Pocket

 

一人で子供を産んで育てる覚悟はできましたか?

もうやるべきことはただ1つ。

 

子供を最高に幸せな人間に育て上げるだけです。

生きていくためには、お金が必要。

 

これからは、一人でしっかり調べて、行動して、必要なお金を手元に置いておく必要があります。

 

今回は、未婚のシングルマザーが知るべき支援をお伝えしていきます。

難しい内容ですが、ここからが勝負です。

 

スポンサードサーチ

未婚シングルマザーが知るべき支援は?妊娠中から出産費用と養育手当!

 

出産にかかる費用

出産にかかるお金を大きく分けると4つあります。

  1. 健診費用:出産に至るまでの妊娠期間中に欠かせないのが「妊婦健診」
    平均10回以上になり、合計すると大体10万円くらいになります。
  2. マタニティ用品の費用:5万円前後かかります。
  3. 出産準備用品の費用:出産準備用品が10万円程かかります。
  4. 出産費用:出産費用は病院や部屋のタイプなどによっても変わりますが、大体50万円位です。1〜4すべてを合わせると大体50~100万円のお金が必要です。出産費用は出産場所によっても変わってきます。

 

出産育児一時金について

 

出産育児一時金とは健康保険が効かない出産や妊娠にかかる費用による家計への負担を軽くする事を目的にした制度。

 

また高額になる出産費用を医療機関への会計時に準備する必要がないようにする、直接支払い制度や受取代理制度などを設けているそうです。

 

支払いは、会社に勤めていれば加入している健康保険組合から、健康保険組合、国民健康保険であれば各自治体になります。

医療機関に願い出れば煩雑な手続きは一切しなくても大丈夫。

一児につき42万円支給され、多胎児なら「子供の数×42万円」になります。

 

出産育児一時金はどの健康保険でも42万円支給されますが、産科医療補償制度に加入していない医療機関での出産では減額されます。

 

加入している健康保険組合によっては付加金を独自給付するケースもあるので申請する時に、確認しておくと良いでしょう。

出産費用が出産育児一時金の42万円未満であれば差額が振り込みとなり、42万円を超えた場合、基本的には超過分を医療機関へ実費の支払いとなります。

 

但し、付加金は離職後6ヶ月以内の出産の場合は支給されない場合もあるので注意事項を確認しておきましょう

 

 

参考:シングルマザーがお金が足りない生活苦しい時には?不安解消4つの法則

 

 

養育に必要な手当(出産手当金)

 

健康保険制度からもらえるお金で、「出産手当金」があります。

これは、出産のために会社を休んで、その間給与の支払いを受けなかった場合に受け取れます。

 

いわゆる「産休手当て」というものです。

出産予定日の前42日(多胎妊娠の場合98日)と出産翌日から56日目までの範囲内で、仕事を休んだ期間が対象です。

 

(全国健康保険協会の場合)出産予定日が遅れた場合にはその分も支給されます。

1日あたりの手当金の額は…「標準報酬月額÷30日×3分の2」です。

 

健康保険の加入期間が12ヶ月に満たない場合には計算方法が異なりますので、自分が加入している保険組合のホームページなどで確認しておきましょう。

 

高度療養費

「高額療養費制度」とは、健康保険が適用される3割負担で算出された治療費が、自己負担限度額を超えた場合に支給される医療費です。

例えば・・・
70歳以下、標準報酬月額27万円~514999円(窓口負担3割)、1ヶ月の医療費が総額100万円を超えた場合、自己負担の限度額は87400円、となります。

 

高額医療費控除

 

「高額医療費控除」とは、自分が支払った医療費等の実質負担額が、年間(1〜12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができる制度で、控除できる金額の上限は200万円です。

 

出産で対象になるものは主に以下の通りです。

  • 妊娠中の定期検診・出産費用
  • 助産師による分娩の介助料
  • 流産した場合の手術費・入院費・通院費
  • 母体保護法に基づく理由で妊娠中絶した場合の手術費用

失業給付金

退職した時に雇用保険から支払われる失業保険のことです。就業期間によりますが、給料の6割相当が被保険者であった期間に応じて支給されます。

 

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

未婚のシングルマザーが知るべき支援についてお伝えしていきました。

お金のことは、これからシビアになっていく問題です。

 

しっかりと支援があることの把握と手当をもらえる行動をすることで、少しでも生活に負担がないようにしてください。

 

これから、お金だけでなく一人で出産するという人生で大変な時期となるでしょうが、かわいいお子さんのため頑張っていきましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング