母子家庭生活での年収はどのくらい?年収400万円は欲しい!お金を増やす方法!
Pocket

 

母子家庭生活で大切なお金の話は、みなさんの気になるところですよね。

各ご家庭の収入は、さまざまですが、できれば年収400万円は欲しいと考えているシングルマザーも少なくないのではないでしょうか。

 

また、日々の仕事と家庭の両立を一人でこなし、節約の毎日と、自分のことも振り返ることができない辛い状況から、早く抜け出したいけど、そんなこと考える余裕もないのではないでしょうか。

年収をあげる方法はいくらでもあります。

 

もちろん資格をとったり、転職をすることもひとつなのですが、実際にそれでは大幅な年収UPには繋がらないのが事実。

 

私がオススメしているシングルマザーがお金を増やすために取り組むべきなのは、在宅ワークです。

 

ちょっと怪しいと感じたり、疑わしい気持ちもわかりますし、私も同じように考えていた一人だったのですが、実際は、在宅ワークとしてしっかりとしたお仕事の1つなんですよね。

 

今回は母子家庭生活でお金を増やす方法をお伝えしていきます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

母子家庭生活での年収はどのくらい?年収400万円は欲しい!お金を増やす方法!

 

母子家庭世帯の平均年収は約200万円であり、決して裕福ではありません。

できれば年収400万円くらいあると、生活の質が変わりますから、年収を上げる方法があれば知りたいですよね。

 

今回は、母子家庭の状況を確認しながら年収400万円を目指す方法をお伝えします。

 

母子家庭の平均年収と生活の実態

 

母子家庭平均年収:約291万円
(母単独では約223万円)

父子家庭平均年収:約445万円
(父単独では約380万円)

 

と言われています。

ひとり親家庭になる理由は離婚が最も多く、平均年齢は、

母子の場合は40歳
(末子の平均年齢は10歳)

父子の場合は45歳
(末子の平均年齢は12歳)

 

母子家庭の平均年収が低い理由は、安定した収入を得られないため。

 

母子家庭ではパートタイムで働いている方が多く、仕事を持つご家庭は約80%、パートやアルバイトで働いている方は約50%だと言われています。

 

それに比べて、父子家庭では約90%以上の世帯の方が仕事に就いており、パートで働いている方は約10%以下となっているようです。

 

つまり、父子家庭に比べて母子家庭は正社員として働く方が少ないために、平均年収が低いという現状になっているのです。

母子家庭の年収はひとり親になった経緯により異なります。

 

死別の場合:約450万円
離婚の場合:約275万円
生別の場合:約280万円
未婚の場合:約310万円
その他:約250万円

 

死別の場合に母子家庭の平均年収が高くなっているのでは、遺族年金や生命保険などの収入が加わるためだと考えられます。

 

就業別に平均年収の内訳を見てみると、

正規雇用の場合:約270万円
パート・アルバイトの場合:約125万円

以上の年収差になっています。

正規雇用とパート、アルバイトで年収を比べると、100万円以上も格差があることがわかります。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

母子家庭生活での生活費と、年収400万円に向けてのお金の向き合い方

 

まず、母子家庭生活でどのようなことにお金を必要としているのでしょうか。

住居費

5万円まで

小学生の子供が1人であれば狭いアパートに住むことが可能。

公営住宅に入居できれば大幅に削減できますね。(抽選にエントリー)

 

食費

3万円まで

男の子の場合は必然的に食費が高めになりますが、母子2人ならこの程度に抑えることも可能でしょう。
食費を減らし過ぎると、医療費がかかってしまうケースもあるので、削りすぎに注意です。

(シングルマザーの貧困はここまで重大なんです)

 

日用品費

1万5千円

食費以外に必要な日用品、洗濯洗剤や台所石鹸、シャンプーやハンドソープ、掃除用具、ティッシュペーパー、ゴミ袋などの費用です。

 

光熱・水道費

1万円

基本料金によっても差がありますが、節約しても1万くらいは必要です。寒冷地の場合は、冬の暖房費を加算しなくてはいけません。

 

交通・通信費

2万円

子供の交通費は必要なく、親の通勤にかかる金額とスマホ代、ネット利用代金です。
スマホは格安スマホの利用により大幅に削減できます。

 

教育費

2万円

公立小学校の学費と習い事の費用です。ノートやえんぴつなどの学習用品も含みます。

 

生命保険料

5千円

県民共済などの安い保険に母と子供が加入した場合です。

 

美容・衣服など

1万円

子供の洋服代も含みます。
こだわりがないならもっと安くできますが、母親が営業職や販売職など人に見られる仕事の場合、意外に削りにくい支出でもあります。

 

レジャー費

1万円

母子家庭だからこそ休日にお出掛けをする機会が多いので、1万円を予算としました。

しかし、削ろうと思えば削れる支出ですので、経済状況によって工夫しましょう。

 

1ヶ月合計17万円

 

以上の内訳合計170000円になります。

 

子供が1人の場合は比較的支出が少なく抑えられるので、さらに節約すれば貯金額を増やすことも可能です。

 

私のシングルマザーでお金に苦労していた時期の収入は約19万円でした。

 

約2万円ほど貯金はできる計算ですが、当時看護学校に通おうと考えていたので、できるときは節約して貯金額を3〜4万円していました。

 

母子家庭の平均年収が低い理由は、安定した収入を得られないため。

母子家庭ではパートタイムで働いている方が多く、仕事を持つご家庭は約80%、パートやアルバイトで働いている方は約50%だと言われています。

 

同じ年収200万円でも家族構成や社会保険の有無によって手取りは変わりますが、平均してみると、手取り月収15万円程度、手取り180万円程度でしょう。

月15万円の収入でどうやって生活しているか見てみましょう。

 

費目金額
家賃45000
光熱費10000
通信費8000
食費・日用品30000
自分のお小遣い10000
雑費・レジャー20000
生命保険2000
学資保険7500
子供費5000
合計137500

 

実際に当時、私が年収200万円以下の時の生活費をまとめてみました。

残りは貯蓄に回していたのと、冠婚葬祭に備えて貯蓄していました。

これを見てみると、やはり年収400万円くらいは必要になりますね。

なにより、心身ともに穏やかになるでしょう

 

養育費をもらう必要性

養育費は、親の義務です。

しかしながら、現状は継続してお金をもらい続けることは難しいと言われていますね。

どうにか、もらいたい。。私の願いでもあります。もちろんみなさんも。

 

まず、離婚の場合、相手に直接連絡をして、養育費を支払ってくれるよう、要求しましょう。

 

相手が支払いに応じない場合には、家庭裁判所で「養育費調停」を申し立てると良いです。

 

養育費調停では、調停委員が間に入って話を進めてくれて、相手の説得もしてくれるので、相手と合意しやすくなりますし、相手がどうしても支払いに応じない場合には、「審判」という手続きに移行して、裁判所が相手に支払い命令を出してくれます。

 

相手が審判内容に従わない場合には、給料を差し押さえることも可能。

 

未婚のままシングルマザーとなり、相手に養育費を請求する場合には、まずは相手に「認知」をしてもらう必要があります。

 

認知とは、法律的に父子関係を明らかにするということ。

 

相手が認知に応じてくれる場合、役所に認知届を提出してもらうと手続きができます。

これに対し、相手が認知に応じない場合には、家庭裁判所で、「認知調停」をしなければなりません。

 

調停で相手が認知に応じたら、父子関係が確認されるのですが、調停でも相手が認知しない場合、「認知訴訟」という裁判が必要になってしまいます。

 

 

母子家庭だからこそお金を増やす必要がある。

 

今はインターネット社会であり、サラリーマンや主婦が在宅でお金を増やしている時代。

シングルマザーだからこそ、家で仕事ができれば最高じゃないいですか?

 

今からはじめられる在宅でのお仕事をお伝えします。

 

女性の場合は、男性と比べるとコツコツ継続した作業が得意である傾向が強く、共感する能力も高いため、ブログやサイトを使って稼ぐ「グーグルアドセンス」や「アフィリエイト」がおすすめ。

 

ただ、これらの副業は稼げるようになるまで時間がかかるため、確実に稼ぎたいのであれば、クラウドソーシングで稼ぐのがいいでしょう。

 

これは自宅にパソコンがあれば始めることは可能。

初心者でも大丈夫で、私もネット初心者から始めることができました。

 

実際に、クラウドワークスやランサーズで記事執筆の仕事をしている人は女性の方が多いのが現状です。

 

気になるのはお金のこと

自分でブログやサイトを作ってお金を稼ぐアフィリエイトやグーグルアドセンスではお金が発生するまでお金がかかる反面、月に10万、30万、50万と大きな額を稼ぐことが可能。

 

一方で、クラウドワークスは仕事に応じて報酬を手にすることができるが、稼げる額は3万〜10万円。

 

また、アフィリエイトやグーグルアドセンスだけでなく、メルカリやフリル、ヤフオクなどを利用した不用品販売も女性には人気のお仕事です。

いずれにしても、しっかりと取り組めば稼ぐことができる在宅ワークですので、興味があるものに取り組んでみてください。

 

在宅で隙間時間をうまく使ってお金を稼ぎたい、お仕事に取り組みたい、という方におすすめなのは、やはりブログやサイトでのアフィリエイト、グーグルアドセンスが一番でしょう。

 

ここでもシングルマザーにおすすめのお仕事と同様、確実に稼ぎたいのであれば、クラウドソーシング。

 

転売ビジネスというのもありますが早く大きな額を稼げるようになる反面、店舗への仕入れや梱包、発送などをしなければなりませんので、在宅で完全完結はできません。

ただ、メルカリで仕入れてAmazonに出品するなどネットで完結する転売であれば、在宅にいながら取り組むことができるでしょう。

 

結論としては、サラリーマンにせよ、シングルマザーにせよ、在宅にこだわるにせよ、どちらにしても、やはり先ほどおすすめした在宅ワークがおすすめということ。

 

早く大きく稼ぎたいのであれば「転売ビジネス」、時間がかかっても、リスクなく初期費用もかからず、仕組み化をしたいなら「アフィリエイト」・「グーグルアドセンス」がベストでしょう。

 

参考:シングルマザー が年収400万円に?今より収入をあげる4つの秘訣

 

母子家庭生活が子供に与える影響とは

 

母子家庭生活は、ママがお子さんと過ごす時間が少ないことや、貧困からどうしても愛を感じられにくい状況になってしまうことがある様子。

実際に、どのような影響がお子さんにあるのか考えましょう。

 

甘えたがる

 

母子家庭の子供に見られる特徴としてあげられているのが「異常なまでに甘えたがる」のようです。

母子家庭という環境では、子供の親はママしかいません。

 

ママがどんなに愛情を持って接していてもパパがいないことは事実。

これは子供にとって大きなダメージです。

 

パパの愛情を受けて育つことができず、それを補うかのように、ママに異常と言えるくらい甘えるようになる子供も少なく、子供からすれば、ママしか甘えられる存在がいないので仕方ないですよね。

 

仕方のないことだとも言えるのですが、大きくなってからも、異常な甘えが改善されないとなると、やはりさまざまな問題が発生する可能性があります。

 

甘えの対象が周囲の友達になることがありますが、ママへの甘え方とは少し行動が違うので、「わがまま」や「自分勝手」な性格に見られてしまうことがあるそうです。

 

しかし、甘えたがる子供は、ママに対して深い信頼と安心できる場所だから。

甘えることにはきちんと理由がありますし、ママがしっかりとお子さまの意思をくみ取って甘えさせてあげることで、お子さまは安心感を持つことができるでしょう。

 

攻撃的・反抗的

親に対して異常なほど甘えたがる子供と、真逆の攻撃的な子供になってしまう子供もいるようです。

 

母子家庭の大半はママが昼夜働きに出かけ、子供は一人でお留守番している家庭が多くありますし、その間子供は1人で寂しい思いをすることに。

この孤独な時間は、精神が発達しきっていない子供には、耐え難い不安と寂しさを何かにぶつけるために他人を攻撃したり、物に当たるようになることも。

 

たとえば、保育園や小学校で他の子をいじめたり、学校の先生に反抗的だったり、ささいなことで怒ってしまったりと、全ては自分の寂しさを忘れるための行動だったり。

ママとしてもどう対処したらいいのか迷うところです。

できれば、子供と一緒にいる時間を作り、孤独を感じさせないなケアが重要

子供は親の背中を見て育つと言われています。

 

恋愛や結婚にも同じことが言えたりします。

母子家庭になった理由が死別ならさほどの影響は少ないかもしれませんが、母子家庭になった理由が、喧嘩別れだったり、夫婦の仲が悪くなって離婚してしまった場合、それを見て育った子供は恋愛や結婚へのイメージが決してよくないことが多いのです。

 

未来の結婚への夢が持てないので消極的になってしまいます。

自分の結婚が失敗だったなんて、愚痴や不満を子供にぶつけてはダメ。

 

パパの悪口も言ってはいけません。

 

母子家庭で歩く道は、自分が歩く道ですし、子供が歩く道は別の道でなければならないはずなのです。

幼いお子さんの場合、攻撃性は気分が落ち込んでいるサインの場合があるということを覚えていてください。

そして、うまくその怒りの原因となることを、コントロールできるような手助けができるといいでしょう。

 

お子さんにも、さみしくない環境をおいてあげたいですね。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

 

母子家庭生活をしていると、年収400万円くらいあると少し生活が楽になるのにな〜と感じることもあるでしょう。

シングルマザーでいると、お金の悩みは多く、それなのに一人ではどうすることもできない状況に辛くなってしまいますよね。

 

ただ、シングルマザーでもお金を増やしたり自由にできる方法はたくさんあるのです。

そのことを知っていただければ嬉しいです。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング