離婚してシングルマザーになっても後悔しない4つのポイント
Pocket

結婚生活に幸せを見出すことができず、子供との新しい暮らしを選択したシングルマザー。

幸せを求めたはずの離婚でも、中には後悔してしまうことも事実。

また、これから離婚を考えているが、シングルマザーの生活も想像すると不安がいっぱいの人もいるでしょう。

何をするにも後悔だけはしたくないですし、

できるだけの準備はしてから新しい生活をしていきたいですよね。

 

今回は、そんなシングルマザーが、離婚を後悔してしまう原因をときほぐして、

離婚後に生じる気持ちの変化や、後悔の乗り越え方など、ぜひ参考にしてみてください。

離婚してシングルマザーになっても後悔しない4つのポイント

離婚を後悔してしまう原因

結婚生活に幸せを見い出せず、苦悩する毎日から抜け出すために、

離婚したはずなのに、いざシングルマザーになると離婚前に想像していた以上に、大変な問題が山積み

 

1人で乗り越えなくてはいけない壁がいくつも現れ、頭を抱えるシングルマザーも。

 

お金、仕事、離婚後の子供のケア、育児など全てのことを1人で解決していかなくてはいけなくなり、

なかなか思い通りにいかない日々に追われてしまいます。

離婚前とは違う悩みが増えるようになり、中には離婚したことを後悔してしまう方も少なくありません。

子供の将来のため、自分のため、相手のために考え抜いて離婚という決断をしたはずですが、

なぜ、離婚したことを後悔したと感じるのでしょうか。

金銭的な問題

現実的にシングルマザーで子供を育てるのには、

かなりのお金が必要になります。

 

離婚した相手からの養育費や母子手当などを試算し、何とかやっていけると考えていたのに、

離婚してみると養育費が支払われないと言った現状に、直面するケースが少なくありません。

 

また相手が再婚する場合に養育費の減額などを申し出ることもあり、

なかなか思うような金額が得られないことがほとんど。

 

予定していた収入が入らないとなると、生活も苦しくなりますね。

仕事

シングルマザーになるためには、まずは仕事をすることが大切ですが現実的には簡単に入職することはできません。

離婚により社会復帰をする場合や働いたことがない場合、

さらに自分の条件に合った会社を見つけることは難しい。

 

最近は、シングルマザーも増えてはいますが、会社として支えていけるような企業はまだまだ少なく、

シングルマザーを雇用するのに積極的ではない会社が多いのが現状です。

子育て

小さい子を連れて離婚した場合、仕事に育児にとすべてを1人でこなしていくことになります。

両親の離婚を経験した子供は、少なからず生活や環境の変化により影響を受けてしまいますし、

そんな子供の心のケアも、ママ1人で背負うことに。

「仕事と育児の両立がこんなに大変だったのか」

 

離婚後に身に染みて感じたというシングルマザーの方はかなり多いのです。

離婚を考えたら心の準備

年配の人を中心に離婚やシングルマザーに対して偏見を持っている方もいるでしょう。

 

そうなると、あなたや子供が、心無い一言に傷付いてしまうケースも多々訪れることに。

 

近所で噂になったり、子どもたちの間で

 

「なんで〇〇ちゃんのお家はお父さんいないの?」

 

と言われたりします。

 

また、お金・育児・仕事など、離婚する前に想像していた以上に大変な生活を送る中で、

なかなか人に相談できなかったり、わかってもらえなかったりと、

孤独感を感じてしまうことがあります。

 

こうした心の負担が、かかることを予測しておくことで

 

「ああ、このことだったのね」

 

というように、受け止めるクッションになるでしょう。

 

要は、心の準備もかなり重要であるということです。

 

 

離婚後に後悔しない子供のケア

離婚する時に一番問題となるのが親権でしょう。

 

「私が育てます」と思っていても、相手も同じ気持ちでいるかもしれません。

 

また「早く離婚したいから」と、親権を放棄して子どもに会えなくなったら必ず後悔します。

 

子どもにしてみても母親に会えないことほどつらいことはありません。

ただ、子どもの前で親権争いをすると、

 

「自分のせいで両親が喧嘩をしている」

 

と罪悪感を感じて自分の存在価値を見出せなくなってしまう。

離婚をするということは、少なからず子供に心の傷と負担をかけてしまう。

 

親の都合で離婚という結果になったことを忘れずに、子供の心は全力で支えてくださいね。

 

 

子供は離婚に向けて親が離れようとしていることを察知すると、

誰が自分の世話をしてくれるのだろうと、

世界に一人で放り出されてしまったような不安を覚えてしまいます。

 

このような子供に対してできることは、ただひたすら子供のことを愛している、

大切に思っていると心から伝え続けることです。

 

その感情を言葉で伝えることだけでなく、

子供に関心を示して一緒に遊ぶことや抱きしめることも有効な手段。

また、子供と一緒に食事を取ることも重要な時間です。

 

子供の好みを聞きながら、どのように調理して欲しいかなど対話をしながら、

一緒にゆっくりと食事をしてその中で子供と向き合っていくと、安心感を与えることができます。

 

子供が「なんで離婚するの?」と聞いてくる時は、

両親の離婚にともなって子供の一番の関心は離婚理由ではなく、

自分はこれからどうなってしまうのかということ。

 

とにかく、子供は不安になります。

 

そのため、親は「大丈夫」「ずっと一緒にいるよ」などと、

真っ先に不安を取り除いてあげられる言葉をかけてあげましょう。

離婚後にシングルマザーになった時のお金のこと

現実的に、お金の心配が離婚後の不安と後悔につながる原因でしょう。

 

したがって、離婚前からお金に対して準備を入念にする必要があります。

 

離婚のストレス、新しい生活のストレス、子供のケアも含めて、

当面お金に悩まない程度のお金を準備しましょう。

 

そうですね。引越し資金以外に3ヶ月は仕事がなくても生活できるくらいの貯金は必要。

 

もし、そんな大金は準備できないということでしたら、作ればいいのです。

 

就職が難しければ、在宅ワークがあります。

 

在宅ワークもたくさん種類があり、あなたに一番会った仕事がみつかります。

 

心と身体とお金の準備をしっかりして、

離婚しても後悔しないシングルマザー生活をお子さんと送れますように。

私の経験上ですが、

様々なリスクが多く、人生の帰路である離婚という大イベントですが、

今まで離婚を後悔しているシングルマザーに出会ったことがありません。

 

後悔している暇もないということも事実なんですが、もう前を向いて進んでいくしかないんです。

改めて女性、そして母になると子供のために強くたくましくなるんですよね。

 

私自身、反省はしたものの離婚を後悔したことは一回もありません。

 

失敗は成功の元!

この言葉がぴったり。

離婚を進めることは絶対にしませんが、本当に自分自身を押し殺して、

子供のためにと無理をして、自分の人生何十年を無駄にしてしまうのは、

お互いに(もちろん子供も含め)メリットがあるのだろうかと考えます。

 

離婚をした時の子供への影響

一つ覚えといて欲しいことがあります。

 

それは離婚をするということは子供の人生を大きく変えてしまうこと。

 

二人の親御さんが仲が悪く離婚をするとその多くの子供は

非行に走ってしまったり精神的な問題を抱えることが多くなると言われています。

 

このような心の問題を抱えるとなると、 将来的に人とのトラブルを起こしやすくなり

社会生活もうまくいかなくなることもあるかもしれません。

 

それは、子供にとって孤独感や劣等感を感じてしまう原因にもなるので、

何かに前向きに取り組んだり幸せな人生を、歩みにくくなるのではないのでしょうか。

 

もちろん仲が悪い夫婦の間に挟まれる子供の気持ちもかわいそうです。

 

だから、全て離婚が悪いわけではないですが、

子供の人生を変えてしまう一つのきっかけになるかもしれないことだけ覚えておきましょう。

離婚を後悔して復縁したいと考えたら

離婚をしてシングルマザーになったけれども後悔した時に考えることがあります。

それは前の旦那さんとの復縁です。

 

離婚の原因は様々ですし、

あなたが後悔をしているのであれば復縁を望むことは悪いことではありません。

 

しかし、お子さんのためにも復縁をしていい場合としない方がいいもあることも事実。

 

なぜなら復縁したとしても同じようなことを繰り返してしまう可能性が高いです。

 

これは、個人的な意見も含まれますが、復縁をしていいと思えるのは

些細の意見の食い違いや価値観の違いで離婚した夫婦だけだと考えます。

 

例えば、浮気や借金暴力などの原因で離婚をした場合は改善しない可能性の方が高いのではないでしょうか。

 

どうしても寂しくなると前の生活を思い出してしまうこともあるかもしれないんですが

こうした場合は復縁しない方がいいと感じます。

離婚後の体験談

離婚をしたのに後悔しないかどうかはあなた次第です。

 

と言いますのも、この記事を書いている筆者本人が離婚に対して1度も後悔したことがないから。

 

もちろん大変なことがあって乗り越えるのが 辛いと思ったことが何度もあります。

 

また、一人でこれからどうして行ったらいいか不安で仕方ない夜もたくさんありました。

ただ、 こうした辛い状況でも一度も離婚を後悔したことがないのは、

結婚生活で苦しい思いをしたことを忘れなかったからだと感じます。

どうしても時間が経つとつらかったこと悲しかったことも忘れてしまいがちになるのですが、

筆者の場合はこうした忘れてしまいがちな時こそ

「あの生活には戻りたくない」

という気持ちを強く持って踏ん張ってきました。

 

結果として子供も大きく成長しましたし、 親思いの優しい子供に育っています。

 

そして笑いの絶えない毎日を過ごしていますので、

離婚を後悔するかしないかは本人次第なのではないでしょうか。

また後悔しないための努力も必要になるのですが、憎しみというよりも

離婚をしたことを後悔しないために幸せに生きようと決めることが大事だと感じています。

 

きっと復縁しても辛い思いをするのであれば新しい未来を切り拓いていくことを選択した経験談でした。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

離婚を考えている人や、すでに離婚が決まり行動し始める人も、一度きりの人生なので後悔する生き方はして欲しくありません。

離婚後に後悔しやすいポイントを知ることで少しでも、心やお金の準備を進めて、シングルマザー生活に向けての基盤を作ってください。

また、子供のことが一番ケアが必要となりますので、大変かと思いますが、しっかりと自分をもち、支えましょう。

<応援クリックをよろしくお願いいたします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング