ひとり親家庭のお金がない問題!貧困を解決する3つの方法!
Pocket

 

ひとり親家庭のお金がない問題は、社会でも取り上げられていますね。

実際に、お金がないことは確か。

 

しかし、私は知っています。

シングルマザーをしている人って明るし、何と言っても元気。

 

お金ないんだからしょうがないですし、なんとか生きていくしかないんです。

 

そんな、シングルマザーさんの背中を押すために私は、今回貧困を解決する方法をお伝えします。

それは、手当を受けることや節約することと、何より大切なことは、お金を増やすこと。

 

実際に行うのは、ネットを通した仕事をすることで、お金を稼ぐということです。

 

ちょっと、怪しいなと感じたり、難しそうと感じるかもしれませんが、私も同じことを感じ、ネットの世界を全く知らなくても、数万円のお金をすぐ作ることができました。

私の経験も含めて、お話していきますね。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

ひとり親家庭のお金がない問題!貧困を解決する3つの方法!

 

ひとり親家庭のお金がない場合は、まず児童扶養手当などの母子手当の申請をしっかりと確認しておきましょう。

 

ひとり親家庭の貧困解決する、母子手当を受給する

ひとり親の場合は利用できる公的支援制度も多いので、まずは次のような支援を最大限活用しましょう。

児童手当

児童手当は「子ども手当」とも呼ばれ、母子家庭に限らず0歳から中学生までの児童がいる世帯であれば支給対象となります。

世帯の所得や子供の年齢、人数によっても違いますが、0歳~3歳未満の児童であれば上限の15000円が支給されます。

 

児童扶養手当

離婚や死別などによって一人親となった世帯の児童に対し支給されるもので、18歳以後の最初の3月31日までの間にある児童がいる世帯が対象となります。

支給額は世帯の所得によっても違いますが、全部支給の場合は児童一人につき最大42330円となり、2人目以降はさらに1万円や5000円が増額されます。

 

児童育成手当

一人親家庭で18歳未満の児童がいる世帯が支給対象となります。ただし、市区町村によって支給状況や金額が違うので、詳しくはお住まいの市区町村で確認してみてください。

支給額の目安としては15000円前後の場合が多いようです。

 

ひとり親家庭住宅手当

20歳未満の児童を養育しながら月額1万円以上の賃貸住宅に住む一人親家庭が対象となる手当で、自治体が定める基準を満たせば月額5000円~15000円の援助を受けることができます。

 

就学援助

子どもの給食費や修学旅行の積立費用、授業に必要な文房具などを購入するための費用を自治体が援助してくれる制度です。

支給額は子供の年齢や費用項目などによって違いますが、給食費や修学旅行の積立費用などは全額援助してもらえる場合もあります。

母子家庭手当などを受け取っていても家計が苦しい場合は、低金利で利用できる国の貸付制度を検討してみると良いでしょう。

 

参考:シングルマザー の収入は年収200万円?生活苦しい時こそポジティブに!

 

ひとり親家庭の貧困解決する、上手な節約と貯金をする

 

ひとり親家庭は収入も低いことも多いので、節約が必須で、うまく貯金につなげられればいいですよね。

 

食費の節約方法には、買い物に行く前に自宅にある食材をメモしてから行くことで無駄買いを防いだり、特売日にまとめて購入した野菜を一週間分のストック食材としてメニューを考えたり、といったコツがあります。

 

アイデア一つで楽しく節約できる費用。

 

テストや受験前には、学校外でも教育を受けさせたいと思うこともあるでしょう。
ただ、毎月数千〜数万円が必要となる塾や家庭教師代は、家計を圧迫します。

 

実は、各自治体によっては、教育支援サービスを提供している場合もあります。

 

例えば、私が住む地域では、ひとり親家庭学習支援として無料で家庭教師を派遣するサービスがあります。

 

他にも自治体が支援している学校外の教育サービスがありますので、色々調べて活用しましょう。

 

公共料金については、条件に当てはまり、かつ申請をすることで水道料金の減免制度を利用できます。

 

基本料金および消費税等の免除がありますので、減免条件も含め詳しくは各自治体のHP等で調べてみましょう。

 

また、児童扶養手当を受けている方と生計を同じくする都内在住者が対象となり電車バスの料金が安くなります。

申請すると、ICカードで都営交通無料乗車券1年分が支給されます。

 

これを利用することで、都バスや都電を利用することができます。

 

あとは、電気の時間帯割引もあるそう。

 

私自身は導入はしていませんが、昼間全く電気を使わない方は時間帯割引のサービスを使うとグッと電気代が安くなることがあります。

 

生活スタイルによってプランを変えることも検討してみると良いかもしれません。

 

参考:シングルマザーの収入年収600万円あれば生活余裕。もっとお金持ちになる方法は?

 

ひとり親家庭の貧困解決する、お金を増やす努力をする

 

ひとり親だから、じっと節約をして我慢し続けるのは違うと思います。

ひとり親だからこそ、強気で自立していくためにもお金を増やして充実した、生活を送るべきでしょう。

 

私の場合は、在宅ワークでお金を増やしています。

はじめに準備するのは、パソコンだけ。

 

子供との時間を大切にしながらお金になる可能性があり、かつ努力した分だけお金が入ってくる。

また資金が少なくても始められる・・・これだけでもやらない理由はありません。

 

しかし、可能性がある一方で心配なこともありますよね。

  • パソコンが苦手
  • なんか難しそうだしわからないことが多そう
  • 借金とかないの?

私も同じことを考えていましたし、パソコンに対して一切知識はありませんでした。

 

また、失敗しても在庫を抱えない種類を選べば、借金を背負うリスクがありません。

 

お母さんが一人で子供を育てているくらい頑張り屋さんであれば大丈夫です。

 

そして、全てインターネットで行える作業なので、お子さんと家にいても隙間時間に取り組めるし、会社勤めをしながらでもできます。

 

私も看護師をしながら副業で取り組み始めたところ1ヶ月目で10万円、2ヶ月目で20万円、3ヶ月目では40万円という大金を手得ることができました。

 

やればやるほどお金が増えるのでワクワクする毎日!

 

このように、金額もすごく高額でビックリですが、もっとすごいのはこの時間です。

何年もかけて取得する資格に対し、数ヶ月で大金ですよ。

 

そうはいっても看護師や美容師といった仕事は、やりがいもあり素晴らしいお仕事ですよね。

もし、取得したいのであればネットでお金を増やし生活基盤を立ててからでも遅くはないでしょう。

 

そうすれば、お金に苦しくならないため学業に負担をかけず、窮屈な生活をしないで済むのではないでしょうか。

 

それは子供に対しても同じことが言えますしお金がないことで、夢ややりたいことを諦めるといった辛い思いをすることになって欲しくないですよね?

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

まとめ

 

ひとり親家庭のお金がない問題は、深刻なのですが、実際のシングルマザーはとても明るく元気で、一生懸命仕事と子育てを頑張っています。

 

そんな、頑張るシングルマザーのあなたは、節約したりコツコツ貯金をするだけではなく、積極的にお金を増やすことを考えてもよいのではないでしょうか。

 

お子さんのために、一人で自立して母子家庭生活をしているあなたなら大丈夫です。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング