Pocket

 

離婚が決まりそうで、シングルマザーになった時のことを想像する。

はたして、自分はやっていけるだろうか?

 

生活するためのお金はどうしよう。

離婚前のママは、たくさん考えることがありますし、子供のことや、ご主人との関係性との合間を取りながら、新しい生活に向けて準備が必要ですね。

 

また、離婚を悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

離婚後の生活が想像できて、一歩踏み出す勇気ができれば、その辛い状況から抜け出すこともできるかもしれませんね。

 

基本的に、離婚をすることに対して賛成ではありませんが、本当に苦しいのに「子供のため」と離婚を躊躇するのは、板挟みになった子供もかわいそうだとも感じます。

 

今回は、離婚を決めたり、考えている方にシングルマザー になったら、どんな手当や制度を利用できて、さらに収入を増やす方法があるとすれば、絶対に知りたいでしょうから、少し難しい内容もありますが、お伝えしていきたいと考えます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

スポンサードサーチ

離婚してシングルマザーになるなら?手当の把握と収入を増やす方法を教えます!

 

母子家庭手当の把握と利用できる制度

児童手当

私の住む市内では市内に住民登録があり、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父または母等で、生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。父母に養育されていない児童の場合は、児童を監護し、かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限あり。

 

受給期間と申請が必要な方は

  • 10月(6月分から9月分まで)
  • 2月(10月分から1月分まで)
  • 6月(2月分から5月分まで)

 

  • 出生などにより、新たに児童を養育する方
  • 既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方
  • 他の市町村で既に受給していて、入間市に転入された方 

 

※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。遡って手当を受けることはできません。必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

 

児童扶養手当

父親または母親のいない家庭や、父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

自立の促進を目的とした手当です。

 

児童数、所得により金額が変わりますが、全額支給だと40000円以上いただけます。

支給回数や・正確な金額はしっかり調べておきましょう。

 

 

受給資格は、

次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

 

  • 父母が離婚したお子さん
  • 父親または母親が死亡したお子さん
  • 父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん
  • 父親または母親の生死が明らかでないお子さん
  • 父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん
  • 父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん
  • 父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん
  • 母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

 

 

特別児童扶養手当

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、

その児童の保護者に対して支給される国の手当です。

1級と2級があり金額が違います。

 

遺族年金

遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受け取れる金額が異なります。

死別の場合は、ご主人がどんなお仕事をされていたかによって受けられる金額が違うようです。

 

ひとり親家族等医療費助成制度

お母さん又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度です。(父子家庭にも該当します)

18歳年度未満末の児童で生活保護を受けていない家庭に対象となるようです。

 

 

児童育成手当

私の自治体ではない手当ですが、東京都にはこの手当があるようです。

ひとり親家庭等の児童の心身の健やかな成長に寄与することを趣旨として支給するものであり、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

 

月額、対象児童1人につき13500円(年に3回の受給)

 

 

 

遺族年金

公的年金に加入している本人が亡くなったときに、その子どもや配偶者などに給付される、いわば公的年金の死亡保障制度。

遺族である子どもや配偶者の年齢、所得によって給付内容が変わってきます。

 

遺族年金の種類

遺族年金には、職業の区別なく受け取れる遺族基礎年金と、厚生年金に加入していた方の遺族が受け取れる遺族厚生年金があります。

遺族基礎年金は子どもによって加算が発生しますが、「子ども」となるのは18歳に到達して最初の3月31日まで。

遺族厚生年金は、死亡した人が一定以上の厚生年金を収めている必要があるなどの条件がありますが、遺族基礎年金よりも受給対象者が広くなっています。

母子家庭では、状況によっては両方を受給することができますが、再婚や事実婚などをした場合は、どちらも受け取ることができなくなります。

 

寡婦控除

納税者本人が寡婦であると認められたときに受けられる所得控除のこと。

条件として、離婚や死別、生死不明などで夫がおらず、一定以下の所得で単身もしくは扶養親族・子どもと暮らしている方が受けられます。

母子家庭の場合には「特定の寡婦」と認められる場合もあり、通常の控除に加えてさらに控除額が上乗せされることも。

母子家庭で収入の少ない母親にとっては、ありがたい制度ですね。

 

マザーズハローワーク

ハローワークのなかでも、特に子育て中の女性の就職活動サポートに特化した施設。

専門スタッフが職業紹介をしてくれる点は通常のハローワークと同様ですが、子どもを連れていくことができます。

 

また、施設によってはママが相談している間に子どもを遊ばせておけるキッズコーナーや、セミナー参加者用の託児スペースを設けていることも。

 

お住まいの地域によっては予約が必要な場合もありますので、問い合わせてみましょう。

 

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭の親の、主体的な能力開発の取り組みを支援する制度。

 

雇用保険の教育訓練給付が受給できない方が対象で、教育訓練を受講し修了した場合に、経費の20%(4001円以上~上限10000円が上限)が支給されます。

受講前に自治体から講座の指定を受ける必要があるので、事前にお住まいの地域の市役所や区役所に相談しましょう。

 

高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練修了支援給付金

ひとり親家庭の親が、看護師や介護福祉士などの資格を取得するために、2年以上養成機関に通う場合に支給されるものです。修行期間中の生活負担を軽減する目的。

支給金額は、非課税世帯か課税世帯化かによって異なります。

また、支給対象となる資格も都道府県によって異なる場合があります。どの資格でもいいというわけではないので注意しましょう。

 

高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

より良い就職先への転職や、適職につくために、ひとり親家庭の親の学び直しを支援する制度。

高等学校卒業程度認定試験に合格するための講座を受け、修了・合格した際に受講費用の一部が支給されます。

対象者は、就業経験や資格の取得状況、所得水準などから判断し、定職につくために認定試験の合格が必要と認められた方です。

また、自治体によっては制度を設けていない場合もあるのでご注意を。

 

国民年金、国民健康保険の免除

収入が少ないなどの理由により、収めることが困難な方は年金や保険料の免除または減免を受けられる可能性があります。

また、自治体へ相談をすることで、ある程度期間的に免除になる場合も。

困ったときは、まずは問い合わせをしてみましょう。

 

保育料の免除と減額

基本的に、保育料は自治体によって異なります。

免除・減額についても、自治体により内容や条件に違いがあるのでお問い合わせを。

 

粗大ゴミ処理手数料や上下水道の減免制度

児童扶養手当を受けている世帯などを対象に、免除制度があります。

基準や免除額はお住まいの地域の自治体によって異なります。

 

交通機関の割引

JRなどの交通機関では、ひとり親家庭を対象とした割引制度が実施されています。

例えば、JRでは通勤定期券が3割引きで購入でき、都営交通では無料乗車券の発行、公共バスの乗車賃割引などがあります。割引を受けるためには窓口などで事前に申請する必要があります。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

収入を増やす方法

 

こんなにたくさん手当や制度があるのですが、実際生活をしてみると、「お金がない」という状況に陥ります。

結局は自分の収入を上げるしかないんですよね。

 

時間もお金も大切にしたいシングルマザー 。

そこでオススメなのは、パソコンを使った在宅ワークです。

自宅にあるパソコンで仕事をすることにより、子供を見ながら仕事をすることができます。

 

今はクラウドソーシングと言って、資料作成、簡単なライティングやデザインなどの仕事を在宅で受注することができます。

 

私も過去に何度かクラウドソーシングを活用し、その月に足りないお金を補った経験があります。

 

クラウドソーシングの大手といえば、ランサーズやクラウドワークス。気になる方はまず検索をしてみると良いですよ。

 

クラウドソーシングの仕事は本当にたくさんありますし、外注をしたいと考えている会社や個人の方が本当に多くいるので、仕事が全然無いという経験はしたことがありません。

また、在宅ワークが合っている方にはブログアフィリアエイトがオススメでしょう。

 

 

ブログは収入を増やす最高のお仕事

 

難しそうだし、パソコンができない、と心配になる方もいるでしょうが、大丈夫です。

 

私も最初は文字を打つことすらうまくできませんでしたが、今はブログの構築で安定した収入を得ることができています。

 

どうしてブログでお金が増えるのかというとアフィリエイトといって、自分で作ったブログ上に、広告を載せます。

 

ウェブサイト上の広告を見た人が、その広告をクリックしたり、クリックした先の広告主のサイトでお買い物をしたりすると、広告を載せていたウェブサイト側に報酬(広告料)が入る仕組み。

 

成果が出た時点で報酬になるので、成果報酬型の広告代理業と言えます。

 

アフィリエイトを始めるには、まずパソコンとネット環境が必要です。

ということは、パソコンがあれば元手もいらないので気軽にできますね。

 

広告を管理している会社って何かな?信用できるのかわからないと不安になるかもしれませんね。

 

グーグルや楽天、アマゾンと言えば聞いたことありますので、こうした大手企業も広告を管理しています。

 

他にもいろいろありますが、まずはこれを覚えておくといいですし、アフィリエイトってまだまだ認知度が低い副業ですが、実は大手企業がかかわっているものなのです。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

離婚を悩んだり、決めかねている原因はシングルマザー になった時のお金の不安が大きいでしょう。

離婚を決めることは、一度そっと置いておいて、自分がシングルマザー になった時のことを、想像できるといいですね。

その上で、本当に自分がどうしたいか、子供のためにどうするべきかを考えてもいいのではないのでしょうか?

 

<応援クリックお願いします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング