Pocket

 

35歳のシングルマザーの悩みは、これからの仕事のこと。

子どもを持つ母親が働く際に一番考えなければいけないのは子どものことです。

シングルマザーだからというよりは、子どもが病気になった時や、自分が残業しなければいけなくなった時、代わりに面倒を見てくれる人がいるかが働き方を大きく左右します。

 

シングルマザーにとって、仕事は子どもと一緒に自立した生活を送る上で大切な要素。

ただ、「30代後半になると転職が難しくなる」と聞くこともあり、「35歳になると仕事を見つけられないの?」と不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、シングルマザーの仕事と育児の両立の難しさの要因として、年齢は関係しているのか?他のシングルマザー はどのようなところでお仕事をしているのかを、紐解いて行きましょう。

 

スポンサードサーチ

35歳が分岐点?シングルマザー生活基盤の仕事

 

35歳頃になると、体力的にも精神的にも自分を見つめ直す機会が増えますよね。

一人で子育てするシングルマザーであればなおさらでしょう。

 

35歳シングルマザーのどんなところでお仕事されていますか?

 

女性の35歳というと、アラフォーに足を踏み入れた年齢で、アラサーからアラフォーへと心も体も移り変わる不安定な時。

 

そんな心身ともに不安定な時期に、(不安定だからこそ??)離婚している女性がとても多いんです。

 

すでに職をお持ちの方も、これから転職を考える方も、新しいチャレンジをしたい方にも参考になれば嬉しいです。

 

職場の男女比率は気にした方が良いです。

私の経験上、やはり女性は女性の味方をしてくれますし、男女平等社会とは言え、理解してくれるのは女性たち。

 

例えば、子供の病気や、行事を優先するのは、子供がいる女性なら理解してくれるんですね。そのため、「子供のためなら時間を取ってあげなさい」と対応してくれる女性がどの職場でも出てきやすいです。

男性だとこれは理解されないかもしれません。

 

極論かもしれませんが、男性しかいない職場に女性一人だと、子育ての配慮を求めるのは難しいと言えるでしょう

 

子供を育てた女性は今子育てをしているお母さんにとてもやさしいでしょうし、これから育てる若い世代の女性からも助けを借りたいと感じているようです。

また、勤務時間は気にしておいた方がいいでしょう。

 

業種によって、定時で終わるかどうかは変わってきますが、大まかに知っておいて損はありません。

もちろん、「残業がある仕事は避けろ」といった意味だけでお伝えしていませんし、仮に残業があっても、勤務時間がキッチリしていると帰りやすいのです。

 

参考:40代シングルマザーの生き方!仕事も恋愛も老後もHAPPYになる3つの方法

 

35歳シングルマザーが仕事を続けていくことの大変さとは

 

35歳のシングルマザーの心配は、これからも同じ仕事を続けていけるか。

夫婦ならば家族を養うための仕事と家事や育児を二人で分担しますが、シンママは一人でそれをこなすのですから、体力的にも精神的にも大変です。

 

家庭内に大人が一人なので、子どもが小さい間は話を聞いてくれる人が家にいないという辛さもあるでしょう。

 

本当に些細なことで会話ができないと辛い。

しかし、得るものとしてシングルマザーと共働き家庭のママの違いは、夫がいない分自由があるということは特権でしょう。

 

結婚をしたことがある方ならばわかると思いますが、夫婦間での生活習慣や考え方の違いは避けられませんよね。妻には他の男性と二人きりで食事に行ってほしくないと思っている夫もいます。

 

シンママには、家庭内の取り仕切りに対してあれこれ口を出す夫はいませんし、子どもの教育方針や家、車などの大きな買い物もすべて自分で決めることができます。

 

恋愛ももちろん自由。自分の好きな道を自由に選択できる楽しさがあります。

 

私の場合は、27歳で離婚を経験し、自由と言う名のシングルマザー生活を始めたのですが、最初は生活基盤に自分と子供を乗せるのは難しかったですね。

きっと、みなさんもそうでしょうね。

 

仕事をしながら子育てをするだけでなく、様々なトラブルを一人で解決していく力は、結婚生活では学べないことですから、そのパワーを養うのは時間がかかりましたね。

でも、軌道にのれば本当に自由な生活で、独身気分まではいかないものの、自分で何かを決めて、物事を進めていくことの楽しさを知ると、楽しい毎日でした。

 

再婚をすることがなく30代に入り、元気に頑張ってきたつもりでしたが、35歳くらいに明らかにわかりやすい身体の変化を知るようになりましたね。

 

やはり、女性特有のホルモン変化であったり、夜勤をしていた時期とも重なり、「これは自分の身体と真剣に向き合う必要がある」と感じた瞬間でしたね。

 

そこから「このままこの仕事を続けていくのか?」と真剣に考え始めたんです。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

35歳シングルマザーが新しい仕事へのチャレンジするなら

 

そうなんです。シングルマザーの特権は自由であること。

何を決めるのも選ぶのも自由

35歳シングルマザーでも新しいチャレンジがいくらでもできます。

 

この考え方を味方につけるとあなたは無敵

ご主人がいたころは、帰宅時間に合わせて食事やお風呂の準備をしたり、自分が何をするのもお伺いを立てる必要がありました。

 

もちろん、そのことに加えてご同居されている家族や、子供の支度から預け先まで考えて、自分の予定が終わるまでの家族の予定も把握する。

その大変さ・・・全くありませんよね。

 

年齢だって、少し身体の変化があるものの「あなたはまだ若いわよ〜」「30代ならまだ全然色々できるわよ〜」と言われませんか?

私が病院勤務をしていたころ、人生の大先輩方によく「今のうちにやりたいことをやりなさい」「30代まだまだ若い」と何度も言われ、勇気がでたことを覚えています。

 

特にシングルマザー 、自由であるからこそたくさんの人に出会って自分の世界を広げることができる可能性がたくさんあります。

子供が大きくなったら、いや大きくなるまえからでもいいでしょう。

 

自分が興味あることや、やりたかったこと、好きだったことを思いっきりできる可能性がいっぱい。

 

お金の心配?

大丈夫です。

 

自由だからこそお金だって自由にできます。

お仕事されている方も、これからお仕事を探している人も年齢に関係なく自分に合ったお仕事が見つかるはずです。

私が37歳で始めたとこ(チャレンジ)はお金と紳士に向き合い、節約をするだけではなく、お金を増やすことにチャレンジしようと決意しました。

そして、在宅ワークに出会い、今では自宅で息子の帰りを待ちながら仕事をしています。

 

現在は、ネット社会であり、サラリーマンも帰宅後にネットで副業をしていくらい在宅ワークが主流。

そして、パソコンでなくても、スマホやタブレットがあれば連絡が取れないということはありません。

 

平日の昼間にちょっとした用事も可能ですし、あらかじめ連絡をいれておけば仕事の自由度も利きます。

そういうことで、子どもが熱を出したりお迎え要請があった時にすぐに対応できることが嬉しいですよね。

 

時間の融通がきくことが、在宅ワークの魅力。

病院で働いている時は、子どもが朝から熱を出したり保育園からお迎え要請があると肩身の狭い思いをしたりしました。

明日には熱が下がってくれないと困って、残してきた仕事が気になりましたが、今はそういう事がないないのでゆっくり子どもの体調と向き合えます。

 

仕事のことを考えて、ちょっとの体調不良でも、熱がなければ子供を保育園に行かせた経験がほとんどのお母さんにあると言います。もちろん私にも沢山ありました。

 

在宅で仕事をするようになって、そんな思いをすることがなくなりました。

 

在宅ワークは自宅でお仕事ができるということ。

「インターネットなどを介して請負契約に基づいて在宅で行う仕事」で、データ入力、モニター、アンケート調査、ライター、デザインなど業務内容はたくさんあります。

 

内職も広い意味では在宅ワークですが、厳密には異なります。

 

在宅ワークの職種はさまざまです。お仕事内容としては、データ入力など事務系の職種の他、テープ起し、ライターといった編集系業務、ホームページ制作やイラスト制作といったデザイン系業務などがあります。

単発の在宅ワークとしてはモニター、アンケート調査などがあげられます。

 

基本的にはPCを使った作業になり、依頼から納品までWEB上で簡潔することがほとんどです。内職の場合は、シール貼り、部品の組み立てなど手先を使った作業が多くなります。

 

在宅ワークの勤務体系は自由。

 

自分の好きな時間に好きなだけ働くことができます。同じ作業量でも手早く片付けば残りの時間は自由ですし、ゆっくりと進めたければ時間をかけることも出来ます。

 

ただし、納期を定められていることがほとんどなので、自己管理は必須で、時間のかけ方は自分の仕事の進め方次第だといえます。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーの方も、これから離婚を考えている方も、自分の年齢によって生活の選び方が慎重になってしまうことがあるようです。

30代はまだまだ若く自分の人生を選択することが十分可能であり、これから何度でもシフトチェンジしていけると、筆者は考えます。

 

自分の年齢を重ねていくことは、子供が一気に成長してくれるということとイコールなので、年齢なんて気にしないでどんどん新しい人生を歩んで欲しいです。

 

<ブログランキングエントリー中です。応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング