母子家庭生活で収入を上げたい!生活費はどのくらい?お金の増やし方教えます!
Pocket

 

母子家庭生活を続けていると、日々の節約の成果が出ない時、急の出費があった時、どうしても欲しいものを買ってしまった時が重なると、せっかくの努力(節約)が無駄になってしまった気持ちになってしまいますよね。

 

なんで、こんなに頑張っているのにお金がないんだろう。

みんな、同じように生活できているのかな。

 

収入を増やす方法はないのだろうか?

色々考えてしまう気持ち、とてもわかります。

 

毎日必死で生活している中でも、一生懸命収入をあげるための努力をしようとしている人必見です。

収入を増やす方法があります。

 

それは、今サラリーマンや主婦の間でも人気のお仕事、在宅ワーク。

今回は、収入を上げたい母子家庭の方に、他の方の生活スタイルと、今取り組んでいる以外の節約方法とお金の増やし方をお伝えします。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

母子家庭生活で収入を上げたい!生活費はどのくらい?お金の増やし方教えます!

 

母子家庭生活の実際の収入と生活費

 

母子家庭の平均年収が低い理由は、安定した収入を得られないため。

母子家庭ではパートタイムで働いている方が多く、仕事を持つご家庭は約80%、パートやアルバイトで働いている方は約50%だと言われています。

 

それに比べて、父子家庭では約90%以上の世帯の方が仕事に就いており、パートで働いている方は約10%以下となっているようです。

つまり、父子家庭に比べて母子家庭は正社員として働く方が少ないために、平均年収が低いという現状になっているのです。

 

母子家庭の年収はひとり親になった経緯により異なります。

 

死別の場合:約450万円
離婚の場合:約275万円
生別の場合:約278万円
未婚の場合:約310万円
その他:約250万円

 

死別の場合に母子家庭の平均年収が高くなっているのでは、遺族年金や生命保険などの収入が加わるためだと考えられます。

就業別に平均年収の内訳を見てみると、

 

正規雇用の場合:約270万円
パート・アルバイトの場合:約125万円

 

以上の年収差になっています。

正規雇用とパート、アルバイトで年収を比べると、100万円以上も格差があることがわかります。

 

同じ年収200万円でも家族構成や社会保険の有無によって手取りは変わりますが、平均してみると、手取り月収15万円程度、手取り180万円程度でしょう。

月15万円の収入でどうやって生活しているか見てみましょう。

 

費目金額
家賃45000
光熱費10000
通信費8000
食費・日用品30000
自分のお小遣い10000
雑費・レジャー20000
生命保険2000
学資保険7500
子供費5000
合計137500

 

実際に当時、私が年収200万円以下の時の生活費をまとめてみました。

残りは貯蓄に回していたのと、冠婚葬祭に備えて貯蓄していました。

 

また、児童扶養手当や児童手当は全て貯金をしていましたし、他のシングルマザーの話を聞くと同じく一切手をつけずに貯金している人がほとんど。

ここまでみても本当に、シングルマザー は頑張って生活していることがわかります。

 

だって、他に出費が出てきた時に出すお金がないじゃないですか

毎月ヒヤヒヤしていたことを思い出します。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

上手に節約する方法

 

シングルマザーにとって節約は必須ですよね。

もう、いつもお金のことが頭から離れられない。

 

食費の節約方法には、買い物に行く前に自宅にある食材をメモしてから行くことで無駄買いを防いだり、特売日にまとめて購入した野菜を一週間分のストック食材としてメニューを考えたり、といったコツがあります。

 

アイデア一つで楽しく節約できる費用。

 

テストや受験前には、学校外でも教育を受けさせたいと思うこともあるでしょう。
ただ、毎月数千〜数万円が必要となる塾や家庭教師代は、家計を圧迫します。

 

実は、各自治体によっては、教育支援サービスを提供している場合もあります。

 

例えば、私が住む地域では、ひとり親家庭学習支援として無料で家庭教師を派遣するサービスがあります。

 

他にも自治体が支援している学校外の教育サービスがありますので、色々調べて活用しましょう。

 

公共料金については、条件に当てはまり、かつ申請をすることで水道料金の減免制度を利用できます。

 

基本料金および消費税等の免除がありますので、減免条件も含め詳しくは各自治体のHP等で調べてみましょう。

 

また、児童扶養手当を受けている方と生計を同じくする都内在住者が対象となり電車バスの料金が安くなります。

申請すると、ICカードで都営交通無料乗車券1年分が支給されます。

 

これを利用することで、都バスや都電を利用することができます。

 

あとは、電気の時間帯割引もあるそうです。

 

私自身は導入はしていませんが、昼間全く電気を使わない方は時間帯割引のサービスを使うとグッと電気代が安くなることがあります。

 

生活スタイルによってプランを変えることも検討してみると良いかもしれません。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

今から取り組めるお金の増やし方

 

ここからは、たくさんのお金を作る方法をお伝えします。

 

不用品販売

 

まずは、家にある不用品を何でも売ってください。

 

貰い物で使わないものや・子供や自分の使わなくなったものでかまいませんので、ヤフオクやメルカリなどのサイトで売ってみるとかなりお金になります。

 

何かを捨てる前に「これ売れるかな」と考えて売ってみると、欲しい人は絶対いるのでビックリしたことを覚えています。

 

私も実際5〜10万円くらいもらえましたし、実際に20〜30万円のお金を手にした人もいます。

これなら、元手はいりませんよね。

 

お小遣いサイト

 

登録は無料が多く、ゲームをしたり、アンケートに答えたりするとポイントがもらえたりお買い物やクリックでもポイントを貯めることができてオススメ。

溜まったポイントはお金やギフト券に変えられます。

 

ネットショップ

 

少し蓄えがある方や、クレジット枠がある方にオススメで、お店や個人から安く商品を仕入れて、自分のネットショップを作り売る。

ただそれだけです。

お仕事しながら誰でもできますし、実際私も看護師をしながら20〜40万を稼ぎました。

 

ブログアフィリエイト

これが一番オススメで、ブログを書いて商品広告を載せると、その広告を見た方が商品を買うとでお金がもらえる仕組み。

ブログは自宅で書けるので、育児中の隙間時間にできますよね。

記事が増えれば、増えるほどお金が増えますし、努力した分だけ収入が増えるという素晴らしい仕組みです。

 

ブログアフィリエイトは、自分が作ったブログに商品広告を貼り、ブログを見にきてくれた方が、商品を買うと利益が生まれる仕組み。

 

ブログにアクセスが集まると、何もしなくてもお金が生まれ続けます。

ただし、アクセスが集まるまでが大変。

 

成果がでるまでに3〜6ヶ月かかりますし、毎日コツコツと記事を書き続けなければなりません。

まさに、努力と継続力・忍耐が必要なお仕事です。

 

しかし、パソコンがあればブログが作れるので、元手が一切いらないことが魅力的ですし、お金になるブログが作ることができれば、資産の構築になるんです。

資産というくらいですから、すぐ手に入ることを想像するかもしれませんが、実はそうではありません。

 

パソコン初心者がパソコンを使いこなせるようにも努力が必要であるように、ブログの構築にも継続的な努力と地道な作業が必要。

 

ただ、そこだけをクリアできればもう大丈夫です!

継続して努力した分だけ、実りは大きくなります。

 

大変な時期が来たなと思ったら、「将来の種まきをしているんだ」と思い乗り越えると素晴らしい収穫時期がくる。

 

必要なのは、パソコンとインターネットの環境があれば今すぐできますし、少しでも気になるのであれば1日でも早くから始める方が得です。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

母子家庭生活は、十分な収入を得られないことが多いですよね。そんなお金に対して不安が大きい気持ちは、自分が行なっている方法以外のことを知ることから始まるかもしれませんね。

 

節約方法も、お金を増やす方法も、知らないことばかり。

自分のスタイルにあった節約や収入を増やす方法を始められるといいですね。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング