母子家庭で手当を受けるための条件とは!何歳まで?もらえないパターンは?
Pocket

 

母子家庭になり、必要になる手当の中に児童扶養手当があります。

その手当にはもらえる人と、もらえない人がいます。

 

母子家庭ならみんなすぐにもらえるのかと思った。

違うんです。

 

手当を受給するには、収入により全額・一部・停止といった区分があるので、もらえないこともあります。

私もシングルマザーですが、現在は受け取っていません。

 

今回は、母子家庭で手当を受けられる条件や、子供が何歳までもらえるかお伝えしていきます。

 

母子家庭で手当を受けるための条件とは!何歳まで?もらえないパターンは?

児童扶養手当を受けるための条件

 

児童扶養手当とは、児童扶養手当法をもとに、母子家庭や父子家庭などの生活の安定と自立を促進するための国の制度。

シングルマザーが児童扶養手当を受け取るには、

  • シングルマザーと子供の住所が日本にあること
  • 子供の年齢が18歳未満、もしくは18歳になってから最初の3月31日を迎えるまでの間にあることが条件

 

子供の心身に規定の障害がある場合は、受給の期限を20歳未満まで延長できます。

 

なお、児童扶養手当は、シングルマザーになった理由によらず、受け取ることができます。離婚や死別の場合はもちろん、未婚で子供を出産した場合も受給の対象となります。

 

また、夫の生死が不明だったり、刑務所で1年以上拘禁されていたり、夫と別居していて連絡がとれず、1年以上も生活費の支払いを受けていなかったり、DV法にもとづく保護命令が出ていたりする場合も、受給の対象となります。

 

このように、児童扶養手当は、女性が女手ひとつで子供を育てる状況になった場合に受給することができます。

 

受給金額

お子さん1人の場合は月額4万2500円。

2人の場合は月額10040円加算。

3人以上の場合は1人につき月額6020円が加算されます。

 

ただし、受給資格者、扶養義務者の所得が一定額以上の場合はその一部または全部が減額となります。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

児童扶養手当を受ける所得制限

 

児童扶養手当を受け取るには、シングルマザーの所得が所得制限限度額を上回っていないことが条件です。

 

1〜6月の間に児童扶養手当の申請を行う場合は、前々年の所得が審査の対象となります。7〜12月の間に申請を行う場合は、前年の所得が審査の対象。

 

所得の制限限度額は、扶養親族の人数によって異なります。

 

生活の面倒をみている家族の人数が多いほど、限度額は高くなります。

また、シングルマザーの所得制限限度額には、手当を全額受け取れる場合と一部のみ受け取れる場合の2種類があります。

 

また、実家に同居しているなど、父母、兄弟と同居している場合は、家族の全員の所得も審査の対象となります。

同居している家族のうち、1人でも所得制限限度額をオーバーしていれば、児童扶養手当を受けることはできません。

 

 

児童手当について

 

児童手当とは、母子(父子)家庭の子供を対象として支給される助成金ではなく、全ての家庭を対象とした支援策です。

児童手当は、子供がいる家庭の生活の安定に寄与することと、次の社会を担う子供の健やかな成長を支えることを目的に、国から支給される手当です。
 

支給対象者

0歳〜15歳の国内に住所がある子供。

15歳は中学校卒業の年度末までを意味します。
 

支給される金額

・0歳〜3歳未満:一律15000円
・3歳〜12歳(小学校卒業)
 第一子/二子:10000円 第三子以降:15000円
・中学生:一律10000円

 

※児童手当には所得制限世帯が設けられており、年間の所得が約960万円を越える世帯の子供に対しては、支給金額が5000円とされています。
 

支給時期

支給は年間3回行われます。

  • 毎年6月(2月〜5月分)
  • 10月(6月〜9月分)
  • 2月(10月〜1月分)

居住地の市区町村にもよりますが、だいたい支払い月の12日頃に指定した口座に振り込まれます。
 

児童手当の支給を受ける上での注意点

児童手当の支給条件を満たしているかどうかは、毎年6月1日に判定されます、そのため、毎年居住地の市区町村役所に現況届を提出しなければいけません。詳細は毎年6月に役所から郵送されてくるので、月末までの手続きを忘れずに行うようにしましょう。

また、母子家庭の方が結婚を機に氏名が変更した場合や、転居した場合にも届け出が必要。

 

もし転居先が元の居住地の市区町村外であった場合は、転出した日の次の日から数えて15日以内に、必ず転入先で申請を行わなければなりません。

万が一、15日以内に申請が行えなかった場合は、残念ながら遅れた月分の児童手当の支給は行われないので注意が必要です。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

母子家庭になり、手当のことが難しく何度も何度も役所に足を運んだことを思い出しました。

所得制限については、収入が大きくなると全額支給が停止することを覚えておくということがわかれば十分かなと感じます。

あとは役所で源泉徴収票を持って、役所の人と計算してみましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 

 


シングルマザーランキング