シングルマザー生活で子供を大学進学させるのに必要なお金。
Pocket

 

シングルマザーの方だけではなく、全ての子育てに共通すると思いますが、子供が成長すると本当にお金がかかりますよね!!

できれば、やりたいということはなんでもさせてあげたいけど、大学進学までいかせてあげられるだろうか?

 

小学校の時とお金の桁が全く違う!

 

でも、子供には自分の選んだ好きなことにチャレンジしてもらいたいですし、母子家庭だからと進学ややりたいことを我慢させるようなことはしてもらいたくないですよね。

 

お金に対して心構えが欲しい!というあなたのために大学にかかるお金と、奨学金について考えてみましょう。

 

シングルマザーが考える子供に必要なお金(大学進学)

 

シングルマザー生活の中で、子供を大学進学させるのが多額のお金がかかるのではないでしょうか?

では、実際に大学進学のために、どんなときどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

 

シングルマザーが子供を大学進学させるのにいくらかかる?

まず受験にお金がかかります。

 

受験料は、国公立大と私立大を比較すると国公立大が安価です。私立大学の場合、おおよそ1校あたり3万5000円ですが、医歯薬系統の場合は高額になる場合もあります。

 

また、私立大のセンター試験利用入試は、一般入試に比べて受験料が安価の場合がほとんど。どの大学・学部をどんな入試方式で受験するのか、子どもと一緒にお金の面からも検討しましょう。

 

遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要です。

受験する大学や学校の数にもよりますが、受験だけでも数十万円かけているご家庭もあるようです。

 

そんなに払えません!って思いますよね。

でも一生を左右する進学ですから、後悔のないようにしたいものです。

 

大学までに稼げるようになっていればいいだけの話です。稼ぎましょ!あなたにもできます!

 

在学中のお金

在学中の授業料は、年度ごとに前期と後期に分けて支払うのが一般的です。それ以外に、施設費や実習費などが必要になることも多いようです。

 

下記では4年通学の目安となる金額を挙げますが、大学や学部系統によって金額の差がかなりあるゆです。実際はしっかりと受験前に調べることが大切ですね。

  • 国立大学   約220万円
  • 公立大    約220万円
  • 私立大文系  約360万円
  • 私立大理系  約500万円
  • 私立医歯系  約2000万円

 

すごい金額が出てきましたね!

 

 

意外と知らない奨学金

こんなに高額だなんて思っていなかった・・これ以上他にお金がかかるとおもうとゾッとするのが本音なのではないでしょうか?

 

ただでさえ、生活するのに必死なのにこんな金額目の前にするとクラクラします。

 

実際に共働きのご夫婦で、収入の半分以上が学費に消えていくのよ〜と話していることも少なくない。では、シングルマザーはどうやって子供を大学に進学させるか?

 

シングルマザーの場合、無利子で借りられる奨学金制度があるんです。収入により条件はあるものの、利子が付かない分、他の奨学金より先に検討したい制度です。

 

母子寡婦福祉資金貸付金

この修学資金は、子供進学のために、無利子で一定資金の貸与を受けられるため、一般の奨学金制度などより先に検討するべきでしょう。

修学資金の場合は、親が借受人で子供が連帯借受人となれば、他に連帯保証人を必要としないケースが多い事も利用しやすい。

返済期間も20年以内と、通常の奨学金制度より5年近く長く設定されているので、月々の返済額も当然低く設定できる事になるでしょう。

他のシングルマザーの手当のように収入や、自治体によって制度がことなりますので確認が必要となります。

一般の奨学金は利息で返済に苦しむと聞いたことがあります。したがって、貸付を受けられるのであれば検討した方がいいでしょうね。

 

ただ・・・できれば借金はしたくないですよね?

借金しない方法

 

では、子供を大学に行かせるための資金をどうするか??

 

お金を増やす! 

 

それが、たったひとつの子供を大学まで進学させて、かつやりたいことを実現させる手段です。

 

まさかそんな方法あるの?と、思うでしょうが特別なことではなく、私も取り組んでいますし、今は会社員の中でも流行りです。

 

普段でも、1人での収入が生活ギリギリなのに何百万円も払えないですもんね!

 

半信半疑でも十分です。そんなお話があるんだな〜ということを覚えていてくれていれば今は大丈夫。

 

これから、子供にお金がかかるんだ、大変なんだということをお伝えできただけでも十分。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

今回は少し小さいお子さんがいる方には早い情報だったかもしれません。そして難しい内容だったり、お金の金額に驚いたりびっくりしましたよね。

 

しかし、それは実際これから待ち構えている未来であり、今からその大きな出費に向けて行動を起こさないと、あなたもお子さんも苦労するでしょう。

 

そんな困難に陥らないように今から準備が必要であるということが理解できたと思います。

これからもがんばりましょう!!