シングルマザー生活で余裕がない時は?お金がない時に楽しく生きる3つの方法とは?
Pocket

 

シングルマザー生活で余裕がない時はどんな時ですか?

全部!

 

わかります。確かにその通りです。

もう、必死すぎてわかんないんですよね正直なところ。

 

振り返る時もないですし、前を向いて進むしかなくて、目の前のことをやるだけの毎日でしょう。

お金もないですし、そんな中でも楽しく生きれたらどんなに幸せか。

 

今回は、母子家庭生活で余裕がない時に楽しく生きる方法をお伝えしていきます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

シングルマザー生活で余裕がない時は?お金がない時に楽しく生きる方法とは?

 

お金がないときは?

 

まず、

 

「ママのお給料は安いからうちにはお金がない」

「パパが養育費を払ってくれない」

 

など、お金がないことを子どもに言うのはやめましょう。

子どもは、

 

「お金がないのは自分のせいなんだ」と思い、ひどく傷つきます。

 

たとえどんなに生活が苦しくても、お金に関することは子どもには言わないでおきたいもの。

母親自身が「大丈夫。なんとかなる。」と自分に言い聞かせ、あまり深く思い悩まないことです。

 

お金の心配はシングルマザーなら誰しもあることですが、ストレスがたまり、子どもにあたってまた自己嫌悪に陥いる、という悪循環にもなりかねません。

 

お金がない時に収入を増やしたいと考えるでしょう。

 

まず、考えつくのは、

  • 単純に仕事を増やして収入を増やしていた
  • 上級資格の取得
  • 転職
  • 子供が小さくて短時間しか働けない時に、逆に開き直ってその間資格をとっておく
  • 可能な限り残業をして少しでも稼ぐ
  • 通信講座で資格の勉強
  • ネット副業をよく検索していた

 

といった事柄でしょう。

あなたにできそうなことはいくつありますか?

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

時間がない時は?

 

普段仕事で子供とあまり一緒にいられない分、皆、お子さんと遊ぶときは『めいっぱい向き合う』ことを心がけているようですね。

 

それから自分一人でがんばりすぎないことが大切

うまく両立している人は、甘え上手でもあるのかも。

 

両親や友人、会社の人、近所の人まで協力してもらえる人には頼み込んでみたり、母子家庭用の支援や公共の様々なサービスを調べて利用していくことも大切ですね。

 

そんな風に上手に頼って、使えるものは使っていくことは自分が元気に過ごしていくために必要だし、それが子供のためにも繋がっているんだなと思いました。

 

そして、子供が小さいうちにお金を貯めたり、大きくなってきたら子供自身が自分で何でもできるように自立を促し、お手伝いをさせていく。

 

 

そしてその頃自分はもっと稼げる仕事へシフトしていけるように準備していくという素敵な人も。

 

子供の成長に合わせて、先の将来を見据えながら計画的に行動することも大事なんですね。

一生大変な時期が続くわけではないですもん。

 

子供はあっという間に成長していって、すぐに助けてもらえるようにもなるし、気がづいたら巣立っていってしまい、自分の幸せを考えなきゃって焦るときがくるかもしれません。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない生活苦しい時には?不安解消4つの法則

 

一人で寂しい時は?

 

離婚を決意したということは、結婚しているときよりいい方向へ向かうためだったはず。

 

本当に大変なシングルマザーという道を選んだのですから、子どもたちと協力し合って、楽しく幸せだと思いながら暮らしたいですよね。

 

たとえ、不満を言いたくなることがあったとしても、10秒間グッとこらえて、深呼吸してみましょう。

そして、子どもがいることで、どんなに幸せかを思い出してみてください。

 

小さかったときのこと、愛らしい寝顔が、嫌な感情を全部吹っ飛ばしてくれませんか?

 

そして、完全な一人と、ちょっと話ができる男性がいるのとでは、天と地の差くらい、精神的に違うので、そういう人を探してみてもいいでしょう。

 

ストレスや悩みを抱え込まずに、共感してもらえる人や優しく気遣ってくれる人に話をする。

それだけで、心に余裕が生まれます

 

シングルマザー自身「子持ちなんて需要がない」と思いがちですが、実は意外とモテます。

 

例えば若い未婚の女性の場合、男性に対して「結婚して、子供を作って、これから家計を支えていって」と求めるのが普通です。

 

でも同じ世代の若い男性やバツイチで前の奥さんとの子供がいる人などは特に、その求婚が重いと感じ、逃げてしまうことも。

その点、シングルマザーはすでに自分1人でも強くしっかり仕事と子育てをしていく覚悟ができているから男性にそれほど期待はしていない。

 

 

女性側も子供が一番なので、「時々、話を聞いてもらえる男性」を求めているため、男性にとっては重くない相手です。

 

だから男性からすると、時々支え合う関係ってある意味男としてのプレッシャーがなく、自然に純粋な気持ちで接して仲良くなりやすい。

まだまだ自由でいたいけど、そんな一人でがんばっている女性の魅力に魅かれ、支えてあげたい気持ちが芽生えたりする男性も。

 

 

シングルマザーの人からしても、籍を入れる入れないという形にこだわらなくても、自分を好きになってくれて、何かあったとき相談に乗ってくれたり、手伝ってくれたり、友人や他人には頼みにくいことでも頼めたりしたら、心身ともにすごく助かる存在になりますよね。

 

たまには一緒にバカ騒ぎして思いっきり楽しい時間をすごしてもいいし。

気晴らしをすることも時には必要。(毎日の子育てをこれからもがんばっていくためにも。)

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザー生活で一番大切なのは、どれだけ人生を楽しめるかで決まります。

ハッキリ言って追い詰められる事ばかりなので、毎日厳しい状況でしょう。

しかし、そんなことばかり考えていると、暗い表情になり、子供も心配になります。

 

なんのために、一人で子育てをしていますか?

こどものためです。

 

幸せなシングルマザー目指して今日も楽しくいきましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング