Pocket

 

シングルマザーの平均年収は約200万円と言われています。

一人で全て行うとなると、これが限界。

 

子供が小さい場合は特に、時間だったり、休み希望だったり、

お願いしなければ多いでしょうからパートで勤務するかたも少なくないはずでしょう。

 

願いが叶うなら、年収を2倍に・・・。

切実な悩みですね。

 

シングルマザーが年収400万円稼ぐとなると、

どんなお仕事があるのでしょう。

また、今の仕事で収入を増やす方法を教えます。

 

 

スポンサードサーチ

シンングルマザー年収400万の仕事とは?収入を増やす方法とは

 

シングルマザーで年収400万円の生活をしている人は、

少ないかもしれませんね。

 

手取りでいったら、だいたい月20万円くらいでしょうか。

 

シングルマザーの生活費はどのくらい?

 

母子家庭平均年収:約291万円
(母単独では約223万円)

父子家庭平均年収:約445万円
(父単独では約380万円)

 

と言われています。

ひとり親家庭になるきっかけ、理由は離婚が最も多く、平均年齢は、

母子の場合は40歳
(末子の平均年齢は10歳)

父子の場合は45歳
(末子の平均年齢は12歳)

 

母子家庭の平均年収が低い理由は、

子育ての時間が限られていて安定した収入を得られないため。

 

母子家庭での収入源はパートタイムで働いている収入が多く、

仕事を持つご家庭は約80%、

パートやアルバイトで働いている方は約50%だと言われています。

 

それに比べて、父子家庭では約90%以上の世帯の方が仕事に就いており、

パートで働いている方は約10%以下となっているよう。

 

つまり、シングルファザーに比べてシングルマザーは

正社員として働く方が少ないために、

平均年収が低いという現状になっているのです。

 

シングルマザーの年収は、ひとり親になった経緯により異なります。

 

死別の場合:約450万円
離婚の場合:約275万円
生別の場合:約280万円
未婚の場合:約310万円
その他:約250万円

 

死別の場合にシングルマザー世帯の平均年収が高くなっているのでは、

遺族年金や生命保険などの収入が加わるためだと考えられます。

 

仕事の内容別に平均年収の内訳を見てみると、

正規雇用の場合:約270万円
パート・アルバイトの場合:約125万円

以上の年収差になっています。

 

正規雇用とパート、アルバイトで年収を比べると、

100万円以上も格差があることがわかります。

 

 

では、どんなことにお金がかかるんでしょうか?

 

<住居費>

5万円まで

小学生のお子さんが1人いるのであれば狭いアパートに住むことが可能。

都道府県が運営している公営住宅に入居できれば大幅に削減できますね。

(抽選にエントリー)

 

<食費>

3万円まで

男の子の場合は、たくさん食べる子も多いので必然的に食費が高めになりますが、

親子2人ならこの程度に抑えることも可能でしょう。

食費にかかる金額を減らし過ぎると、医療費がかかってしまうケースもあるので、

削りすぎに注意です。

(シングルマザーのお金がない状況はここまで重大なんです)

 

<日用品費>

1万5千円

食費以外に必要な日用品、洗濯洗剤や台所石鹸、トイレペーパー、

シャンプー、リンスやハンドソープ、掃除用具、ティッシュペーパー、

ゴミ袋などの費用です。

 

<光熱・水道費>

1万円

基本料金によっても差がありますが、節約しても最低1万くらいは必要。

 

寒冷地の場合は、冬の暖房費を加算しなくてはいけません。

やはり、お子さんに暑さ寒さの負担をなるべくかけたくないですよね。

また、夏は特にクーラーを我慢させるのは可哀想です。

 

<交通・通信費>

2万円

子供の交通費は必要なく、あなたの通勤にかかる金額とスマホ代、ネット利用代金です。

スマホは格安スマホの利用により大幅に削減できます。

 

<教育費>

2万円

公立小学校の学費と習い事の費用です。

 

学校や幼稚園などで使うノートやえんぴつなどの学習用品も含みます。

 

<生命保険料>

5千円

県民共済などの安い保険に母と子供が加入した場合です。

 

<美容・衣服など>

1万円

子供の洋服代も含みます。

こだわりがないならもっと安くできますが、

母親が営業職や販売職など人に見られる仕事の場合、

なかなか削りにくい支出でもあります。

 

<レジャー費>

1万円

母子家庭だからこそ休日にお出掛けをする機会が多いので、

1万円を予算としました。

しかし、削ろうと思えばその時によって削れる支出ですので、

経済状況によって工夫しましょう。

 

1ヶ月合計17万円

 

以上の内訳合計170000円になります。

 

お子さんがお1人の場合は比較的支出が少なく抑えられるので、

さらに節約すれば貯金額を増やすこともできるのではないでしょうか。

 

井上自身もシングルマザーでお金に苦労していた時期の収入は約19万円でした。

 

約2万円ほど貯金はできる計算ですが、

当時はそのあと、看護学校に通おうと考えていたので、

できるときは節約して貯金額を3〜4万円していました。

 

同じ年収200万円でも家族構成や社会保険の有無によって手取りは変わりますが、

平均してみると、手取り月収15万円程度、手取り180万円程度でしょう。

 

月15万円の収入でどうやって生活しているか見てみましょう。

 

費目金額
家賃45000
光熱費10000
通信費8000
食費・日用品30000
自分のお小遣い10000
雑費・レジャー20000
生命保険2000
学資保険7500
子供費5000
合計137500

 

参考:40代・50代でシングルマザーになる決意!貯金はいくらあれば老後安心?

 

 

シングルマザーの年収400万円満たない低収入はパートとバイト

 

正社員で働いたとしても、絶対に高収入が望めるわけではありません。

やはり職種によります。一般の会社に就職であれば、

大企業を除いた場合、シングルマザーの平均といわれる年収は望めると思います。

 

しかし、住んでいる地域によればがくんと下がる場合も。

 

基本的に都心部の街は、経済が上向きなので給与自体も高くなっています。

 

しかし、過疎化が進んでいるような地方では賃金が安く設定されているので、

同じ仕事なのに地域によって年収の差が出てしまいます。

 

「地方は物価が安いから賃金も安いんじゃないの?」そんな事はありません。

確かに賃貸物件は都心部と比べると、安い傾向にあります。

 

しかし、子供と自分が生活するにはそれなりにお金がかかります。

 

子育てには1人1000万かかると言われていますが、

それは都心部だろうが地方たろうが変わりません。

 

子育ての時間の問題、資格の有無と学歴の問題などで、

なかなか正社員に就くことができない場合もあります。

 

パートやバイトの掛け持ちをして生計を立てているシングルマザーは少なくありません。

 

朝から夕方までのフルタイムで月20日働いたとして、

一応生活できる収入は得られると思います。

 

しかし、福利厚生が整っていない分、保険や年金の支払いは痛手。

 

さらにボーナスもないので、年収はぐっと下がるでしょう。

 

やはりパートやバイトでは子供を養って生活する事、

貯蓄する事が非常に困難と言えます。

 

参考:離婚しても大丈夫?シングルマザーになるとお金が不安?仕事も収入も安定が大事

 

 

シングルマザーが年収400万円を目指す高収入が望める仕事

 

どうにかして余裕ある暮らしをしたい!それはシングルマザーの切なる願いですよね。

 

シングルマザーで高収入が望める職種はこちらです!

 

・看護師、准看護師

・ケアマネージャー

・保険外交員

 

看護師とケアマネージャーは国家資格なので、

一生物の仕事と言えるでしょう。

 

准看護師は都道府県から認められる資格なので、

国家資格ではありませんが、十分暮らしていける仕事です。

 

これらは全て資格を取得しなければいけませんが、

シングルマザーは資格取得する為に受講費用が助成される支援があります。

 

時間とお金は多少かかりますが、

これを機会にチャレンジする事は決して無駄ではありません。

 

保険外交員は特に資格はいりません。

 

これは主に、法人や個人のお客様に営業をして契約獲得を目指していく仕事なので、

営業力とコミュニケーション能力、保険の豊富な知識が必要とされます。

 

契約を取れば取るほど収入も鰻上りとなるので、

営業職が向いているのであれば高収入も望める仕事でしょう。

 

参考:40代・50代でシングルマザーになる決意!貯金はいくらあれば老後安心?

 

 

シングルマザーが年収400万円になるために副業もあり

 

月収10万円であれば、児童扶養手当(母子手当)を支給されている家庭も多いでしょうが

これはあくまでも子供が18歳までの期間

 

児童扶養手当については、多くの母子家庭にとってとても助かる生活の国からいただけるお金の一部です。

 

しかし、子供が大きくなった将来的にも

永遠と支給されるものではないので、

月収10万円の不安は大きいです。

 

本業のお仕事が、副業が可能か?という会社の規則を確認しておくことも大切ですし、

パート勤務の状況でで副業不可の所は少ないかもしれないですね。

 

中にはパートでの勤務であっても副業を認めないところもあるようです。

 

副業禁止でない職場であってもコソコソ副業をしていることを

職場からいい目で見られないこともあります。

 

収入を増やしたいからできるだけ

取り組みたいですよね。

 

ただ、在宅ワークの魅力は、自宅で全て仕事が完結できるところ。

 

移動時間も自宅が職場なので0分ですし、時間の調節が全て自分で行えますから、

お子さんが小さかったり、親御さんの介護をしながら、家事をしながらでもお仕事ができるところが魅力です。

 

母子家庭であれば、子供との時間も大切にしたいところ。

 

ダブルワークをして、ほとんど家にいない状況だと、

子供と顔を合わせることもないくらいになってしまうことも出てくる可能性もあります。

 

上記でもお伝えしましたが、在宅オンラインビジネスでオススメなのがネットビジネスです。

 

一時期は、怪しいといった風潮でしたが、

はサラリーマンがネットビジネスをしたり

それを企業が認めているところも増えるくらい主流なのです。

 

必要なものはパソコンのみ。

 

自宅で入力作業やスキルによっては様々なお仕事もあります。

 

子供の急な病気があっても、

在宅であれば多少の融通も利きますし母子家庭にとっては

おすすめの仕事の一つでもあります。

 

ただ注意点としては

ネットの世界での甘い誘惑に簡単に乗らないことは本当に大切です。

 

この見極めは難しいところではありますが、

仕事を始めるなりその日1日で大きな収入が入ることは、一般的にないことですよね。

 

だからと言って、疑い続けて怖いものだと決めつけてしまっては

何も始めることができないので簡単に乗ってしまわず、

在宅オンラインビジネスについてはしっかりと、正しい方法を見る目を養い見極めて、

正しい努力を正しい方向にすることにより、お金がえられることを忘れないでください。

 

できれば失敗したくないじゃないですか。

 

私も同じですし、頑張ってお金がもらえるなら頑張りますが、

時間もお金も無駄にはできない状況なんです。

 

そして大切なのが体調を崩さないことを一番に

 

いつも、元気だと自分では思っても、男女問わず

年々体力は確実に落ちていきますよね。

 

 

私自身もマラソンをしたりスポーツで体力維持をしていますが、

どうしても少しづつ疲れが残ったり、続かないことも多くなりました。

 

収入を増やしたいからダブルワークをすることが大半なのですが、体調を崩してしまっては元も子もありません。

 

 

本業も副業のどちらも出来なくなってしまいますし、本末転倒です。

 

なので、子供も自分も守れるように、ご自身を大切にしてくださいね。

 

 

シングルマザーの年収を400万円へあげる見直し手当と節約方法

 

児童手当

私の住む市内では市内に住民登録があり、児童を監護し、

かつ、生計を同一にする父または母等で、

生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。

 

父母に養育されていない児童の場合は、児童を監護し、

かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、

日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで

(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限あり。

 

受給期間と申請が必要な方は

 

  • 10月(6月分から9月分まで)
  • 2月(10月分から1月分まで)
  • 6月(2月分から5月分まで)

 

  • 出生などにより、新たに児童を養育する方
  • 既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方
  • 他の市町村で既に受給していて、入間市に転入された方 

    ※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。

 

遡って手当を受けることはできません。

必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。

なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、

出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

特別児童扶養手当

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、

その児童の保護者に対して支給される国の手当。

1級と2級があり金額が違います。

 

遺族年金

遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受け取れる金額が異なります。

 

死別の場合は、ご主人がどんなお仕事をされていたかによって受けられる金額が違うようです。

 

ひとり親家族等医療費助成制度

お母さん又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の

一部負担金を県と市町村で助成する制度です。

(父子家庭にも該当します)

 

18歳年度未満末の児童で生活保護を受けていない家庭に対象となるようです。

 

児童育成手当

私の自治体ではない手当ですが、東京都にはこの手当があるようです。

ひとり親家庭等の児童の心身の健やかな成長に

寄与することを趣旨として支給するものであり、

児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

 

月額、対象児童1人につき13500円(年に3回の受給)

 

児童扶養手当

父親または母親のいない家庭や、

父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、

父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

自立の促進を目的とした手当です。

 

児童数、所得により金額が変わりますが、

全額支給だと40000円以上いただけます。

 

支給回数や・正確な金額はしっかり調べておきましょう。

 

受給資格は、

次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、

または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

 

父母が離婚したお子さん

父親または母親が死亡したお子さん

父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん

父親または母親の生死が明らかでないお子さん

父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん

父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん

父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん

母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

 

節約術

 

今回は私が特に意識して行なっていた節約術をお伝えします。

 

全部一気にがんばる必要はありません。

 

ちょっと、ずつ自然に生活に取り入れられたらいいですね。

 

毎月決まって支払うお金は、収入があった時にきちんと分けること。

(支払いが先、残りのお金で生活すること)

予算を決めて、その中でやりくりする。

(必要以上のお金とクレジットカードは持ち歩かない!)

クレジットカードは2枚以内。(多くても3枚)

・私は「au」と「楽天カード」の2枚でしたが、ファミマTカードも作りました。

(ポイントがたまりやすい)

洋服・化粧品は基本最低限。

→人に不快感を与えない程度の身だしなみで(フリマや100均、ちふれなどを利用。)

買い物をする店を決めて「ポイント」を貯める。

→あちこちで買い物をするよりポイントが貯まりやすい。

 

 

ネットでは楽天を利用しポイントを貯める

家賃の高い賃貸を選ばない。

交際費は基本限りなくゼロ。

→会社の飲み会はできる限り却下

スマホ、インターネット環境、電気代などはめんどくさがらずに安い所を選ぶ。

→格安スマホに変える

電気とガス会社を一緒にする。

外食は基本しない。(子どもの夏休みとか、誕生日などに限る)

我慢はストレスになります。

不用品は捨てずに売る。

(メルカリ・ヤフオクを大いに利用)

買い物に行く回数は最低限にする。

→買い物に行くと余分な物を買ってしまう。

100均をうまく使う、その際余計な物は買わない。

 

 

 

 

 

タバコ、お酒はやらない。→健康のためにも。

 

タクシーは基本使わない。(子どもが小さくて急病の時は例外)→外出は、公共の交通機関と自転車・徒歩で。

旅行は行かない。→おにぎり持って近場でピクニックとか登山をする。

 

美容院は2〜3か月ごと。→子供も私がカット。

 

塾には行かないで勉強は見てあげる。→学校の教材を徹底的にやればオール3は取れる。

(但し子どもが望めば別)本は図書館で借りる。

 

食費はケチり過ぎない。→質素でもいいから自分で料理をする。

 

休みの日に子どもとおやつを手作りをする。(健康な心身は食べ物から出来ている)

 

規則正しい生活をする。→病気にならないように! 最後に生き残るにはやっぱり健康な人。

 

頂き物はありがたくもらう。オゴリはありがたく受ける。→母子家庭であることを隠さない

 

ストレス解消は「一人カラオケ」などお金をかけない。車で大声を出して発散する

 

まとめ

 

シングルマザーが年収を増やすとなると、在宅ワークがオススメです。

まず、掛け持ちの仕事と違い、自宅でできるので子供と一緒にいることができます。

うまく在宅ワークと取り入れたり、資格をとったりして、収入を増やせるようにしてください。

 

 

<応援クリックをお願いいたいします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング