Pocket

離婚をしてシングルマザーになり

今のところ順調に生活しているけど、なんだか不安。

これから、子供を大人になるまで育てられるか?

 

こどもが巣立ったあとの自分の老後はどうなるのか?

もしかして、死ぬまで一人なんてことはないでしょうね?

 

色々、考えだすと本当に心配なことがあふれてきますよね。

 

今回は、シングルマザー抱きやすい、子供の将来、

親や自分の将来について不安なことを具体的にして、

少しでも楽になれるようにお手伝いします。

 

 

スポンサードサーチ

シングルマザーのこれから不安なことは?お金と老後と一人の不安。

 

子供の将来

仕事をしながらだと、どうしても子供と一緒に

いてあげる時間が少なくなってしまいます。

 

「寂しい思いをさせてないかな…」

「やっぱりパパが欲しいと思っているのかな」

 

と気になります。

生活面だけでなく金銭的にも不安でしょう。

 

お子さんを大学まで進学させる場合だと、

1人当たり平均で1000万円程度かかると言われています。

 

また、小学生になる前から入学した後も習い事を始めたり、

遠足や修学旅行といった行事があり、

中学高校では部活動や塾・予備校などの費用もあります。

 

お金の心配だけではありません。

子供がちゃんと成長していけように、準備していく必要があります。

 

言葉遣いだったり、食事の作法だったり、

人に対しての接し方や感謝の気持ちを持って生きていくこと。

 

一人でやっていくことは大変でしょう。

 

「もう結婚はしない!1人で子供を育て上げ、老後も1人で生きていける」

 

と覚悟が決まっているならそれも立派なことですが、

その場合、子供の将来や自分の老後のことまで考え、

しっかりと計画的に貯金なり貯蓄をして、心構えをしていくことが大切です。

 

安定した収入といえば、国家資格。

 

シングルマザーになってからでも取得しやすい国家資格があります。

 

シングルマザーになって、一番の悩みは仕事となっています。

 

仕事をしないと生活できないけれど、希望の収入がもらえるような仕事に就くのは難しいし、

シングルマザーだというだけで就職が難しくなる。

 

シングルマザーになってから資格を取ろうとする方は多いと思います。

 

これから将来的に安定して稼いでいこうと思えば「国家資格」がおすすめ。

 

「国家資格」と言うと、かなりハードルが高そうなイメージですが・・・

 

シングルマザーは、育児に家事と・・自分の行動に制限がたくさんあります。

 

きっと、子供のためなら頑張れるはず。

 

ちょっと勇気を出してチャレンジしてみてください。

 

 

 

親と自分の老後

 

自分が働いているときに子供を見てもらったり、

安心感があったりと、親がいることで救われている部分はとても大きいでしょう。

 

ですが、いつまでも親を頼っていくこともできません。

 

今後、年を取ったり体調を崩してしまったときは、

こちらが介護や面倒を見ていく必要がでてくるでしょう。

 

これから親の面倒まで見てあげられるように、

少しずつ自立していかなければいけませんね。

 

参考:シングルマザーが実家暮らしから無職でも自立する3つの方法

 

親の次は、自然と自分の老後を考えます。

 

実際老後にどのくらいお金がかかるのでしょうか?

 

住まいが賃貸の場合は、この額に家賃等の費用もかかりますので、

お住いの場所にもよりますが家賃を5万円としますと、

5万円×12ヵ月×25年=1500万円が別途必要となります。

 

生活費は節約して11万円としますと、

老後の生活費は11万円×12ヵ月×25年=3300万円。

 

合わせますと、3300万円+1500万円=4800万円は必要となります。

 

4800万円という数字はかなり大きい額ですが、

この大きな金額も少なく見積もっている額になりますので、

もう少しかかるという認識を持つ必要があります。

 

ただ、この額を全部貯めなくてはならないというわけではありません。

 

ここから公的年金、貯蓄、退職金などを差し引いた額が、

老後に向けて用意をしたほうが良い老後資金となります。

 

ずっと一人でがんばるか?

 

辛くても頼れる人がいなくて、ふと涙を流してしまうこともあるでしょう。

 

休日にショッピングモールなどで、幸せそうな家族を見ていると

 

「将来、私はどうなるのだろう」

 

と不安になってしまいますよね。

 

厚生労働省の調査では、結婚するカップル63万人のうち4分の1は再婚者であるということ。

 

とあるのアンケートでは「シングルマザーでも恋愛対象になるか?」

 

という質問に対して、約半数の48%が「結婚対象になる」と回答していて、

年齢が上がるほど再婚への抵抗も少なくなってくるそうです。

 

また、そろそろ「また結婚して失敗してしまうかも」より

「一人でずっといるよりも」と考えるシングルマザー も多いのではないでしょうか?

 

現代は、さまざまなニュースがあふれており、

天災も多くいつ自分も何が起こるかわかりません。

 

もう一度、自分の人生を歩み出すもの勇気かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

人生何が起こるか分かりませんし、

まさか自分がシングルマザーになることも、何が起こったんだという出来事。

 

そうであれば、また良いことだって必ずありますし、

山あり谷あり人生最後まで分かりません。

 

いいことだってたくさん必ずあります。

不安を乗り越えていきましょう。笑顔が一番です。

 

 

<応援クリックをよろしくお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング