母子家庭貧乏生活を改善するには?もうお金に困らずに生きる
Pocket

 

離婚した時は「気合いでやっていける」と思っていたけど、

実際お金が限られていると厳しい。

 

どんなに働いても、毎月の生活費は足りないし、

突然の出費が何より痛いですよね。

 

節約はがんばるけど、将来の不安がぬぐいきれません。

もう、貧乏生活はいやだ。

 

そんなシングルマザーさんに、貧乏生活を改善する方法をお伝えします。

 

母子家庭貧乏生活を改善するには?もうお金に困らずに生きる

 

母子家庭生活が貧乏な理由

 

母子家庭=貧乏。世の中はこうですよね。

 

確かに裕福に過ごしているシングルマザーはほんの一握りかもしれないです。

 

母子家庭を支援してくれる制度はありますし、

全部もらえたとしても働かなくてはいけませんよね。

 

ママさんが必死になって働いている、

そういった事情を知っていてそう思うのでしょうか。

 

まず生活保護ですが、条件が細かすぎて、

あきらめてしまうママさんも少なくないでしょう。

 

そのくらい簡単に誰でも貰えるという社会の誤解があり、

母子家庭は生活保護でやっていけるだろうといわれるのです。

 

 

生活保護は、周りにいる親族すべてに関わってきますし、

別れた旦那さん(暴力が理由)にも連絡が行くため、

申請をあきらめてしまうことも少なくありません。

 

そして、持っている資産、貯金はほとんどなくすことが条件。

 

車や貯金は持てなくなりますし、クレジットカード持てません。

 

私は、それよりも生活保護を受けているという形の方に、

気持ちが追いつきません。

 

子供に申し訳ない気持ちになります。

 

だって、親の都合で離婚になったわけですから、

子供には貧乏はさせたくないです。

 

住居は、実家にお世話になることができればそこがいいに越したことありません。

 

ですが、実家にいるために手当がもらえません。

 

やはり必死に働くことになります。

 

正規社員になれないシングルマザーは多いですし、

子供が小さければ誰かの協力がなければ正規社員になることは難しいです。

 

パートの収入なんて、限られていますし、

月に10万円くらいでしょうか、ボーナスだってないし休めばその日の給料はでしょう。

 

そうすれば、収入が減り、貯金なんてできませんよね。

 

 

 

母子家庭生活の実際の生活費と節約方法

 

同じ年収200万円でも家族構成や社会保険の有無によって手取りは変わりますが、

平均してみると、母子家庭では手取り月収15万円程度、手取り180万円程度でしょう。

 

月15万円の収入でどうやって生活しているか見てみましょう。

 

費目金額
家賃45000
光熱費10000
通信費8000
食費・日用品30000
自分のお小遣い10000
雑費・レジャー20000
生命保険2000
学資保険7500
子供費5000
合計137500

 

実際に当時、私が年収200万円以下の時の生活費をまとめてみました。

 

残りは貯蓄に回していたのと、冠婚葬祭に備えて貯蓄していました。

 

また、児童扶養手当や児童手当は全て貯金をしていましたし、

他のシングルマザーの話を聞くと同じく一切手をつけずに貯金している人がほとんど。

 

ここまでみても本当に、シングルマザー は頑張って生活していることがわかります。

 

こんな時期に、私は節約を心がけていましたが、その内容をお伝えしますね。

 

自炊する

外食1回で1週間分の食費をつかってしまった!という経験はありませんか?

安いファミレスでも子供と数人で食事をすれば数千円なくなりますよね。

 

月に2〜3万円を食費として計算しているご家庭が多いと思うのでこれは手痛い出費。

 

できるだけ、外食は避けましょうね。

 

子供と一緒にご飯作りをすれば親子のコミュニケーションも増えますし、

食育にもなり、ママが一生懸命作ってくれたのなら、

嫌いなものでもパクパク食べてくれたりします。

 

知人との外食は大人の人数で割り勘にしてもらう

 

シングルマザーの中には、友達ファミリーと食事に行ったと時に、

家族割りではなく大人の人数割りにしてもらう人も多いようです。

 

申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、生活のため

 

快く受け入れてくれるお友達に感謝してお願いしましょう。

お金が安定したらご馳走すればいいだけですしね。

 

母子家庭であることを宣言する

シングルマザーの中には、近所に住むおじいちゃん、

おばあちゃんと仲良くなった際に、母子家庭で子供が食べ盛りで大変だという話をしたところ、

畑でとれた野菜や食べきれないお米をくれるようになったケースもあるのだとか。

 
周りの環境で自分たちシングルマザーで
生活していることを理解してくれる人がいるのは心強い。
 
 
私も、いつも住まいを掃除しにきてくれる大家さんとは仲良しです。

 

母子家庭アピール

 

家電など大物を買う時に「母子家庭なので、金額をまけていただけませんか?」というと、

かなり値段を下げてもらえることがあるそうです。

 

実際、これは試したことはないのですが、今度私も言ってみます。

 

アピールは大事です。

 

どちらかというと、引け目を感じて生活しているより気持ちいいでしょう。

悪いことをしている訳ではないですからね。

 

自治体の補助を利用する

 

母子家庭向けのレクリエーション制度など、

自治体によっては母子家庭に補助をしているところがあります。

 

旅行、日帰りバスツアー、果物狩りやディズニーランドのチケットが対象になることがあるので、
お住いの自治体をチェックしてみてくださいね。
 
 
旅行は、どうしても費用が高くなってしまうので、
行きたくてもなかなか行けないですから
きっとお子さんも大喜びではないでしょうか。
 

都営バスと都営地下鉄を無料で利用

 

東京都の母子家庭の場合、申請すると都営バスと都営地下鉄が

無料になるパスを1家族で一人分もらえるそうです。

(所得制限あり)

外出する時にこれを使うことで、交通費をかなり浮かすことができます。助かりますね。

 

保険の見直し

 

母子家庭になってから、自分に何かあった時のために死亡保障のある生命保険に入った人、

学資保険に入った人、掛け金が低い保険に入り直したが非常に多いです。

 

私も共済保険に入りましたし、今は積立保険に変えています。

 

実際、事故や病気で入院した時に保険のお金がおりて助かったという人も多く、

「万が一の時に、本当に役に立ち、入っていてよかった」と言っている方も多かったですね。

 

お風呂は子供と入る

 

思春期になるまでは、こどもとできるだけ一緒にお風呂に入ることで光熱費を節約しましょう。

 

ガス代がかかる追い炊きもできるだけ使わないで済めば光熱費の節約になりますし、

こどもと湯船に浸かればお風呂の量も増え、肩まで温まることができます。

 

また、背中を流し合えば、親子のスキンシップタイムになりますね。

 

私も、子供とお風呂の時間が普段の会話の時間でした。

 

お風呂に入るとリラックスした状態なので、

普段いえないことも気軽に話せ、

親子のコミュニケーションにも役立つのではないでしょうか。

 

自然光の利用

 

太陽の光で家の中が明るいうちは、

なるべく電気をつけないようにします。

 

陽に浴びることはすごく大事で、日が昇っている時に活動することを意識することによって、

早寝早起きの習慣がつき、健康的な生活を送ることができます。

 

寒暖は洋服で調節する

 

冬の暖房や夏の冷房は思いのほか電気料がかかります。

 

冬は靴下を履いて足元を温める、

夏は通気性の良い綿・絹・麻などの衣類の素材を意識してきて、

エアコンに頼らなくても快適に過ごせるようにしましょう。

 

ただ、ここ最近の気象は暑すぎるので熱中症には注意して

エアコンを全くしないで無理をすることはしないでくださいね。

 

冬の寒い日は、湯たんぽを作ってお布団の中に入れて眠ると暖かいですし、

普段の生活でも取り入れられますよ。

 

母子家庭生活で苦難をうまく乗り越えるためには節約だけじゃ無理

 

貧困率から家計の収支などを見ていくと、

月収は15万円以上は欲しいところです。

 

ただ、アルバイトやパートで15万円以上稼ぐのはかなり難しいので、

まずは月収10万円をキープして、養育費をもらえていないなら、

前夫に支払ってもらう方法を考えましょう。

その上で、正社員での就職を探すか、

資格取得の支援制度を利用してキャリアアップを図ります。

 

将来のことを考えると、生命保険や貯金も必要なので、

今現在生活がギリギリという人は、キッチリと自分の収入と支出を書きだして見直してみましょう。

 

そこから逆算すれば、いくら稼げばいいのかわかってくると思います。

 

決して贅沢をさせるという意味ではありませんが、

子どもの貧困は今そこにある現実でなので、お金がないことで子どもに辛い思いをさせないよう、

資金支援の制度も上手に利用していきましょう。

 

これだけ、頑張っても平均年収200万円くらいです。

 

 

子供お一人ならまだしも、何人もいる場合は本当に厳しい生活で、

貯金なんてできませんし、将来の学費も心配です。

 

ここまでくると、どんなに節約したって辛いだけなんです。

 

だって、自分の気持ちが擦れてきちゃうんですから。

 

 

母子家庭での必須なのはお金を増やす努力

 

貯金がなくても、でお金を増やすことは可能でしょうか?

 

結論からいいますと、可能です。

 

必要なのはパソコン1つ。

 

実際に私は、パソコンを買いその数ヶ月後には

20〜40万円の大金をかせぐことができました。

 

本当に、自分にもできるのかな?

失敗したら借金になってしまわないかと不安になるでしょう。

 

そんな、あなたにオススメするのがブログを立ち上げること。

 

ブログ構築は元手がいらないので、そもそも失敗というものがありません。

 

 

シングルマザーの方がフルタイムでパートをしても、

生活が困窮しているという事は、決して高い給料を稼げているわけじゃありませんよね。

 

それに加えて、母子手当などを加算したとしてもお子さんの年齢にもよりますが、

問題なく生活が出来るという金額には程遠い事が現状でしょう。

 

このような生活が困窮した状況を変える為に、

ネットビジネスを実践する事で改善されるのでしょうか?

 

と言った事が気になっているシングルマザーの女性が沢山おられます。

 

先ほども冒頭文でお伝えしたように、

シングルマザーの方がパートを辞めてネットビジネスだけで生活する事は、十分に可能。

 

 

ただし、ネットビジネスと言えどもこれはちゃんとした「ビジネス」なので、

簡単に稼げる様になる事はありません。

 

正しい努力をしっかりと継続する事が出来るのであれば、

ネットビジネスだけでも生活出来るお金は稼ぐ事は出来ます。

 

 

シングルマザーでお子さんを育てながら問題無く生活しようと思うなら、

月収で言うと30万程度は稼ぎたいですよね。

 

 

月収30万程度と言うと、一般的な30代・40代の男性が稼いでる金額でしょう。

 

 

しかし、これを努力もあまりせず、楽して簡単に稼げる程、

ネットビジネスは甘くはありません。

 

一般的にネットビジネスで生活を成り立たせる、

いわゆるネット起業と言うのは、リアルビジネスで起業するのと比べると

遥かに少ない労力と時間で叶うと言う事は間違い無いです。

 

したがって、シングルマザーの方が本気で

「今の状況を変えて良い生活にしたい」

と願うのであれば、ネットビジネスに挑戦してみる価値が凄くあると思います。

 

まとめ

 

母子家庭が貧乏生活を改善するには、節約だけでは限界があります。

せっかく、頑張って仕事をしても年収は上がらないし、子供は大きくなる。

 

そんな生活を改善する為には、インターネットでの仕事を活用する必要があります。

これを1つのきっかけとして考えていただけると嬉しいです。

 

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング