母子家庭生活はお金がない!お金足りない生活苦しいを解決します!
Pocket

 

母子家庭生活は、切実にお金がありませんし、足りません。

仕事を頑張っても、お給料は上がりませんし、突発があると普段よりお給料が下がり、毎月生活が辛くなっていきますよね。

 

平成28年の厚生労働省の発表にある「各種世帯の所得状況」によると

夫婦二人の世帯の貧困は10%に対し、

ひとり親の貧困率は50、8%と半分を超えました。

 

これは、大きな問題ですよね。

やはり一人で子育てするということは経済的にも大変なこと。

 

結局、お金がないので、仕事を増やしたり節約しますよね。

 

最初は楽しくできる節約も、ずっと続けているとうんざりして、ストレスになることも。

 

もう無理〜と思っても、毎日子供と向き合わなくてはいけない現実が本当に苦しいですよね。

今回は、そんな苦しい母子家庭生活の貧困から抜け出す方法をお伝えしていきます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

母子家庭生活はお金ない!生活保護に頼らず貧困から抜け出す方法とは?

母子家庭の貧困と原因

シングルマザーの貧困は、上記にもありますように厳しい状況ですよね。

その背景には、一人で全てを行うことの大変な部分が浮き彫りになります。

 

<フルタイムで働くことができない>

ママさんがフルタイムで働くことができなければ、生活費が足りない状況になりますよね。

 

シングルマザ0が貧困状況になることが多い理由は、こうした働き方が理由でもあります。

専業主婦での離婚や、子育てで退職したりすると、社会復帰も難しくなります。

シングルマザーになり、収入が欲しくて正社員になりたいと思ってみ、なかなか仕事につけないという環境にいる方も多いのではないでしょうか。

 

<一人での子育て>

パートだけで働いていた女性が、いきなり離婚や死別でシングルマザーになると、収入がすくなくすぐに貧困に陥ります。

 

しかも、ご実家などで頼るところがない場合は、家の中で家事や育児を手伝ってくれる人もいないため、さらに外に出て働く時間が限られてしまうでしょう。

 

<養育費がもらえない、もらえなくなる>

離婚をして養育費がきちんと支払われない時も、シングルマザーの貧しさの原因になるでしょう。

ほんとうは、お子さんの真剣を持つのがパパ側でも、ママ側でも、離婚後の生活でお子さん扶養する義務(生活保持義務)はお互いにあります。

つまり、シングルマザーとしてお子さんを育てている場合でも、お父さんはお子さんとの縁がきれるわけでもありませんし、自分と同じくらいの生活をさせる責任があるのです。

 

そのため、経済的に困ることが多くなるシングエウマザーには、父親側から養育費を渡すのは、当然のこととなってきます。

 

ではどうしたら、貧困から逃れられるか?

手当を受ける

母子家庭の場合は利用できる公的支援制度も多いので、まずは次のような支援を最大限活用しましょう。

 

児童手当

児童手当は「子ども手当」とも呼ばれ、母子家庭に限らず0歳から中学生までの児童がいる世帯であれば支給対象となります。

世帯の所得や子供の年齢、人数によっても違いますが、0歳~3歳未満の児童であれば上限の15000円が支給されます。

 

児童扶養手当

離婚や死別などによって一人親となった世帯の児童に対し支給されるもので、18歳以後の最初の3月31日までの間にある児童がいる世帯が対象となります。

支給額は世帯の所得によっても違いますが、全部支給の場合は児童一人につき最大42330円となり、

2人目以降はさらに1万円や5000円が増額されます。

 

児童育成手当

一人親家庭で18歳未満の児童がいる世帯が支給対象となります。ただし、市区町村によって支給状況や金額が違うので、詳しくはお住まいの市区町村で確認してみてください。

支給額の目安としては15000円前後の場合が多いようです。

 

ひとり親家庭住宅手当

20歳未満の児童を養育しながら月額1万円以上の賃貸住宅に住む一人親家庭が対象となる手当で、

自治体が定める基準を満たせば月額5000円~15000円の援助を受けることができます。

 

就学援助

子どもの給食費や修学旅行の積立費用、授業に必要な文房具などを購入するための費用を自治体が援助してくれる制度です。

支給額は子供の年齢や費用項目などによって違いますが、給食費や修学旅行の積立費用などは全額援助してもらえる場合もあります。

母子家庭手当などを受け取っていても家計が苦しい場合は、低金利で利用できる国の貸付制度を検討してみると良いでしょう。

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

貸付や奨学金

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者世帯の生活を経済的に支えるためのもので、市区町村の社会福祉協議会が窓口となり実施しています。

貸付制度の種類はいくつかありますが、「緊急小口資金貸付」であれば最短5日ほどで最大10万円まで借入が可能です。貸付制度の一例は次の通りです。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは、一人親家庭の経済的自立を支援することを目的にした制度で、就労、引っ越し、子供の修学費用や結婚資金など、生活に必要な様々な資金を借りることができます。

 

お金を増やす

お金を増やすというと、株式やFXなどの投資を想像されるかと思いますが、私は個人的に勧められません。

 

まず、投資するだけの蓄えがありませんし、失敗した時のことを考えたらリスクが大きすぎますよね。

貯蓄がなくなったらと考えると怖くてできません。

 

私が現在行なっている仕事は、在宅ワーク。

 

個人でやるお仕事のため、自分で全て責任を持たなければいけないので、大変なこともありますが、なんといっても、時間が自由であることと、やればやっただけ収入が得られるということ。

 

しかも、パソコンがあればいつでも始められます。

 

パソコンが苦手な方も、安心してください。私も、在宅ワークを始める前は、パソコンすら持っていませんでしたし、スマートフォンをいじる程度でした。

 

在宅ワークの中のお仕事にもたくさん種類があり、すぐお金になる、

時間がかかるが軌道に乗れば収入が増えていく、自分の特技を仕事にするなど、自分に適した仕事を探すことができます。

 

シングルマザーが仕事が探せない理由は、時間だったり、子供のことが大きいので、在宅で仕事ができれば両立が可能。

 

むしろ、シングルマザーこそ自立するために在宅ワークをした方がいいのではないでしょうか。

オススメしているポイントサイトはA8ネットです。

もし、自分のブログがあれば、その商品を広告をブログに載せて商品が売れれば、利益がもらえます。

 

また、セルフバックといって、自分が商品を購入するだけでお金が帰ってくるといった仕組みもあります。

 

セルフバックを利用すればお得に購入できるのでセルフバック対象プログラムかチェックしてみてくださいね。

 

もうひとつの在宅ワークがブログアフィリエイト

これが一番オススメで、ブログを書いて商品広告を載せると、その広告を見た方が商品を買うとでお金がもらえる仕組み。

 

ブログは自宅で書けるので、育児中の隙間時間にできますよね。

記事が増えれば、増えるほどお金が増えますし、努力した分だけ収入が増えるという素晴らしい仕組みです。

 

ブログアフィリエイトは、自分が作ったブログに商品広告を貼り、ブログを見にきてくれた方が、商品を買うと利益が生まれる仕組み。

 

ブログにアクセスが集まると、何もしなくてもお金が生まれ続けます。

ただし、アクセスが集まるまでが大変。

 

成果がでるまでに3〜6ヶ月かかりますし、毎日コツコツと記事を書き続けなければなりません。

まさに、努力と継続力・忍耐が必要なお仕事です。

 

しかし、パソコンがあればブログが作れるので、元手が一切いらないことが魅力的ですし、お金になるブログが作ることができれば、資産の構築になるんです。

資産というくらいですから、すぐ手に入ることを想像するかもしれませんが、実はそうではありません。

 

パソコン初心者がパソコンを使いこなせるようにも努力が必要であるように、ブログの構築にも継続的な努力と地道な作業が必要。

 

ただ、そこだけをクリアできればもう大丈夫です!

継続して努力した分だけ、実りは大きくなります。

 

大変な時期が来たなと思ったら、「将来の種まきをしているんだ」と思い乗り越えると素晴らしい収穫時期がくる。

 

必要なのは、パソコンとインターネットの環境があれば今すぐできますし、少しでも気になるのであれば1日でも早くから始める方が得です。

シングルマザーが節約を上手に行う方法

収入をあげながら、上手に節約もしていきましょう。

子供にかかる普段の、教育費の見直しも大事です。

 

教育費とは、学校の授業料だけではありません。

 

学習塾や家庭教師、通信費なども含まれます。

 

よく、テレビなどで「シングルマザーの子供は、塾に通えないので学力の低下、

大学の進学率が下がるので、お給料が減る」と聞いたことはありませんか?

 

ちょっと、時代遅れのメッセージになりますが、これからの社会は学歴社会がものをいう時代ではありません。

 

ただ、勉強ができればいいという話だけではなくなるでしょう。

まず、本を読むことを積極的に行い、学力低下になりづらい環境をつくり、親も一緒に学習する姿勢を見せていくことが大事。

 

親ができることが、お金をかけて学習塾に通わせることだけではありません。

これからの時代を生き抜く力をつけさせることだと私は思います。

 

<時間の節約も必要となる>

シングルマザーの生活は、母一人で家事や育児、そして収入を得るために仕事をするという3役をこなさなければなりません。

お金を節約することと同時に、時間を節約する必要もあります。

 

なので、なんでも手作りをしてしまうと時間を浪費してしまうこともあるので、結局無駄になってしまうことも少なくありません。

お金の節約には時間がかかります。安いものを求めてスーパーをはしごをするのも、無駄な時間と、体力の消耗になります。

無理のない程度でも節約が必要になりますね。

 

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

母子家庭生活で、切っても切れないお金の話は、今後の生活を左右する大切なポイントですよね。

できれば、お金に困らずに生活していきたいものです。

 

私も離婚当時、がむしゃらに節約や仕事してきたので、もっと効率よく力を抜いてお金を増やせばいいのだと気がつきました。

 

あなたにできることから少しづつ続けていけたらいいですね。

一緒に頑張っていきましょう。

***

毎日メールを書いているので

よかったら、あなたのシングルマザー生活のお役に立てれば嬉しいです。

(登録解除もすぐにできます。)

 

↓登録はこちらから↓

↓【シングルマザーの自分らしく好きなことをして生きていく方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

<応援クリックお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング