進費

看護師・保育士・介護福祉士・理学療法士等の専門資格の取得を目指す方の支援です。

2年以上の就学期間が必要な資格であれば、

この期間中にかなりのお金が支給されるので、金銭的な負担が軽減されます

 

シングルマザーが子供を大学までにかかるお金

まず受験にお金がかかります。

 

受験料は、国公立大と私立大を比較すると

国公立大が少しだけ他の進路よりお値段は安い。

 

私立大学の場合、おおよそ1校あたり4万円いかないくらいですが、

医歯薬系統の場合は高額になる場合もあります。

 

また、私立大のセンター試験利用入試のときには、

一般入試に比べて受験料が安い場合がほとんど。

 

ですからどの大学・学部をどんな入試方式で受験するのか、

子どもと一緒にお金の面からも考えるといいですね。

 

自宅から遠くの大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要になります。

 

受験する大学や学校の数にも場所にもよりますが、

受験だけでも数十万円かけているご家庭も実際あるようです。

 

そんなに払える貯金がないよー!って思いますよね。

でも子供の将来・一生を左右する進学ですから、

親子で後悔のないようにしたいものです。

 

大学までに稼げるようになっていればいいだけの話ですからね。

 

それまでに、収入を増やして子供にいきたい進路に

いかせてあげましょう。

 

在学中の授業料は、その年度ごとに前期分と後期分に分けて支払うのが一般的のようです。

それ以外に、施設費や実習費、通学費、交際費などが必要になることも多いようですね。

 

下記では4年通学の目安となる金額を挙げますが、

その大学や学部系統によって金額の差がかなりあるようですね。

 

実際このあたりの金額はしっかりと受験前に調べることが大切ですね。

国立大学   約220万円

公立大    約220万円

私立大文系  約360万円

私立大理系  約500万円

私立医歯系  約2000万円

 

すごい金額が出てきましたね!

 

こんなに高額だなんて思っていなかった・・これ以上他にお金がかかると

おもうとゾッとするのが本音なのではないでしょうか?

 

ただでさえ、シングルマザー生活するのに

必死なのにこんな金額目の前にするとクラクラします。

 

実際に共働きのご夫婦で、収入の半分以上が学費に消えていくのよ〜と

話していることも少なくないんですよね。

 

では、シングルマザーはどうやって子供を大学に進学させるか?

 

シングルマザーの場合、無利子で借りられる奨学金制度があるんです。

 

収入により条件はあるものの、利子が付かない分、他の奨学金より先に検討したい制度なのでご紹介します。

 

母子寡婦福祉資金貸付金

この修学資金は、子供進学のために、無利子で一定資金の貸与を受けられるため、

一般の奨学金制度などより先に検討するべきでしょう。

 

修学資金の場合は、親が借受人で子供が連帯借受人となれば、

他に連帯保証人を必要としないケースが多い事も利用しやすいのです。

返済期間も20年以内と、通常の奨学金制度より5年近く長く設けられているので、

月々の返済額も当然低く設定できる事になるでしょう。

 

他のシングルマザーの手当のように収入や、

自治体によって制度がことなりますので確認が必要となります。

 

一般の奨学金は利息で返済に苦しむと聞いたことがあります。

 

したがって、貸付を受けられるのであれば検討した方がいいでしょうね。

 

ただ・・・できれば借金はしたくないですよね?

 

まとめ

 

 

現在正社員の方も、パートの方も、無職の方も、現状を変えたいというシングルマザーは多いでしょう。

生活を改善するために「何かしなきゃ」と考えているあなたはとても素晴らしいですね。

そんな素敵なあなたにこれからも頑張っていける情報を配信し続けたい。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

<応援クリックをポチッとお願いします。>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング