シンママが考える子供に必要なお金(小〜高校まで)
Pocket

 

シングルマザーになると、この先子供を育てていくのが不安、大学まで行かせてあげられるだろうか?と心配になりますよね。

 

できることなら不自由なく育ててあげたいし、大学まで行かせてあげて人並みに学生生活を送らせてあげたいと私も考えます。

 

お金の大切さが身にしみてわかるシングルマザーだからこそ、将来子供が仕事やお金に困らないようにと大学進学を強く思うかもしれませんね。

 

シングルマザーにとって、お金の話は切っても切れません

 

今回は、小学校の学費から高校にかかる学費までどのくらいかかってくるのでしょう?を考えてみました。

 

シンママが考える子供に必要なお金

 

小学校でかかるお金

ママ友の間で「小学校の間が一番お金を貯められるよね〜」と聞いたことはありませんか?

やはりその通りで小学校の6年間は必死にお金を貯める時期だと考えてもらっていいでしょう。

 

公立に通うお子さんの学費は6年間で約180万円かかるそうです。

内訳は教育費、給食費、学校外活動費となります。給食費については、就学援助制度という、学校生活で必要な学用品などを区市町村がサポートしてくれる制度がありますので、申請をしていただくと給食費が免除になります。

 

私立小学校に通うお子さんの学費は6年間で約850万円かかります。5倍近い金額ですよね。

 

しかし、都内に住んでいるシンママさんは選択肢にもあるのではないでしょうか?今後塾に通わせることを考えると、一つの選択肢としてあってもおかしくないですよね。

 

中学校でかかるお金

 

少しづつ成長していき、たくましくなってきました!

 

公立中学に通うお子さんの学費は、3年間で約135万円くらいです。

 

小学校の時の内訳と金額は違えど、同じ内容なので引き続き就学援助制度が支給されます。

引き続き毎年の手続きをしてくださいね。

 

中学から少しづつ、お金の動きが変わってきます。普段の生活費はもちろん、部活動に必要な用具・遠征費・塾代・教材代・おしゃれ・お小遣い。

 

我が家は3年生から塾に通っています。お金はかかりますが、楽しそうに頑張っている姿をみると続けさせてあげたいと感じます。

 

がんばって成績あげてくれ〜〜(笑)

 

私立中学に通うお子さんの学費は、3年間で390万円くらいです。

 

公立の役2.8倍!大きい金額になりました。

 

しかし、付属の高校に進める場合が多い私立中学校は塾に通う子が少ないと聞いたことがあります。したがって、塾代(月数万円)かかることがなく、公立へ進む場合と比較すると金額は同じくらいじゃな〜いと話題がでることがありました。

 

どちらがいいかの選択は、お子さんによっての性格が大きく左右されるのではないでしょうか?

 

高校でかかるお金

 

公立高校に3年間通うと約430万円かかります。学費だけで!急に学費も上がりましたね。

高校生にもなると、通学費(定期代)通信費・塾・部活動費と考えるだけでも大きな出費が考えられます。

 

しかし、もう高校生!

バイトが可能な高校であれば、自分のお小遣いだけでもゲットしてきてほしいですね!

 

バイトも立派な社会勉強なので、自立できる大人の人間として成長できる一歩になる機会なのではないでしょうか?

 

家計も助かるしまさに一石二鳥!笑

 

私立高校に3年間通うと約1530万円かかります。中学と同様に3倍くらいの金額ですね。

 

私立高校の場合、自宅からの通学が遠い場合もありますし、修学旅行が海外という場合もあるのでその他にかかるお金が増えます。また、バイトが禁止である高校がほとんどであることや、設備費がかかることがあるので考えると高額です。

 

しかし、都内にお住いの私立高校に通うご家庭に、私立高等学校等授業料軽減助成金と高等学校等就学支援金という制度があります。

併用して支援を受けると、年間約80万円の助成を受けることができます。

・・・ということは、単純に3年間で300万円近く返ってくる!

 

すごい!

 

都内以外にお住いの方にも私立高等学校等授業料軽減助成金と同じような助成があると思うので、ぜひ確認してみてください。

 

私の地域にもありましたので嬉しい〜!の一言です。最初の出費はあるものの、じきに返ってくるお金があると思うと少し安心。

 

こういう制度を駆使して使えば、子供が選択肢に悩まず自分のやりたいことを諦めずにすみますもんね。

まとめ

 

 

子供の学費は大きい出費ですが、シングルマザーの目的は子供にできるだけ不自由なく教育や生活環境を与えることが大切だと考えている方が多いでしょう。

 

子供がどの道を選んだとしても、お母さんがうまく制度や助成を利用することで生活自体も圧迫され辛いのではないでしょうか?

 

うまく情報をキャッチしていきながら、子供成長を楽しんでくださいね!