シングルマザーの子育てに必要な学費はどのくらい?今からできる準備とは!
Pocket

シングルマザーが一人の稼ぎで、

子育てをしていくには、収入をあげたいですよね。

シングルマザーの平均収入は224万円なのに、

子供を大学まで通わせるとなると、数百万円必要。

ひとり親だからこそ、稼ぐ力が必要になるのはわかりますよね。

子供を大学まで行かせるためには、

収入をあげるための副業や、貸付も視野にいれましょう。

今はネット社会で、お金の心配もネットで解消できます。

怪しいと言われていた、ネットでの副業も、社会的に認められてきています。

シングルマザーも、正しいネットでの情報を手に入れて、稼ぐ力をつけましょう。

【期間限定☆無料特典配付中】シングルマザーが強く生きるお金の稼ぎ方教えます

シングルマザーの子育てに必要な学費はどのくらい?今からできる準備とは!

シングルマザーの平均収入

シングルマザーの世帯数は全国で124万世帯となっており、

平均世帯収入は約290万円。

月収で換算すると約24万円の収入となります。

思っていたより、収入が多いように感じますが、

この数字は子どもも働きに出ている場合の数字なので、

母親自身の平均収入は224万円程度。

“子どもがいる一般的な世帯”の平均収入は660万円となっており、

母子家庭はその半分以下の収入を一人で家計を支えなければならないのです。

また、子どもを私立高校に3年間通わせた場合、

平均で300万円以上かかるとされています。

毎年100万円の出費があると考えると、

いかにシングルマザーがお金に困るのかが分かるでしょう。

シングルマザー生活で子供を高校・大学に行かせるために必要な学費

公立高校の授業料だけで見ると、

月額1万円以下に抑えられているものの、

入学時には制服や教材などを購入する必要があり、

準備金として20万円程度必要です。

遠距離の通学が必要であれば、定期代などもかかります。

また、私立高校では入学金も高額なところが多く、

都内私立高校の入学金の平均は25万円程度となっているようです。

授業料に関しても、高いところでは年間100万円をこえるところもあるでしょう。

その他の諸経費を考えても、

決して安くはない費用が必要になるのです。

国公立の大学では初年度にかかる費用として約80万円が必要と言われています。

授業料の高くなる私立では、100万円を超えることも。

また、私大の医学部ともなると500万円近い費用がかかることもあり、

これを4年間通学させるためには大きなの費用が必要になるとわかります。

シングルマザーがお金を稼いで安心して子供を育て上げる方法

ネットでの副業は自宅でお仕事ができるということ。

「インターネットなどを介してその契約に基づいて在宅で行うオンラインの仕事」で、

仕事内容は、データ入力、文字起こし、モニター、アンケート調査、ライター、WEBデザインなど業務内容はたくさんあります。

在宅ワークの職種はさまざまです。

お仕事内容としては、データ入力など事務系の職種の他、テープ起し、

ライターといった文章の仕事や動画の編集系の業務、ホームページ制作や

イラスト制作といったデザイン系業務などがあります。

単発の在宅ワークとしてはモニター、アンケート調査、ライターなどがあげられます。

基本的にはPCを使った作業になり、

依頼から納品までWEB上ですんでしまうことがほとんど。

ネットでの在宅ワークの勤務体系は自由。

自分の好きな時間に好きなだけ働くことができます。

同じ作業量でも、短時間で手早く片付けば残りの時間は自由に使う事ができますし、

ゆっくりとマイペースに進めたければ時間をかけることも出来ます。

ただし、ほとんどの仕事が納期を定められていることが多いんおで、自己管理は必須で、

時間のかけ方は自分の仕事の進め方、強い気持ち次第だといえます。

在宅でお金を稼ぐことができる在宅ワークと一言で言っても、

ちゃんとやれば稼げるものもあれば、努力して頑張っても稼げないもの、

明らかに内容が詐欺的なものから怪しいものまで数多くありますよね。

ただ、あなたが在宅ワークに取り組む本来の目的はお金を稼ぐこと。

そのため、明らかに怪しい仕事や詐欺のような副業に取り組むのではなく、

情報の取捨選択をして取り組めば確実にお金になるような副業に取り組むことが何よりも重要なわけですね。

在宅ワーク、オンラインビジネスに取り組んでいると必ず失敗します。

今までにやったことがないことに取り組むので、

失敗しないなんてことは、絶対にありえないわけです。

そんな中で稼ぐことができない人の考え方は、

ちょっと失敗しただけで、すぐに稼げないと決めつけて諦めてしまいます。

しかし、大きく稼ぐことができる人に共通することは、失敗しても前向きで

「どうすれば稼ぐことができるのか?」を常に考えてたくさんの試行錯誤しているため稼ぐことができるのです。

これも当たり前の話なのですが、お金を稼ぐことができる人は、

「お金が稼げるようになるまで諦めないから」大きなお金を稼いでいるわけです。

一方で、お金を思ったように稼げない人はちょっとつまづいてしまったらすぐに諦めてします・・・これが圧倒的な差ですね。

何度も何度も、何度も失敗してしまうことは当たり前の基本。

それでも諦めずに努力し続けた人だけが稼げるわけです。

シングルマザーが子供を大学まで行かせるために学費を準備する

日本学生支援機構の奨学金

国内の大学院や大学・短大・高専・専門学校に在学する生徒を対象とした貸与型奨学金制度。

学力人物ともに優れた生徒で、経済的な理由により修学が難しい人が対象です

<第一種奨学金(利息なし)>

・国公立/自宅通学の場合……月45000円
・国公立/自宅外通学の場合……月51000円
・私立/自宅通学の場合……月54000円
・私立/自宅通学の場合……月64000円

<第二種奨学金(利息あり)>
大学や通学の形態を問わず、3・5・8・10・12万円のいずれかから選択。

利息は月によって変動し、年利0.16〜0.69%の間を上下します。

私立高校特有の支援金制度

東京都在住の場合は、公益財団法人東京都私学財団という管理のもと、

『私立高等学校等授業料軽減助成金事業』が設けられていて実施されており、

最大年間132000円と、やはり所得に応じた助成金を得ることができます。

そのほかにも、東京都私学財団では、学費の授業料以外にかかる教育費を軽くするために

『私立高等学校等奨学給付金事業』も設けて実施されているようです。

こちらも年間最大138000円の給付金を受けられますが、その受ける条件が所得のみでなく、

保護者の扶養家族によって、受ける事ができる給付額が変わることが特徴です。

ただし、いずれの助成金の受付は入学後の申請となり、

受ける事ができる給付金は、もっと先になるので入学金などとしてアテにすることはできませんから、先にまとまったお金を用意する必要がありますね。

修学支援貸付事業や奨学金制度

助成金だけでは厳しい、入学金から不安があるという場合は、

『東京都育英資金貸付事業』があります。

在学する中学校の推薦と保証人が必要となるようです。

また同財団による『入学支度金貸付事業』もあります。

入学金に必要な金額のうち20万円を無利子で学校から借り入れできる制度です。

こちらに関しては、入学予定の学校の窓口に問い合わせてみるといいようです。

そのほかにも、各自治体で学習塾受講料貸付(塾の費用)や高校受験金額の貸付制度が受けられることがあります。

条件や金額に関しても自治体によって違うみたいですから、

できるだけ、わかった時点の早いタイミングで問い合わせておくとよいでしょう。

児童扶養手当

父母の一方からしか養育を受けられない児童のために、地方自治体が支給する手当です。

対象となるのは、離婚や死亡などによって父母の一方に養育されており、

養育者の所得が一定水準以下であり、

18歳に到達して最初の3月31日までの期間にある者とされています。

支給額は改定が行われ、全部支給の場合・月42330円、

一部支給の場合・月42330〜9990円となっています。

なお、子どもの人数が増える際の加算額が変更されており、第二子へは最大月額1万円、

第三子以降は最大月額6千円が加算されます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

シングルマザーが一人の力で、お子さんを大学まで育て上げるには、稼ぐ力が必要。

もちろん、奨学金の存在も大切になりますが、

冷静に考えて借金なので、できれば自分の力で

収入をあげる方がいいですよね。

ネットでの副業も今は、主流で正しい情報と努力があれば、圧倒的にかせぐことが可能。

シングルマザーだって、節約ばかりでなく収入をどんどんあげて、豊かに過ごしましょう。

<エントリー中です。応援クリックお願いいたします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング