シングルマザーのタイムスケジュールはきつい!正しい外注化でシンプルライフ!
Pocket

シングルマザーの生活は「時間がない」「お金がない」という毎日が

ずっと、ずっと続くのが本当に大変ですよね。

 

しかも、子供の将来のことが不安だと新しいことにチャレンジしたり

自分のために時間やお金を使うことができません。

 

本当は、「自分の人生」を生きていきたい!

そう考えても、毎日の忙しさで明るい未来への希望も

楽しい毎日も想像すらできないことも。

 

その原因は「時間の使い方」

 

そして、その時間の使い方をひと工夫することで

シングルマザーのキツキツな生活にも、隙間ができます。

 

隙間ができることで、新しいことにチャレンジしたり

自分と向き合う時間ができたり

自分のワクワクに向き合うことができるのです。

 

その「自分の時間」を作るために必要なことは「外注化」です。

 

あまり聴き慣れない言葉かもしれませんが

自分がやっていることを「人にお願いしてやってもらう」ということを仕組み化するということ。

 

これを、うまく組み立てることができるようになれば

忙しいシングルマザー生活も、うまく回ることができますし

時には、思ってもいなかったような良いことが巡ってくることがあります。

 

今回は、「人にお願いする」外注化をすることで

つらいシングルマザーを楽にする方法をお伝えします!

 

シングルマザーのタイムスケジュールはきつい!正しい外注化でシンプルライフ!

まず、

 

「シングルマザーの生活ってどんだけ忙しいの?」

「わたしは、こんな感じなんだけど、他の人はどうなの?」

と、思う方もいらっしゃるかもしれないので、

シングルマザー歴の長い(14年くらいかな)筆者が、おこがましいのですが

タイムスケジュールをお伝えします。

 

以前の生活と、今の生活2パターンご紹介しますね。

シングルマザーのタイムスケジュール

筆者(当時29歳)こども(当時5歳)の時のスケジュール

 

5:00 起床 勉強スタート

6:00 朝食の準備

6:30 子供を起こす 準備スタート

7:15 出発(車通勤)

7:30 保育園で子供を預ける

8:00 勤務先に到着

8:30 仕事開始

12:00 仕事終了 移動開始 

12:30 車中で昼食

13:00 学校開始 テスト 授業 実習

16:30 学校終了 (17時まで復習)

17:00 カフェで勉強スタート(課題に取り組む)

18:00 切り上げて子供の迎え

18:30 保育園を出発(買い物があればスーパーへ)

19:00 帰宅 夕食準備スタート 洗濯を回す

19:30 夕食 片付け 洗濯を干す

20:00 お風呂の準備

20:15 入浴

21:00 寝かしつけスタート 

21:30 すんなり寝かせることができれば勉強開始

23:00 その日の課題 レポート テスト勉強をして就寝

この頃の生活は、「分刻み」に動いていましたし

いつもバタバタでした。

唯一の「ランチ」も動きながらですし、

一人でいてもご飯すらゆっくり食べた記憶はありませんね。

いつでも、家の中はぐちゃぐちゃだけど、掃除なんてしている暇もなく

毎日をただ必死にこなしている時間を過ごしていました。

そして、現在のタイムスケジュールはこちらです。

筆者(現在40歳)こども(17歳)

 

5:30 起床 お弁当づくり開始 洗濯開始

6:00 子供を起こす 仕事を開始

6:50 子供を見送る

7:00 本格的に仕事スタート

8:00 朝の片付け 掃除と洗濯 他の家事

9:00 仕事スタート 

11:00 休憩 (30〜60分)

12:00 仕事スタート

14:00 休憩 水回りの掃除など

15:00 仕事スタート

18:00 夕食作り

19:00 子供帰宅 洗濯など家事を開始 

20:00 仕事の雑務をこなす 読書 運動

22:00 入浴

23:00 就寝

これが今のスタイルなのですが、自宅で仕事をしているので

「移動の時間」が全くありません。

 

そして、何より隙間時間で家事をすることができるので

家の中が、ほどほどに綺麗!

(片付けは得意じゃないので、完璧ではないですw)

また、子供の見送りや帰宅をいつでも迎え入れることができるのが何よりの幸せですね。

改めて「在宅での仕事を始めてよかったな」と感じることが多い日々。

 

しかし、この状況もつらいこともあるんですよね。

 

「仕事が思ったように片付かないことが多い」んですよね

 

これは、嬉しいい悲鳴でもあるのですが

仕事で新しいことや、もっと大きくしたいという「仕事の量が増えた」ことで

結局「時間が足りない」という現象に、、、。

 

人には平等に1日24時間、365日が用意されています。

 

これは、人類平等なので「わたしだけ特別」なんてことはないんですよね

 

しかも、シングルマザーをしていると誰かに頼ることもできないし

明らかにマンパワーが少ないということがネックだなーと思うことが多いんですよね。

 

だからこそ、「外注化」(誰かに仕事をお願いする)ことはやってほしいことの1つ。

外注化、というと難しい風に聞こえるかもしれませんし、

聞いたことがないかもしれません。

 

わたし自身も、「外注化」というと、あまりピンとこないことも多く

ビジネスを始めてから知った言葉です。

 

でも、得意なことを他の誰かに頼んで生活をより良く回す。

 

という、言い方に変えると、そんなに難しく感じないですよね。

自分しかできないことなんて1つもない

では、どんなことを「他の誰かにお願いして自分の生活をより良く」していくことができるのか?

ですが、これは正直なんでもよいです。

 

というと、抽象的になってしまいますが

結局、なんでもいいのです。笑(2回目)

 

例えば、取り組んでいる仕事の中で、自分がやる必要がない部分をクラウドワークスという

その仕事が得意な人にお願いすることも1つの方法ですよね。

 

私の仕事で言えば、自分の苦手なデザインを得意な方にお願いする、とか

ブログの細かいメカニックの修理をお願いするとか。

 

もっといえば、ライターさんをお願いすることもできますし、

動画の編集や、画像の作成も外注さんにお願いすることも可能です。

 

でも、これって、まずは「自分でできるようになる」ということが基本かなと考えているので

 

他の部分で外注できる部分はないかな?

他のシングルマザーさんにもできることは何かな?

 

と考えてみたのです。

そして、「家事を外注さん」にお願いすればいいのではないか?と考えたんですね。

 

・ハウスクリーニング

・クリーニング

・食事の宅配サービス

・引越しの手伝い

・イベントの準備

・料理代行

・草むしり、窓拭きなどの時期的な物

・買い物代行

もっと言えば、ベビーシッターなどお子さんに関することもやっていい時代なのではないか?とも考えます。

 

もしかしたら、他のママからすると「手をかけてあげなくて可哀想」と思われるかもしれませんが、

全てを自分でやっているあなたが1番大変な思いをしているのですし

あなたの家庭のことなので、何より選択することは自由です。

 

また、少しお金はかかりますが、家の中が綺麗になることでストレスが少なくなりますし

何より「時間」はお金には変えられません。

 

そして、時間ができた際には、こどもと過ごす時間に当てたり

自分がやりたいことをする機会にすれば

 

何より「あなたの人生が輝くきっかけ」になるんですよね。

まとめ

 

シングルマザーのタイムスケジュールは、毎日きつきつですが

誰かにお願いできることを助けてもらうことで

自分とこどもとの生活が潤ってきます。

 

お金が時間には変えられないですし、

自分にしかでいないことってわずかな気がします。

 

<応援クリックお願いします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

シングルマザーランキング