シングルマザー(母子家庭)の気になる手当。実家だと児童扶養手当はどうなる?
Pocket

 

シングルマザーになり、家賃の負担を減らすため実家に身を寄せることを考えている人もいるのではないでしょうか?

 

実家暮らしには、いいこともたくさんあり、ちょっと損してしまうこともあります。

 

特に母子家庭だからもらえるといった手当に関しては、所得制限がありまして、一家の収入によって、もらえる手当に差が出たり、出なくなったりするんです。

 

今回は、実家ぐらしのメリットと、デメリットとを把握しながら、実家を出る選択肢もいいのではないかという提案もさせていただきます。

 

シングルマザー(母子家庭)の気になる手当。実家だと児童扶養手当はどうなる?

 

シングルマザー(母子家庭)実家暮らしのメリットとは

 

複数の大人と接して人それぞれに違いがあることを肌で体験するのは、それはそれで子どもにとっては良い社会勉強になるでしょう。

 

そして、子どもは複数の大人から愛情を注がれるべきと言われています。

 

あなたの帰りが遅いときや、あなたが病気になったときに、子どもをみていてもらえます。

これは大きなメリット。

 

大人1人で住んでいれば(子どもが大きくなるまでは)どれだけあなたが忙しくても、

疲れていても、体調が悪くてもやることは1つも減りません。

 

家事・育児の負担が減るのも、大きなメリットですよね。

私は、大人1人で幼児と住むときに1番辛いのは ママの病気。

 

家のこと、登園するためのこと、 動けなくてもやることが1つも減らないんです。

少し大きくなれば 子どもも自分でできることが増え、 家のことでも力になってくれるかと思いますが、 保育園時代など、ママが送迎しなければ 登園すらできませんでした。

 

こうしたことを考えると、実家暮らしのメリットは大きいことがわかります。

 

参考:40代シングルマザーの生き方!仕事も恋愛も老後もHAPPYになる3つの方法

 

 

シングルマザー(母子家庭)実家暮らしのデメリットは

 

お金に関係する制度は、家庭の所得によって利用状況が変わるものがほとんどです。

 

大人があなた1人の家庭と比べ、親と同居することで家庭の所得は増えるでしょう。

 

気になる児童扶養手当の受給ですが、母子家庭や父子家庭の場合は、受給資格者である母or父の所得だけが、所得制限の対象となります。

 

しかし、たとえ世帯は別でも、同居人がいる場合は、同居人も含めて所得のある人全員が審査対象となるのです。

 

たとえば、「シングルマザーになって、実家に住んでいる」というようなケースは、審査の対象になります。

 

シングルマザーの両親が「現役で働いている」場合は所得が審査対象になり、引退し「公的年金を受給している」場合も、収入として審査されるのです。

 

シングルファザーやシングルマザーの兄弟姉妹が同居していて、収入がある場合も審査されます。

 

そして、所得のある人がひとりでも所得制限の基準を超えていれば、児童扶養手当は支給されません。

 

母子手当の算定の際に親の所得までみられるので手当額が減る・もらえない。

 

「母子手当を受けている」という条件で利用できる母子家庭の制度が利用できないし、保育料の算定の際に親の所得までみられるので保育料が高くなる。

 

以上の可能性は高くなります。

 

 

保育園に入りにくい地域であれば、母親のあなたが働いていても親が家にいれば「子どもの面倒をみる人がいる」とみられて保育園の入園優先順位が下がってしまいこともあります。

 

 

それから、やはり親もあなたを育てていたときと比べて歳をとっていますので

・疲れやすい

・体力がもたない

・体調を崩しやすい

・注意力が散漫

・意見を曲げられない

・自分の意見を通そうとしてしまう

 

といった困難も出てくるかもしれません。

 

 

参考:離婚しても大丈夫?シングルマザーになるとお金が不安?仕事も収入も安定が大事

 

 

シングルマザー(母子家庭)実家を出るか、実家暮らしを続けるか?

 

シングルマザーになり、実家で同居をはじめたけど・・メリットもあるがストレスがある、といった声もあります。

 

親と生活スタイルが違う、ペースが違う、価値観が違う、育児方針が違う、そもそも相性がよくない。

 

実家暮らしをしているシングルマザーも一苦労。

 

金銭的にはすごく助かっているけど、やはり一度は嫁に出て別々に生活をすると、自分の価値観も変わります。

子供のことを見てくれる協力者だけれども、子育てに関してあまり口出しをされたくない。

 

親子といえども人間関係の1つですから、距離感も大切。

 

仕事がある(パートを含む)方が多いでしょうが、今から自立の準備のためにお仕事を探すのであれば、実家にいる間がいいでしょう。

 

面接を受けに行くとしても、子供のことの調整がしやすい

また、仕事を始めたばかりだとストレスがかかります。

 

引越しをして仕事も始めるとなると、すごく体もしんどいですし、日々疲れてしまってストレスもたまります。

 

まず、ご実家で仕事の環境に慣れてから(少なくても3〜4ヶ月)引越しをする準備をしても遅くはないでしょう。

 

実際働いて、お給料をもらい生活資金がどのくらい確保できるかも、明確にしてからでも遅くはありません。

 

上記でもお伝えしたように、引越しをするだけでもかなりの費用が必要

 

引越しだけではなく、新しい生活を始めるということは、生活用品や寝具・家具など揃えるものがたくさんあります。

 

お金が心配になってくると思いますが、実家を出ようと決めたら行動することが大切になってきます。

 

比較的すぐに実家を出たいために、お金が必要な場合は、お金を増やしましょう。

 

シンママがお金を稼ぐなら、ネットでの在宅ワークが最高に適しています。

5万円、10万円というお金を稼ぎたいというのであれば、ネットでのクラウドソーシングがおすすめ。

 

クラウドソーシングはクラウドワークスやランサーズを通じて、仕事を受注して、それに応じたお金を受け取る仕組みになっています。

 

仕事に応じたお金であるため、確実に稼げるのが大きな魅力で一般的なライティングやデータ入力、アンケートなどの仕事がメインの仕事。

もちろん、プログラミングやヘッダー制作などスキルに応じた仕事もあり、その方が報酬が高くなります。

 

専門的なスキルを持っている場合は、月に10万円や20万円以上を安定的に稼ぐこともできますので、取り組んでみる価値はあるでしょう。

 

仲介サービスを通じて仕事と報酬のやりとりをするため、非常に安全というのが女性にとっておすすめできる理由になります。

 

このように、ネットでの仕事と一言でいっても数多くの種類がありますので、自分の興味が持てるもの、やってみたいと思えるものに挑戦してみてください。

シングルマザーが在宅ワークで給与以上の収入を得ようと思った時、おすすめなのは私自身が取り組んだネットビジネスの流れです。

具体的にいうと、ネットでの在宅ワーク初心者におすすめの不用品販売からスタートして、転売ビジネスにステップアップする方法。

 

転売ビジネスだけでも月に100万円、200万円以上を稼ぐことができるわけですが、もしそれ以上、稼ぎたい場合はメールマガジンを発行して情報起業をすることも可能です。

 

不用品販売や転売ビジネスであれば、結局は自分の行動量次第でお金を稼ぐことができるため、最短・最速で大きな額を稼ぐことができてしまいます。

この流れがおすすめできるのは、仕事への取り組み方がシンプルで初心者でも取り組みやすいこととステップアップ形式になっているから。

 

ネットビジネスは正しく取り組めば間違いなく稼ぐことができる反面、多くの人が挫折してしまうのも事実です。

それゆえ、初心者でも取り組みやすいビジネスからはじめて、まず稼ぐというのが重要になります。

 

そのため、もしあなたが早く稼ぎたいというのであれば、昔の私と同じように不用品販売から転売ビジネスに進んでみてください。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

まとめ

 

シングルマザー(母子家庭)になり、実家に身を寄せる人も多いでしょう。

 

家賃は生活費の大きな負担となりますので、少しでも少ない方がいいでしょうし、ご実家で育児のサポートをしてもらえるととても助かるでしょう。

 

ぜひ、自分の状況や子供の様子をみながら検討していってください。

 

<応援クリックをよろしくお願いします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング