シングルマザー無職の時は国民健康保険どうなる?免除されるお金
Pocket

 

シングルマザーのみなさん。今日もブログを見ることができる時間があってよかった〜。

 

お金の苦労は絶えないけど、子供のために毎日明るく笑って悩みなんて吹っ飛ばせ〜って頑張っていませんか?

 

そんな中、周りに「シングルマザーって楽しそうだよね」など言われることもありますよね。私は何度も言われますよ。そんな楽しいことばかりでもないのに。

 

お母さんして、お父さんして、兄弟役して・・・。もう必死すぎて笑うしかないんですよね。

 

頑張っているシングルマザーの皆さんに、今回は自治体に申請すると受けられる免除をお伝えします。

特にお仕事ができなくて、無職の期間には国民健康保険や免除になるお金のこともしりたいですよね。

 

頑張っているんだから免除されて当然!(でもとってもありがたい)

 

シングルマザー無職の時は国民健康保険どうなる?免除されるお金

 

シングルマザーでお仕事をお休みしている無職期間には、国民健康保険や、税金、免除になるお金のことに関する制度がたくさんあります。

 

各自治体により、期間や金額が違うこともあるので、相談することがよいと考えられますが、まずはどんな制度があるのか把握しましょう。

 

寡婦控除(所得税・住民税の免除)

 

寡婦控除とは、死別や離婚によって夫から離れて再婚していない女性が受けられる所得控除です。以下の条件であることが必要です。

  • 妻と死別、あるいは離婚後に単身で生活している人や妻の生死が不明な人。
  • 生計を同じくする子どもがいる人で、その子どもの総所得金額が38万円以下の場合。
  • 合計所得金額が500万円以下の場合。

住民税から26万円と所得税から27万円を控除することができます。住民税について、詳細は区市町村の住民税窓口へお問い合わせください。

 

なんか難しそうですよね・・・。

 

控除というのは、課税される所得税額が安くなるということ。

これは、役所で丁寧に教えてくれました。

 

国民健康保険の免除

 

シングルマザーに限らず全ての人が対象となりますが、前年より所得が大幅に減少したケースや病気や怪我などで生活が困難に陥ったケースでは、国民健康保険の免除が用意されています。

 

毎月必要なお金なので、免除していただけると本当にありがたいですよね。

 

職場で社会保険に加入していない場合は申請した方がいいです。

国民年金の免除

 

所得がない、もしくは少なく年金を収めることが難しいケースでは、国民年金の免除が受けられます。本人の申請によって保険料を全額、または半額免除する制度が設けられています。

 

免除金額には4つの区分がある

  • 全額免除
  • 3/4免除
  • 半額免除
  • 1/4免除

計算式があり、前年度の所得が式に当てはめられ免除額が決まります。

 

電車やバスの割引制度

 

これは知らなかったです!生活スタイルによっては結構な頻度で交通機関使いますよね。

児童扶養手当を受給している世帯は、JRの通勤定期乗車券が3割引きで購入できます。また、公営バスの料金が無料や割引になるものもあります。

市区町村によって割引の制度が違うようです。

 

粗大ゴミの手数料免除

 

粗大ごみの手数料免除は、市区町村によるシングルマザーの方への制度です。そのため詳しい情報は居住地の市区町村役所へお問い合わせください。

 

これもすごく助かります。引っ越しのタイミングだったり、子供の成長だったりゴミが沢山出る時期がありますもんね。

児童扶養手当・特別児童扶養手当・生活保護を受給している家庭に免除されることが多いようです。

 

 

 

上下水道料金の割引

 

上水道料金・下水道料金の基本料金等を減免は、市区町村による制度です。そのため詳しい情報は居住地の市区町村役所へお問い合わせください。

公共料金の免除があるとすごく助かりますね。節約にも拍車がかかります。

絶対確認するべき!

 

保育料の免除や減額

 

保育料の免除や減額は、月1日時点の保育所入所児童の年齢と保護者の前年所得額または住民税金額によって決まります。所得が低い世帯については保育料が無料や減額になるケースが多いです。

ただ、幼稚園や保育園(個人)によっては免除にならないことがあるので注意です。

保育料は数千円で済むことではないので、免除になるのはかなり大きいのでちゃんと確認してくださいね。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーが仕事を休みしている無職の期間に知っておくべき免除や割引の制度をお伝えしました。

こうしてみると、かなり生きていく上でかかってくる料金の免除が受けられることにビックリしませんか?

 

今回私も初めて知った制度もあったので、本当に役所は宝の溢れる場所なんだな〜と感じました。

あまりあの場所は好きじゃない」方もいらっしゃると思いますが、その先にはありがたい免除が待っているのでぜひ足を運んでみてくださいね。

 

<応援クリックをポチっと押していただけると嬉しいです。>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング