離婚したシングルマザーはお金が不安!母子家庭で強く生きる方法とは?
Pocket

 

 

離婚を考えているけど、とにかくお金のことが不安。

仕事も続けられるかわからないし、お給料もそんなに高くない。

 

離婚はしたいけれども、シングルマザー生活に不安を感じたという理由に、

離婚をためらわれている方も、多いのではないでしょうか。

 

今回は、離婚を考えている方が抱えるお金の不安を少しでも軽くできるように、

シングルマザーのお金についてお伝えしていきます。

 

離婚したシングルマザーはお金が不安!母子家庭で強く生きる方法とは?

 

必要なお金と1ヶ月の生活費

 

マンションやアパートなど、賃貸物件を借りる際には初期費用がかかります。

 

仲介手数料や保証金、前家賃などで、

だいたい家賃の5~6倍の費用がかかると思っておくと良いでしょう。

 

たとえば、5万円の物件を借りる場合は25~30万円ほど、あるといいでしょう。

 

※お金を用意できない場合

実家に身を寄せるのが一番おすすめ

 

また、元ご主人が住居費を負担してくれるなら、

今住んでいる家にしばらくは住むという選択肢もあります。

 

新たに洗濯機や冷蔵庫、家具などを買う場合は、その費用も必要でしょう。

 

生活に必要な家電類を揃える場合、最低限のものであれば10万円もあれば購入できます。

 

 

※お金を用意できない場合

財産分与や慰謝料として、今ある家財をもらうという方法もあります。

 

また、長くは使えないかもいしれませんが、

リサイクルショップで安いものを探すのも良いでしょう。

 

また、仕事をしていない状況で離婚後引越ししてからの就職活動となると、

金銭的にかなり厳しくなるでしょう。

 

その場合は、当面の生活費を確保してから家を、出ることをオススメします。

(目安は引越し費用を除き、2〜3ヶ月は生活できるくらいの貯金)

 

では、現実的に1ヶ月どのくらいの生活費がかかるのでしょうか?

 

 

住居費

5万円まで

小学生の子供が1人であれば狭いアパートに住むことが可能。

公営住宅に入居できれば大幅に削減できますね。

(抽選にエントリーする場合があります)

 

食費

3万円まで

男の子の場合は必然的にたくさん食べるので食費が高めになりますが、

母子2人ならこの程度に抑えることも可能でしょうね。

 

食費を減らし過ぎると栄養バランスがとれなくて、

医療費がかかってしまうケースもあるので、削りすぎに注意です。

 

(シングルマザーの貧困はここまで重大なんですよね、、)

 

日用品費

1万5千円

食費以外に必要な日用品、洗濯洗剤や台所で使う洗剤、

ハンドソープ、シャンプーやリンス、掃除用具、ティッシュペーパー、ゴミ袋、スポンジなどの費用です。

 

光熱・水道費

1万円

基本料金によっても差がありますが、節約しても1万くらいはかかってしまいます。

寒冷地の場合は、冬の暖房費を加算しなくてはいけません。

 

交通・通信費

2万円

子供の交通費は必要なく、親の通勤にかかる金額とスマホ代、ネット利用代金です。

スマホは格安スマホの利用により大幅に削減できます。

 

教育費

2万円

公立小学校の学費と習い事でかかる費用です。

ノートやえんぴつなどの文房具、学習用品も含みます。

 

生命保険料

5千円

県民共済などの安い保険に母と子供が加入した場合です。

 

美容・衣服など

1万円

子供の洋服代も含みます。

こだわりがないならもっと安くできますが、

お母さんのお仕事が営業職や販売職など人と接するお仕事の場合、

意外に削りにくい支出でもあります。

 

お化粧品などもここに含まれますね。

身だしなみを整えることも大事なお仕事でしょう。

 

レジャー費

1万円くらい

母子家庭だからこそ休日にお出掛けをする機会が多いので、1万円を予算としました。

しかし、削ろうと思えば少なくできる支出ですので、経済状況によって工夫しましょう。

 

1ヶ月合計17万円

 

以上の内訳合計170000円になります。

 

お子さんが1人の場合は比較的支出が少なく抑えられるので、

さらに出費を減らすような節約をすれば貯金額を増やすことも可能です。

 

 

手当を受給する

 

離婚した母子家庭やシングルマザーが、もらえる手当を受け取りたいなら、

まずはどんな物があるのか知ることが大切です。

 

自分がその手当や助成金を受け取る資格があるのか、知ることからはじめます。

 

離婚して母子家庭になった家庭への助成金や手当は地方自治体が窓口になって行っていることが多いので、

まずはあなたの住む地域の市区町村役場へ行って相談してみましょう。

 

離婚後に手当をもらえる条件かどうかをチェック

 

自分の住所の地方自治体のHPなどを見ても、

条件が詳しく書いていないこともありますね。

 

自分が離婚した母子家庭やシングルマザーの助成金・手当を受け取れるのかは、

直接行って自分の収入や家族構成などを話して、担当者に聞くのが一番早いでしょう。

 

児童手当

私の住む市内では市内に住民登録があり、児童を監護し、

かつ、生計を同一にする父または母等で、

生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。

 

父母に養育されていない児童の場合は、

児童を監護し、かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで

(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限があります。

 

受給できる方の条件は

出生などにより、新たに児童を養育する方

既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方

他の市町村で既に受給していて、その市に転入された方 

 

※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。遡って手当を受けることはできません。

 

必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。

なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、

出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

 

児童扶養手当

 

 

父親または母親のいない家庭や、

父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、

父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

 

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

 

自立の促進を目的とした手当です。

 

児童数、所得により金額が変わりますが、全額支給だと40000円以上いただけます。

支給回数や・正確な金額はしっかり調べておきましょう。

 

 

受給資格は、

次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、

または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

 

父母が離婚したお子さん

父親または母親が死亡したお子さん

父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん

父親または母親の生死が明らかでないお子さん

父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん

父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん

父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん

母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

 

 

特別児童扶養手当

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、

その児童の保護者に対して支給される国の手当です。

1級と2級があり金額が違います。

 

遺族年金

遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受け取れる金額が異なります。

死別の場合は、ご主人がどんなお仕事をされていたかによって受けられる金額が違うようです。

 

ひとり親家族等医療費助成制度

お母さん又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度。

(父子家庭にも該当します)

18歳年度未満末の児童で生活保護を受けていない家庭に対象となるようです。

 

 

児童育成手当

私の自治体ではない手当ですが、東京都にはこの手当があるようです。

 

ひとり親家庭等の児童の心身の健やかな成長に寄与することを趣旨として支給するものであり、

児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

 

月額、対象児童1人につき13500円(年に3回の受給)

離婚して母子家庭になっても助成金や手当が受け取れない人の目安は

 

実家に住んでいて親に面倒を見てもらっている

結婚はしていないが同居人がいて養ってもらっている

 

 

この2点でしょう。

他にもありますので、市区町村役場で確認しましょう。

 

また、離婚するにあたり、養育費の請求や、財産分与、

慰謝料も関わってくるので、並行して考えていく必要があります。

 

参考:離婚でシングルマザーになるとお金が不安?今からできる3つの心構え

 

 

増やすお金

 

一番心配なのは、お金の心配。

 

離婚ができて、引越しをして、新しい生活を始められたとしても、

そのあとに生活が続けられないとなると、苦しくなってしまいます。

 

そんな中みなさんは、どのように金を増やし、生活を安定させているのでしょうか?

 

節約を意識して工夫している人が大半の中、

どうしても節約が苦手で収入を増やす方に努力していたという人もいます。

 

 

シングルマザー のみなさんが収入を増やすために、

例えば以下のようなことをしていたそうです。

 

単純に仕事を増やして収入を増やしていた

上級資格の取得

転職

子供が小さくて短時間しか働けない時に、逆に開き直ってその間資格をとっておく

可能な限り残業をして少しでも稼ぐ

通信講座で資格の勉強

ネット副業をよく検索していた

 

目先の収入を増やす方法と、長期的に見て徐々に収入をあげていくため、働きながら勉強もしていく方法。

 

ただでさえ忙しいのに、本当に頭が下がります。

 

でもそれくらいしていかないと、不安でしかたないのが現実。

 

生きていくため、子供を育てていくため真剣で、愛情があるからこそがんばれるのです。

 

まさに、母は強し。

 

私の場合は、看護師の免許をとったことと、

在宅ワークをすることで、かなりお金は安定しています。

 

勉強中は、かなり大変だったので近くの実家に住む母の協力が、あってこそ実現しました。

 

やはり、一人で頑張りすぎないこともとても大切なんですよね。

 

ちなみに、各自治体によって支援制度の内容が違うため、詳細はお住いの地域で確認してくださいね。

 

例えば医療費が中学生まで無料だったり、待機児童がゼロだったり、

保育料がダントツ安いとか、家賃補助がある、0歳児から手当をもらえる所など・・・

 

地域によってかなり差があるので、シングルマザーが住みやすい、

支援の充実している地域に、引っ越すというのも一つの方法かもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

これから、離婚を考えている人が一番心配になるのが、お金の不安でしょう。

 

先が見えない不安と戦うのはとても、怖いし何か起こったらどうしようと心配です。

 

少しでも、皆さんの不安が消えて、前向きな離婚をすることができますように。

 

もちろん、シングルマザー生活を想像して離婚をやめる選択肢もあり。

 

迷っている間は決断しないほうがいいでしょう。

 

 

 

<応援クリックをよろしくお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング