Pocket

 

母子家庭の貧困は本当に深刻だと、社会では問題になっていますが、もっと実際の生活を見て欲しいと思いませんか?

 

表面だけの問題ばかりで、母子家庭のもっと奥の問題が埋もれていっているような気がします。

 

自分たちで選んだ選択には違いないのですが、何もしてないわけではありませんし、大抵のシングルマザーは、一生懸命お仕事して育児して毎日ヘトヘト。

 

今回は、そんな頑張っている母子家庭の貧困を支援して現状を解決する方法をお話します。

 

スポンサードサーチ

母子家庭の貧困を支援する。ひとり親の家庭の現状を解決!

 

母子家庭の貧困は、お金が原因で、シングルマザーが精神的に追い詰められています。

よく知られている母子支援はどんなものがあるのでしょうか?

 

母子家庭の貧困の現状とは

 

母子家庭の子どもたちは、子どもがいる世帯の中でも貧困につながるリスクが圧倒的に高いということをご存知ですよね。

ひとり親家庭は、低収入であることが多く、子育ても仕事もすべて一人で抱えていまい、仕事をしながらの「ワンオペ育児」が子どもの成人までずっと続くのです。

 

大変なのは、子どもの急病時。

 

共働き家庭のように「両親が交代で会社を休む」といった対処は出来ないため、自分が休むしか手がありません。

 

しかし、何日も休みが続いてしまうと、収入が減ってしまったり、どうしても社内の信頼を得づらくなり、最悪の場合はリストラの対象になることも。

たったひとり、収入の道が閉ざされた状態で子どもを育てるという状況に、もしあなたや、身近な人が陥ったとしたら。

 

この問題は親だけの問題ではなく、ひとり親はこういった状況から安定した仕事につくチャンスが少ないのが現状です。

 

仕事が制限されるということは、「収入格差が生まれやすい」ということを意味します。

そんな、ひとり親に関わる、支援制度を説明していきます。

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

母子家庭の貧困を支援する、シングルマザー支援制度

 

母子家庭の貧困を支援する手当は具体的にどんなものがあるのでしょうか。

児童手当

私の住む市内では市内に住民登録があり、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父または母等で、生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。父母に養育されていない児童の場合は、児童を監護し、かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限あり。

 

受給期間と申請が必要な方は

  • 10月(6月分から9月分まで)
  • 2月(10月分から1月分まで)
  • 6月(2月分から5月分まで)

 

  • 出生などにより、新たに児童を養育する方
  • 既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方
  • 他の市町村で既に受給していて、入間市に転入された方 

 

※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。遡って手当を受けることはできません。必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

 

児童扶養手当

 

 

父親または母親のいない家庭や、父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

自立の促進を目的とした手当です。

 

児童数、所得により金額が変わりますが、全額支給だと40000円以上いただけます。

支給回数や・正確な金額はしっかり調べておきましょう。

 

 

受給資格は、

次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

 

  • 父母が離婚したお子さん
  • 父親または母親が死亡したお子さん
  • 父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん
  • 父親または母親の生死が明らかでないお子さん
  • 父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん
  • 父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん
  • 父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん
  • 母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

 

 

特別児童扶養手当

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、

その児童の保護者に対して支給される国の手当です。

1級と2級があり金額が違います。

 

遺族年金

遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受け取れる金額が異なります。

死別の場合は、ご主人がどんなお仕事をされていたかによって受けられる金額が違うようです。

 

 

<助成金>

ひとり親家庭等医療費助成制度

・・母子家庭などのひとり親家庭の健康保険診療での医療費の自己負担分を助成する制度です。

 

<貸付金・奨学金>

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

・・母子家庭等の生活自立の為や子どもの教育資金の為の公的貸付制度で、12種類あります。

 

修学資金貸付・奨学金制度

・・『母子父子寡婦福祉資金制度』の内の「修学資金」「就学支度資金」は母子家庭等の子の高校・大学などに進学する際に借りられる貸付金制度。

 

参考:シングルマザー の収入は年収200万円?生活苦しい時こそポジティブに!

 

母子家庭の貧困を支援するシングルマザー支援施設

 

母子生活支援施設

 

18歳未満の子どもを養育している母子家庭、または何らかの事情で離婚の届出ができないなど母子家庭に準じる家庭の女性が子どもと一緒に利用できる施設で、生活の安定のための相談や援助を行いながら自立を支援。

 

DVなどの被害者の一時保護も行っています。

 

1998年(平成10年)の児童福祉法の改正により「母子寮」から「母子生活支援施設」と名称変更。

 

目的も「保護する」から「保護するとともに、生活を支援する」と改正されました。

またその後の改正で、退所後の利用者の生活支援も行うようになりました。

 

  • 母親と子どもが一緒に生活できる住居の提供。
  • 自立を支援するための、就職・家庭生活・子どもの教育等に関する相談や助言。
  • ドメスティック・バイオレンス(DV)の被害者の一時保護や相談
  • 母子家庭向けの無料の住宅施設ではない
    所得(所得税や住民税)に応じた負担あり
    (生活保護世帯や非課税世帯など、利用料がかからない場合もあります)
  • 光熱水費については実費負担

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

母子家庭の貧困を支援する割引・減免制度

 

国民年金、国民健康保険の免除

 

収入が少ないなどの理由により、収めることが困難な方は年金や保険料の免除または減免を受けられる可能性があります。また、自治体へ相談をすることで、ある程度期間的に免除になる場合も。

困ったときは、まずは問い合わせをしてみましょう。

 

保育料の免除と減額

 

基本的に、保育料は自治体によって異なります。免除・減額についても、自治体により内容や条件に違いがあるのでお問い合わせを。

 

粗大ゴミ処理手数料や上下水道の減免制度

 

児童扶養手当を受けている世帯などを対象に、免除制度があります。

基準や免除額はお住まいの地域の自治体によって異なります。

 

交通機関の割引

 

JRなどの交通機関では、ひとり親家庭を対象とした割引制度が実施されています。例えば、JRでは通勤定期券が3割引きで購入でき、都営交通では無料乗車券の発行、公共バスの乗車賃割引などがあります。

 

割引を受けるためには窓口などで事前に申請する必要があります。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

まとめ

 

母子家庭の貧困は、みなさんが想像をしている以上に厳しい。

 

金銭的な問題だけではなく、ひとりで背負わなければいけない問題がたくさんあることも問題でしょう。

 

少しでも貧困の解決の手立てとなる、ひとり親支援の手当をうまく活用することで、母子家庭の貧困を軽減する、必要があると考えます。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング