母子家庭生活での毎月の貯金額は?貯金ゼロから脱出と平均額を超えたい!
Pocket

 

母子家庭生活での毎月の貯金額はみなさんどのくらいですか?

 

また、シングルマザーの平均貯金額ってどのくらいなんでしょう?

また毎月の貯金はどうやってしているのでしょうか?

シングルマザーでも0から貯金できるものでしょうか?

 

たくさん、疑問がでてきますね。

 

貧困と言われているシングルマザーですが、

もしできている人がいればどうやって貯金しているのか、

貯金するために気を付けているアイデアってあるのか?

 

コツなどを知ることで、あなたも0から貯金できるようになれますよ。

 

人って誰かができることはやれば意外とできるものですし、

要はやり方や情報を知らない、続かないだけの違いなんですよほんとに。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

母子家庭生活での毎月の貯金額は?貯金ゼロから脱出と平均額を超えたい!

 

母子家庭生活での毎月の貯金額や平均額が気になるところ。

 

貯金がゼロの方も少しづつできることを始めましょう。

 

そして、何より攻める心も大切です。笑

では、いきましょう!

 

シングルマザーの毎月の貯金額や平均の貯金額

 

毎月の貯金額といえば、お給料の10〜15%と言われています。

 

しかし、シングルマザーはそんな貯金に回せるような高収入ではありませんよね。

 

私も、離婚当時は月に1万円・・いや貯金をどんどん崩していく生活。

 

かろうじて、児童扶養手当を貯金できていた月もあったという程度。

 

20代、30代のシングルマザーの平均の貯金額は100万以下。

ファミリーでは約400万と言われているので40%の金額なんです。

 

また貯金がない人の割合は35%。意外に多いのかな?と思いきや、

これはファミリーで貯金がない家庭とほぼ同じ割合。

 

しかしこの貯金額の差は、やはりシングルマザーの収入の低さや

ファミリーが2人で働ける環境があるという違いが大きいですね。

 

お金が足りなくなれば、2人で働けるのは羨ましい限りですし、

どちらかが働けなくなったとしても、収入が0になることはありません。

 

また男性は給与が上がって行く人が多いですが、

女性は何年経ってもそのまま変わらない人がほとんどであり、

こんなことも貯金額が増えない原因の1つなんです。

 

でも、シングルマザーだって貯金しなければなりません。

 

貯金が出来ている人は一体どうやって貯めているのでしょうか?

 

今は、小さいお子さんでも高校進学の時に受験が終わったら、

わりとすぐに入学金を納入しないといけなくて、金銭的に苦しい状況を伺います。

 

今は高校無償化になっていますが、後で帰ってくるとはいっても

先にまとまったお金が出ていきますし、制服代などもかかってきます。

 

 

学校にもよりますが私立高校なら、だいたい年間100万ぐらいなので、

卒業までに大まかに見て、300万かかります。

 

公立高校はこの約半分(50万)で考えればいいでしょう。

 

大学入学時に必要なお金は

国立大学 450万

私立大学 550万~650万

これぐらいは必要になります。

 

その前に大学に入るための塾代などもかかりますね。

 

いくらあっても足りません…

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

シングルマザーが毎月貯金をして貯金ゼロや平均貯金額を超える方法

 

まず貯金をするためには出ていくものを減らし、

入って来るものを増やすという考えで利用できるものやアイデアをだし、

その差額を貯めるという単純なことなのですが、

無理やりだったり苦痛になるやり方では続きません。

 

光熱費を減らそうとして、電気をつけっぱなしにしているの見つけて

「またついてる!」と子供にいった所で疲れるだけですし、

年間数百円から数千円の節約にしかなりません。

 

子供との時間を大切にしたいシングル世帯だけに、

楽しくみんなでできる節約がいいですよね。

 

自炊する>

外食1回で1週間分の食費を支払った経験はありませんか?

ガストやサイゼリアなどのファミレスでも数千円なくなりますよね。

 

月に2〜3万円を食費として計算しているご家庭が多いと思うのでこれは手痛い出費。

 

できるだけ、外食は避けましょうね。

 

子供と一緒にご飯作りをすれば親子のコミュニケーションも増えますし、

食べるための教育にもなります。

そして子供が大好きなママが一生懸命作ってくれたものなら、

嫌いなものでもパクパクと食べてくれたりします。

 

 

<知人や友人との外食は大人の人数で割り勘にしてもらう>

 

シングルマザーの中には、友達ファミリーと食事などの外食に行ったと時に、

1家族割りではなく大人の人数割りにしてもらう人も多いようです。

 

申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、生活のため

 

快く受け入れてくれるお友達に感謝してお願いしましょう。

 

収入の柱が増えてお金が安定したらご馳走すればいいだけですしね。

 

<シングルマザーであることを宣言する>

 

シングルマザーの中には、近所にお住まいのご夫婦と仲良くなった際に、

自分がシングルマザーで子供が食べ盛りで大変だという話をしたところ、

お裾分けとして畑でとれた野菜やお米をくれるようになったケースもあるのだとか。

 
周囲で自分たちのことを理解してくれる人がいるのは心強いですよね。
 

 

 

<母子家庭アピール>

家電など大物や価格が高いものを買う時に「母子家庭なので、まけていただけませんか?」というと、

大幅な値段を下げてもらえることがあるそうです。

 

実際、これは井上自身試したことはないのですが、今度言ってみます。

 

アピールは大事です

 

むしろ引け目を感じて生活しているより気持ちいいでしょう。

 

悪いことをしている訳ではないですからね。

 

<自治体の補助を利用する>

母子家庭向けのレクリエーション制度など、

自治体によっては母子家庭に補助をしているところがあります。

 

日帰りでの旅行、温泉旅行、バスツアー、遊園地や遊べる施設、
ディズニーランドのチケットが対象になることがあるので、
お住いの自治体をチェックしてみてくださいね。
 
 
おでかけはどうしてもお金がかかるので、
行きたくてもなかなか行けないですからきっとお子さんも大喜び。
 

<都営バスと都営地下鉄を無料で利用>

 

東京都の母子家庭の場合、申請すると都営バスと都営地下鉄が

無料になるパスを1家族で一人分もらえます(所得制限あり)

 

外出する時にこれを使えば、交通費をかなり浮かすことができます

 

助かりますね。

 

<保険の見直し>

母子家庭になってから、何かあったときのために、

死亡保障のついている生命保険に入った人や

一定の時期にお金がおりる学資保険に入った人、

掛け金が低い簡単な保険に入り直したが非常に多いです。

 

私も共済保険に入りましたし、今は積立保険を複数に分けて入っています。

 

実際、入院したと金保険のお金がおりて助かったという人も多く、

「万が一の時に本当に役立った」と言っている人も多い。

 

 

<お風呂は子供と入る>

 

思春期になるまでやお子さんが嫌がるまでは、

できるだけ一緒のタイミングでお風呂に入りましょう。

 

これでガス代が大きく節約できます。

 

ガス代が高くかかる追い炊きも不要です。

 

こどもと湯船に浸かればお風呂の量も増えますし

肩まで温まることができます。

 

また、背中を流し合えば、親子のスキンシップになりますしね。

 

こどももあなたもリラックスした状態なので、

普段なら伝えられないこと、いえないことも気軽に話せ、

親子の素敵なコミュニケーションにも役立つのではないでしょうか。

 

<自然光の利用>

 

太陽の光で家の中が明るいうちは、

電気をつけないようにします。

 

太陽が昇っている時に生活して活動することを

意識することによって、

早寝早起きの習慣が身につきますし、

健康維持にも良いでしょう。

 

 

<寒暖は洋服で調節する>

冬の暖房や夏の冷房は思いのほか電気料がかかります。

 

冬は靴下を履いて足元を温める、

夏は通気性の良い素材の洋服をセレクトしましょう。

 

綿や絹、麻など素材の洋服をきて、なるべくエアコンに

頼らなくても快適に過ごせるようにしましょう。

 

とはいえ、今時期は無理に暑さに耐えることもしなくていいですからね。

 

冬の寒い日は、お湯を沸かして湯たんぽを作りました。

 

湯たんぽをお布団に入れたり、抱っこして眠ると暖かいですし、普段の生活でも取り入れられますよ。

 

 

 

お金を貯めるには節約も大切ですが、

収入を増やすのがもっとも手っ取り早い方法だと言えます。

 

子どもを育てながら働くのは制約が多く、

収入が高い仕事に就くことは難しいかもしれません。

 

でも、今よりも少しだけ収入を上げる、

ということはできなくはないのではないでしょうか?

 

私が取り組んでいるのは、在宅ワークです。

 

インターネット上で完結するお仕事で、

パソコンがあればいつからでも取り組むことができます。

 

在宅ワークというと、少し難しそうだったり、

自分にはできるかわからないと思うかもしれません。

 

しかし、私もパソコン初心者で難しい言葉も全く

わからないのに取り組むことができています。

 

実際の内容は、一般的にテープおこしや、音声おこし、

ライターというものがあります。

 

登録をして仕事をもらうことで、在宅での仕事が可能に。

 

また自分の得意とすることを、仕事とするクラウドソーシングといった仕事があります。

 

私が、現在行っているのは、ネットショップとブログ(アフィリエイト)です。

 

ネットショップは、すごく単純な作業で、商品を安く仕入れて高く売るそれだけ。

 

仕事は、クレジットを利用しての仕入れと、梱包、商品の発送がメインで、

連絡作業や細かいことがたくさんありますが、やることはシンプルなので、誰でもできます。

 

ブログアフィリエイトは、自分が作ったブログに広告を載せ、

ブログを見に来た方が商品を購入すると、広告費をいただけるという仕組み。

 

ブログは継続して記事を載せることで、商品を購入してもらいやすいです。

 

また、実際に商品が購入してもらえるようになるまでにブログを

育てるのに時間がかかるので、手軽に始められる反面、地道な作業が辛い時があります。

 

1日1記事を必ず更新しても、実際に利益が出るのが3〜6ヶ月と言われているように、

実績が出にくいものの、利益が出始めると、どんどんお金を生み出します。

 

初期費用は、パソコンとサーバー・ドメイン(ネット上の住所)代金のみで開始できるので、

努力と継続が可能であれば絶対始めた方が特です。

 

お仕事されながらでも、記事はかけますし、ブログは元手のいらない資産構築だと言い切れます。

 

頑張って夢のような貯金額を目指しましょう。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

母子家庭生活で毎月の貯金はできていないご家庭が多いでしょう。

その中でも、必死に貯金できることを考えているシングルマザーさんは本当に素晴らしく、キラキラ輝いていますね。

 

無理な目標ではなく、今できる小さなことの積み重ねが重要であることと、積極的にお金を増やす方法を考えることです。

 

シングルマザーだってお金が欲しいし、必要ですし、自分を満たすことができます。

今日も子供のためにがんばりましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング