シングルマザー(母子家庭)での生活費は子供2人だとどのくらい?
Pocket

子供2人を連れてシングルマザーになろうと決めている人、

または、今シングルマザーになったばかりだけど生活が不安でいっぱいの人は、

今後の生活費や仕事の事が心配になりますよね。

 

 

ほんとうに子供2人を抱えてやっていけるのだろうか?

どのくらいあればやっていけるのかな?

他のシングルマザーはどうやって生活しているのかな?

 

悩みは尽きず不安ですよね。

 

でも、シングルマザー生活に実際かかる生活費や仕事内容などを知ることで、

「自分にもできるかも?なれるかも?」と前向きな気持ちになれたり、

このくらいは、生活するのに必要なんだなと計画を立てることで、

少しは不安も和らぎ頑張って行こうと前向きになれるでしょう。

 

今回は、シングルマザーでの生活費がお子さん、

2人だとどのくらいかかるのか?お仕事のことも含めて説明します。

シングルマザー(母子家庭)での生活費は子供2人だとどのくらい?

シングルマザー(母子家庭)生活で、

子供2人と一緒の生活はどのように暮らしているのでしょうか。

母子家庭生活で必要な生活費はどのくらい?

シングルマザーの大変なところは、

子供を女で1つで育てながら生活をして行かなければならないところ。

 

シングルマザーになり子供2人と暮らしていくためには、

どのくらい生活費が必要でしょう?

 

一番多い平均的な生活費は10万~15万円。

 

これに母子手当を入れて毎月約15万~20万くらいの収入で

お子さんと生活しているシングルマザーが多いですね。

 

私も実際、手当を含めて月18万円の収入で生活をしていました。

 

この生活費の金額は子供が小学生~中学くらいの額面と考えてください。

 

そして、高校、大学と段々生活費は増えてきます。

 

クラブや部活に入ったり、定期代が掛かったり、

お小遣いや交際費や携帯(スマホ)パソコンが必要になったり。

 

高校卒業と同時に母子手当としてもらえる医療費の助成も

無くなりますから本当にギリギリでしょう。

 

そんな時までに、ちょっとずつでも貯めてきた貯金や貯蓄は

本当に大切になって来ます。

 

なので、可能な限り貯金するという気持ちや、

資格などを取って仕事をステップアップすることや

副業で収入の柱をつくることをしたり

子供が小さい時から将来を考えて対策をしていたほうが

いいのではないでしょうか。

 

ちなみに25万円くらいの収入があれば、

国の大学の学生ローンは通るそうです。

 

(カードローンなど支払いの無い条件だそうですが)奨学金も大丈夫です。

 

母子家庭には無利息の奨学金制度もあります。

 

また母子家庭で受けられる支援は毎月の支給では無く、4月・8月・12月の年3回。

そのため毎月の生活費は、自分の給与のみで生活していくという考えで、

この母子手当は貯金できるならしておいた方がいいですよ。

 

思いがけない痛い出費は意外とあるものです。

例えば

・自転車が壊れた

・学校の必要教材が意外と高い

・修学旅行費用

・林間学校の費用

・目が悪くてメガネが欲しいなど

そんな時に慌てないように、貯金しておくクセをつけて置いてください。

 

だからといってケチケチするワケではありません。

 

ちょっとでも貯金するクセをつけておかないと、

結構、出ていくときは出ていきますし

使ってしまうものなんですよね。

 

チリも積もれば山となるということもありますし

お金に関してもその気持ちは持っておいて損はありません。

 

子供が大きくなって必要な時に、あの時と思ってもどうにもならないんです。

参考:40代シングルマザーの生き方!仕事も恋愛も老後もHAPPYになる3つの方法

母子家庭生活の生活費の内訳は?

次に、子供2人だとどのくらいになるのかを見てみましょう。

 

生活費の項目としては、子ども1人分のケースと変わりませんが、

子供の人数が増えるため金額が上がります

①家賃 6万円程度

②光熱費 2万円程度

人数が増えると、その人数の分だけ光熱費は上がることが普通です。

③携帯代 2万円程度(キッズ携帯含む)

子どもに携帯を与える場合、人数分の費用がかかります。

④食費 4万円程度

子どもの数が増えると、食費は上がります。

よく食べるお子さんが何人かいると、食費をまかなうのが大変になります。

⑤日用品 5千円程度

⑥生命保険料 3千円程度(掛け捨て)

⑦ガソリン代 1万円程度(通勤で使用)

⑧給食費 9千円程度

給食費用は、子どもが2人になると2倍になります。

⑨美容院・化粧品など 5千円程度

⑩衣料費 5千円程度(年平均)

⑪交際費・レジャー費 1万5千円程度

レジャーの費用も、子どもの数が増えるとその分上がると考えるべきです。

⑫子供習い事 2万円程度

子どもが2人いたら、単純に習い事の費用も2倍になります。

 

節約しても、2万円前後は必要になるでしょう。

 

子どもが2人いると、生活費の総額は20万円くらいにはなります。

 

我が家は子供が1人なので、月17万円で生活できていたのですが、

2人となると生活費の金額が少しあがりますね。

 

参考までに私が、看護師を取得する前に、

病院の看護助手として働いていた時の、家計簿です。

収入
給料:136000円
児童扶養手当:35000円
児童手当:10000円

支出

家賃:49000円

電気ガス水道代:11000円

携帯代:5000円

食費:25000円

託児所代:6000円

子供と本人の保険:12000円

雑費:10000円

ガソリン代:5000円

収入合計 181000円  支出合計 123000円

どうしても、看護学校に進みたかったので、

入学金や学費を貯金するために切り詰めていましたが、

結局児童扶養手当や児童手当だけを毎月貯金しているだけでした。

 

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

母子家庭生活をしながらのお仕事は何をしている?

 

シングルマザーでなかなか仕事が無いと思っている人は多いのですが、

みんなどんな仕事をしているのでしょうか?

 

子供が2人となると、出費も多くなるので収入も安定させたいですよね。

 

雇用形態も正社員やパート、派遣社員などいろいろですが、

生活できるだけの収入元さへあればどの形態でも

やって行けるかなと感じます。

 

アルバイトやパート、派遣社員は時給制になるため、

休みの多い月は収入が下がりますし、

シフト制の所などは思った回数入れないことも。

 

しかし掛け持ち可能だったり、

残業代はしっかり出るなどメリットもあります。

 

私の場合は、正社員で副業をはじめ、

在宅ワークに切り替えたのですが、

在宅ワークの方が時間的に余裕になることに魅力を感じ、

今では専属在宅ワーカーです。

 

もちろん、シングルマザーや主婦にだけに限ったことだけではありませんが、

子育ては、単純にお金を稼いでくればいいということだけではありませんよね。

 

子供の身の回りの事や、学校のこと、気持ちや心を支えたり、

一緒に過ごす時間もとても大切です。

 

その上で、井上がやってよかったと思っているのが在宅ワークです。

まず、家にいることができる、これが本当に幸せ。

 

仕事を必死にやっていた時期は、

お金のことしか考えていなかったかもしれません。

 

というより、息子の気持ちを忙しいよ優先して

わかったふりをしていたと感じています。

 

今は、息子が毎日学校や遊びに家を出るときも、

外から帰ってくるときも顔を見て送り出せることが

なによりも幸せです。

 

幸せとはいえ、在宅ワークもメリットばかりではなく

自分で管理して行うので、大変なときもあります。

 

しかし、やれば、やるだけお金になるこの仕事はシングルマザーには、

チャレンジしたほうがいいと考えます。

 

まずは月2万円前後のお小遣い稼ぎとして人気のポイントサイト。

 

ポイントは貯めて現金に換金する方法とTポイントや

各種商品券などに交換することができます。

 

例えば、ポイントの貯め方も簡単でサイト内の広告をクリックしたり

サイト経由でお買い物やアンケート、エステにいったり資料請求、CM動画を見たりミニゲームで遊んでいるうちにポイントが貯まります。

 

朝の通勤の合間やお昼休み、

家事の合間などに手早く稼ぐことができる副業です。

 

家にある不要なものをスマホのフリマアプリで販売して稼ぐ事ができます。

 

もし、そのコツも効率よく学びたいという方はのこコンテンツを参考にしてください

→いらないものが爆利に!不用品販売の王道を行くなら!

 

赤ちゃんの頃のバスタブやベッド、

まだ綺麗なのにサイズが合わなくなった子供の衣類、

買ったけどほとんど着ることのないママの服やカバンなどを売ります。

 

売れ筋はブランド品ですが、家の中の整理も兼ねて一掃、

スッキリ手軽に稼ぐことができます。

 

月の収入はおよそ3万円ほどが相場になっています。

 

私が、仕事にしているのはブログアフィリエイト。

ブログは元手がいらない最高の資産構築です。

 

自分が作った、ブログに広告を貼ることで、

ブログを見た人が商品を購入するとお金がもらえる仕組み。

 

誰でも資産(家・株・貯蓄)といったものは欲しいでしょう。

 

しかし、シングルマザー にはその資産を作るお金がありませんよね?

 

ブログにはその元手がいらない資産となる力が存在する。

 

最初は、パソコンが苦手だったり、機械音痴だったり苦労すると思います。

また、ブログはすぐに成果が出なかったり、

継続的に記事を入れることが続けにくい原因でやめてしまう人がいます。

 

反対に、それを乗り越えれば、最高の貯金方法はすぐそこ。

 

私も同じようにパソコンで頭を悩ませられた一人ですし、

かといって株や土地を買うお金はなく、

将来子供の学費を払うことができるか不安でいっぱいでした。

 

しかし、今ではインターネットのおかげで安定した収入と贅沢ができる環境になり、

これから子供と自分の将来のことをゆとりをもって考えることができるようになりました。

 

今からでも始められそうですよね。

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

母子家庭生活で、子供が2人の3人家族だから上手な節約が必要

母子家庭で、子供の人数が増えるほど頑張る必要があるのが節約です。

子供2人だからこそ、協力してみんなで節約を楽しみましょう。

 

<家賃>

家賃は、できるだけ抑えましょう。

できれば、大きな出費である家賃は

5万以内で住める、市営、県営、

雇用促進住宅などに住めれば、ラッキーですね。

 

都会に住んでいて家賃が大変であれば、

いっそのこと、家賃が安い田舎に引っ越すのも

いいと思います。

 

お子さんが転校することを気にして引越しを

考えるお母さんが多いと思いますが、

子供は親が思っているより順応性があるので大丈夫ですよ。

 

慣れるまでは大変な子供もいますが、

新しい場所で心機一転も悪くないと思います。

 

<自炊する>

 

外食1回で1週間分の食費を支払った経験はありませんか?

低価格の安いファミレスでも数千円なくなりますよね。

 

月に2〜3万円を食費として計算しているご家庭が多いと思うのでこれは手痛い出費。

 

できるだけ、外食は避けましょうね。

 

子供と一緒にご飯作りをすれば親子のコミュニケーションも増えますし、

食育にもなりますし、おこさんもママが一生懸命作ってくれたものなら、

ちょっと苦手なものでもパクパク食べてくれたりもします。

 

<知人との外食は大人の人数で割り勘にしてもらう>

 

シングルマザーの中には、友達家族と食事に行ったと時に、

家族割りではなく大人の人数割りにしてもらう人も多いようです。

 

申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、生活のため

 

快く受け入れてくれるお友達に感謝してお願いしましょう。

あなたの収入が安定したらご馳走すればいいだけですしね。

 

<母子家庭であることを宣言する>

 

シングルマザーの中には、近所のおじいちゃん、

おばあちゃんとお話をさせていただき仲良くなった際に、

シングルマザーで子供が食べ盛りで大変だという話をしたところ、

畑でとれた野菜やお米など差し入れをくれるようになったケースもあるのだとか。

 

周囲で自分たちのことを理解してくれる人がいるのは心強い。

 

井上も住んでいるアパートの大家さんとは仲良しで

色々助けていただいています。
<母子家庭アピール>
家電など大物を買う時に「シングルマザーなので、少し金額をまけていただけませんか?」というと、

かなり値段を下げてもらえることが情報もあるそうです。

 

実際、これは試したことはないのですが、

今度、井上も試しに言ってみます。

 

嫌かもしれませんがアピールすることは大事です。

 

むしろ、シングルマザーであることを引け目を感じて生活しているより気持ちいいでしょう。

悪いことをしている訳ではなく、がんばって子育てをしているのですからね。

 

<自治体の補助を利用する>

母子家庭向けのレクリエーション制度など、

自治体によっては母子家庭に補助をしているところがあります。

 

旅行や日帰りバスツアー、ディズニーランドや遊園地のチケットが対象になることがあるので、

お住いの自治体をチェックしてみてくださいね。
旅行などのお出かけは、お金もかかるので行きたくてもなかなか行けないですからきっとお子さんも大喜びでしょう
<保険の見直し>
母子家庭になってから、死亡保障のある生命保険に入った人
学資保険に入った人、掛け金が低いような保険に入り直したが非常に多いです。
私も共済保険に入りましたし、今は将来的にお金を受け取れる積立保険に変えています。
実際、怪我や病気で入院した時に保険のお金がおりて助かったという人も多く
「いざというときのために入っておいてよかった」と言ってる人も多い。
<お風呂は子供と入る>
思春期になるまでは、できるだけ一緒に
お風呂に入ることで光熱費を節約しましょう。
ガス代がかかる追い炊きもいりませんし
こどもと一緒に湯船に浸かればお風呂の量も増えることで、
温かいお湯の中に肩まで温まることができます。
また、背中を流し合えば、親子のスキンシップになります。
リラックスした状態だと思うので、普段いえないことも気軽に話せ、
親子のコミュニケーションにも役立つのではないでしょうか。
<自然光の利用>
太陽の光で家の中が明るいうちは、電気をなるべくつけないようにします。

日が昇っている明るいうちにに活動することを意識することによって、

早寝早起きの習慣やリズムができて、健康のためにもいいでしょう。

 

<寒暖は洋服で調節する>

 

冬の暖房や夏の冷房は思いのほか電気料がかかります。

冬は靴下を履いて足元を温める、夏はできるだけ通気性の良い綿・絹・麻などの素材の衣類をきて、

エアコンに頼らなくても快適に過ごせるようにしましょう。

(ただ、どんどん夏の暑さが強くなっているので無理は禁物です)

 

冬の寒い日は、湯たんぽを作って抱っこしたりお布団に入れて眠ると暖かいですし、

普段の生活でも取り入れられますよ

 

母子家庭で子供2人いても上手に貯金ができる方法教えます

<貯金目標額を常に意識する>

貯金をするときに、重要なのは目標金額を設定することです。

 

そして、期限を作るとなおよし。

こうすることで、無駄使いが減り、

貯金に手をつけなくなる強さが生まれるでしょう。

 

<クレジットカードで支払いを一か所にまとめる>

クレジットカードで支払いをまとめることで、

ポイントを稼ぐことができます。

 

楽天カードは他のカードに比べポイントが貯まりやすいので、

ポイント支払いで出費を抑えて貯金を増やしたいシングルマザーには、

とってもおすすめです。

 

<学資保険に加入する>

 

学資保険は、契約した保険料をきちんと支払えば、

教育資金が必要なタイミングで給付金として

まとまった額を受け取ることができる保険です。

 

できればお子さんが小さい年齢の方が毎月の

負担額が安くすむことが多いでしょう。

 

保険会社にもよりますが、月々5000円程度を支払うと、

子どもが大学に進学する頃には150万円以上の貯蓄になります。

 

解約しない限り自分で勝手にお金を引き出せないので、

確実に貯めることができます。

 

<貯金の心得>

ダイエットだと、夏までに3kg痩せるとかって、

危機感があり目標を立てますよね。

 

それと一緒で、

貯金がないから毎月1万は貯金するっていう危機感と目標を持つことが大切。

立てた目標が、大きな目標の場合、達成しにくケースがあります。

 

最初は出来たとしても、継続がしにくい目標はダメですし、

まず最初は、継続が出来る楽な目標を立てて実行しましょう

 

楽なのに大丈夫?って思う人もいるかもしれませんが、

継続が出来ない大きな金額の貯金と、

継続が出来る小さな貯金を比べた場合、

継続が出来るほうが貯金し続けることが出来ます。

 

継続しやすい目標を立て、それを実行し続けたら、

それを楽しめるように家計簿やお小遣い帳などを付けてみましょう。

 

今日はいくら貯金した、

今月はいくら貯金したっと目に見えれば夢が膨らむと、

貯金することが楽しくなります。

 

楽しく思えれば、無理がない程度に貯金金額を

増やしたりしていけるので、プラスのスパイラルに突入。

 

ケチと節約は違います。

 

貯金するために、色々なものに対して出費を惜しみ続けると、

それがストレスに。

 

そうならないためにも、毎月1万貯金出来たら、

その日には小さなご褒美を自分と子供にプレゼント。

いつもよりも、ちょっと豪華なスイーツや、贅沢なお茶とか

あなたのストレスを緩和出来るものがいいですね。

 

↓【シングルマザー が子供2人いてもお金に困らず強く生きる方法教えます】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

シングルマザーとして生活していく時にきになる生活費は、子供が2人になると1人に比べて金額が多くなります。

うまく節約することも大切ですし、収支の把握も大切となります。

また掛け持つのであれば、在宅ワークが時間の都合がつくのでオススメでしょう。

<応援クリックよろしくお願いいたいます>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング