シングルマザー・母子家庭の方がするべきお仕事とは?おすすめ仕事ランキング5選!
Pocket

 

母子家庭生活をしていると、子供のことであったり、収入や、時間に悩みながら、お仕事をしますよね。

できれば、お休みだって希望通り欲しい。

 

また、頑張りすぎて、せっかくのお休みを、体力がなくなり寝て過ごしてしまう、子供にとっても自分にとっても、もったいない1日になってしまったということもありませんでしたか?

 

たまには仕方ないことですが、できれば子供との時間を大切にしながら、お金もあるほうがいいじゃないですか?

もっと言えば、子供が大きくなった時に、やりがいのあるお仕事についている方が、自分にとってもメリットは大きいでしょう。

 

今回は、シングルマザーが母子家庭生活の中で、大切なお仕事選びができますよに、オススメお仕事ランキングとしてお伝えしていきます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

シングルマザー・母子家庭の方がするべきお仕事とは?おすすめ仕事ランキング5選!

 

母子家庭生活をする上での仕事の選び方

 

シングルマザーが選ぶ仕事には、子供と生活できる十分な給与・働く時間の制限・働ける曜日の制限・有給のとりやすさなど、いろいろクリアしなければならない条件があります。

 

見つけやすい近くのスーパーのパートや工場のバイト等でもいですが、「誰でもすぐできる仕事」はキャリアアップが見込みにくく収入をアップしずらい。

 

これからお金のかかる子供がいるシングルマザーにおすすめできません。

 

シングルマザーは母でもあり、家計を支える大黒柱でもあります。

だからこそシングルマザーは母子の生活を支えながら、子供の成長にそって収入アップを見込める仕事に就くべき。

 

残業が少ない職場を選ぶ

残業が多いと、子供を迎えに行けず延長保育に頼ることになります。そうなってしまうと子供に寂しい思いをさせますし、延長保育代の出費もかさむでしょう。

 

何かあったときに迎えに行ける距離である

子供の預け先から、病気になってしまった・ケガをしてしまったので迎えに来てほしいと連絡が来るかもしれません。父親に頼ることができませんのでそのような場合に、対応できる距離の職場をおすすめします。

 

育児に理解がある職場である

もし育児に理解が足りない会社に就職してしまうと、学校行事はもちろん子供が急に病気になってしまった場合でも休みを取りづらいかもしれません。

 

また、残業も『子供がいる』という理由で拒否することができない可能性がありますので、会社の社風や上司が育児に理解がある会社を選ぶとよいでしょう。

 

働き続けて無理が出ないかを考える

労働条件や給料などを検討し、働き続けても無理が出ないかをしっかり考えましょう。

就業時間が長い・育児に理解がない・体力が必要な業種だと働き続けるうちに、最悪の場合倒れてしまうかもしれません。

心身を壊してしまうとその後の仕事にも支障が出てしまいます。

 

また、働き過ぎは子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれません。

 

 

おすすめのお仕事ランキングTOP5

 

1位フリーライター

 

今はインターネットでお仕事が可能な時代です

自宅にいながらお仕事をすることができるため、副業としても人気が高いのがフリーライター・ブロガーとしてのお仕事。

 

ただ、実際に多くの収入を得るまでには時間がかかるという難点もありますが、しっかりとスキルと人脈さえ築いてしまえば、ずっと自宅にいることができるということはシングルマザー にとって大きなメリットですよね

 

また、特に何か資格がいることもありませんし、パソコンがあってインターネットができる環境であればいつでも始めることが可能。

 

様々な方と繋がることができる、インターネットはたくさんの方からの励ましやアドバイスもいただけますので、一人で子育てしているという感覚よりも応援してもらうことができるので孤独を感じにくくなります。

 

2位介護職

 

介護職のメリットは、雇用形態が実に様々であり、さらに働きながら福祉関連資格を取得することができるという点ですね。そして、施設によってすぐ働くことができます

まさに高齢化社会で、すぐにでも人手が欲しいお仕事先といっていいでしょう。

 

子供が小さいうちには非常勤としてパートタイムで働き、子供が大きくなったら正社員に切り替え、将来に向けて資格等を取り始める、といったキャリアプラン・ライフプランを立てることもできるようです。

 

ヘルパーの資格は取りやすいですし、実務経験が3年以上になると介護福祉士という国家資格をとることもできますから、モチベーションを持っていくこともできるでしょう。

 

3位看護師

 

看護師は、病院やクリニックだけでなく介護施設や保育所など、さまざまな場所で活躍しています。60代以上の看護師も増えており、長く活躍できる仕事のひとつです。

 

イメージはお給料がいい!でしょうし、実際に年収も上がることは確か。

患者さんに寄り添うお仕事なので責任感もやりがいもあります。

 

ただ、資格を取得するのに通学のお金と時間がかかりますので、『高等技能訓練促進等給付金『母子貸付制度』といった、支援を使って取得することをオススメします。

シングルマザーで看護師の資格をとる方がかなり増えているので、自分と同じ境遇の方がいるだけでも安心ですよね。

 

4位医療事務

 

医療事務といっても様々な種類の仕事があります。

たとえば患者さんのカルテを管理するお仕事で、これは責任感を必要とされる仕事であり、自分の仕事が重要なものであるというやりがいを肌で感じることができます。

 

そして、医療事務としても資格もあるので、仕事をしながら勉強して自分のやりがいにつなげる方も多いでしょう。

 

5位家事代行

お客様のお家に行って家事を行うことが仕事内容になります。

日常的にお料理を作ったり、お部屋の掃除をすることが好きで得意な方には、自分のスキルや集中力を活かすことができる環境であるともいえます。

 

仕事内容によっては、時間の区切りが一般の会社とは違うため、子供との時間を大切にすることもできるでしょう。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

シングルマザーが働く環境は、子供と生活できる十分な給与・働く時間の制限・働ける曜日の制限・有給のとりやすさなど、いろいろクリアしなければならない条件があります。

 

また、子供が大きくなった時のことを考えると、今後のキャリアアップも考慮してお仕事探しをする必要もありますね。

資格所得も考慮して、あなたに合ったお仕事がみつかるといいですね。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング