母子家庭の収入制限とは?所得制限や同居家族について
Pocket

 

母子家庭のみなさん、しっかり児童扶養手当は受給していますか?

毎年申請があって、ちょっと面倒だなと感じるでしょうが、大きい金額の受給なので絶対に忘れないようにしてください。(その地域による)

 

さて、児童扶養手当を受給するためには所得制限があるのをご存知ですか?

 

しっかり働くことはとてもいいことですが、働きすぎて子供との時間が取れない、身体に負担がかかってしっまうのでは、ひとりで子育てしていくのが難しいですよね。

ここは、しっかりポイントを抑えて、自分と子供の負担を少しでも軽くすることで、仕事と子育ての両立をしていきましょう。

 

国の制度を上手に使って、母子家庭のみなさんに金銭的に辛くないようにしましょう。

 

母子家庭の収入制限とは?所得制限や同居家族について

 

児童扶養手当

児童扶養手当は、父母が離婚や父母のどちらかが死亡したなどの児童に対して国から支給される手当です。

 

児童扶養手当(母子手当)は、父母が離婚した児童や父母どちらかが死亡した児童が受取ることができる手当です。「児童」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日まで、障害の状態にあるものは20歳未満をいいます。

ただし、所得によっては、支給されない場合がでてきます。(所得制限)

 

児童の人数支給額
児童1人月額42,500円
児童2人月額52,540円
児童3人月額58,560円
児童3人以降、1人増えるごと月額6,020円加算

 

この金額は平成30年4月〜平成31年3月までです。この金額毎年検討されるみたいなのでこちらもチェックですね。

 

この金額を決めるのが、ちょっと難しい計算式に所得を当てはめ計算します。

児童1人のときの月額=42490円-(受給者の年間所得額※1-所得制限限度額※2)×0,0187630
児童2人目の加算額=10,030-(受給資格者の所得額※1-所得制限限度額※2)×0,0028960
児童3人目以上の加算額=6010-(受給資格者の所得額※1-所得制限限度額※2)×0.0017341

 

※1年間就労所得から諸控除を引いた金額
※2所得制限限度額表の父、母又は養育者欄の全部支給の所得制限限度額の金額

 

下記の表は(平成30年8月分から)所得限度額です。

 

そして、扶養している家族(お子さんや親御さん)の人数による全額支給の所得制限限度額です。

 

なぜ制限しないといけないの?

 

収入を増やしたいはずの母子家庭が、なんで収入制限をしなくてはいけないでしょうか?

それは、国から支給される児童扶養手当の受給資格に所得制限があるから。

 

上に記載した、難しい計算式で一部支給または全額支給停止になるのです。

また、母子家庭でご実家に同居されている方は、お母さんの収入が低くても、同居しているご家族の方に所得がある場合は、収入制限がかかり支給が停止となることもあります。

 

世帯分離していても、支給が停止になるので、離婚後にご実家での同居を検討されている場合は、児童扶養手当の支給が得られない場合もあるので、確認が必要。

あらかじめ、チェックが必要となりますね。

「養育費×0、8」
養育費はその金額の8割が所得として加算されます。

児童扶養手当の所得は前年(1月から12月までの1年間)で計算しますので、1月から6月までの間に児童扶養手当を請求する場合は、前々年の養育費が該当することになります。

月々5万円の養育費を1年間もらっていた場合の計算方法は、「5万円×12ヶ月×0、8」となります。

現在のところ、養育費に関しては自己申告制です。

 

毎年変わる児童扶養手当の資格

 

児童扶養手当の受給資格があっても、翌年には状況がかわることがあります。

逆に、全額停止であっても支給条件を満たしている場合は、受け取ることも可能な例もあるようです。

 

お住いの地域によって決まりが異なりますが、一般的に1年に1回現状を役所に報告

その報告によって、調査が開始され受給が開始されるかどうかが通知。

 

もしも、現状が収入制限によって支給停止になっていたとしても、失業や病気などによって状況が変わった場合は、役所に相談して受給を受けることができるケースもあるようです。

 

母子家庭の救済・母子貸付制度を利用する

母子家庭生活で、所得制限により、児童扶養手当の制限があると、毎月の生活費が早くなくなり、大きな金額が必要になった時に、「あ、お金がない」となるんですよね。

そんなときの救済のために母子の貸付制度があります。

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者世帯の生活を経済的に支えるためのもので、市区町村の社会福祉協議会が窓口となり実施しています。

貸付制度の種類はいくつかありますが、「緊急小口資金貸付」であれば最短5日ほどで最大10万円まで借入が可能です。貸付制度の一例は次の通りです。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金とは、一人親家庭の経済的自立を支援することを目的にした制度で、就労、引っ越し、子供の修学費用や結婚資金など、生活に必要な様々な資金を借りることができます。

 

母子家庭でのお金を増やし方

お金を増やすというと、株式やFXなどの投資を想像されるかと思いますが、私は個人的に勧められません。

 

まず、投資するだけの蓄えがありませんし、失敗した時のことを考えたらリスクが大きすぎますよね。

貯蓄がなくなったらと考えると怖くてできません。

 

私が現在行なっている仕事は、在宅ワーク。

 

個人でやるお仕事のため、自分で全て責任を持たなければいけないので、大変なこともありますが、なんといっても、時間が自由であることと、やればやっただけ収入が得られるということ。

 

しかも、パソコンがあればいつでも始められます。

 

パソコンが苦手な方も、安心してください。私も、在宅ワークを始める前は、パソコンすら持っていませんでしたし、スマートフォンをいじる程度でした。

 

在宅ワークの中のお仕事にもたくさん種類があり、すぐお金になる、時間がかかるが軌道に乗れば収入が増えていく、自分の特技を仕事にするなど、自分に適した仕事を探すことができます。

 

シングルマザーが仕事が探せない理由は、時間だったり、子供のことが大きいので、在宅で仕事ができれば両立が可能。

 

むしろ、シングルマザーこそ自立するために在宅ワークをした方がいいのではないでしょうか。

オススメしているポイントサイトはA8ネットです。

もし、自分のブログがあれば、その商品を広告をブログに載せて商品が売れれば、利益がもらえます。

 

また、セルフバックといって、自分が商品を購入するだけでお金が帰ってくるといった仕組みもあります。

 

セルフバックを利用すればお得に購入できるのでセルフバック対象プログラムかチェックしてみてくださいね。

 

もうひとつの在宅ワークがブログアフィリエイト

これが一番オススメで、ブログを書いて商品広告を載せると、その広告を見た方が商品を買うとでお金がもらえる仕組み。

 

ブログは自宅で書けるので、育児中の隙間時間にできますよね。

記事が増えれば、増えるほどお金が増えますし、努力した分だけ収入が増えるという素晴らしい仕組みです。

 

ブログアフィリエイトは、自分が作ったブログに商品広告を貼り、ブログを見にきてくれた方が、商品を買うと利益が生まれる仕組み。

 

ブログにアクセスが集まると、何もしなくてもお金が生まれ続けます。

ただし、アクセスが集まるまでが大変。

 

成果がでるまでに3〜6ヶ月かかりますし、毎日コツコツと記事を書き続けなければなりません。

まさに、努力と継続力・忍耐が必要なお仕事です。

 

しかし、パソコンがあればブログが作れるので、元手が一切いらないことが魅力的ですし、お金になるブログが作ることができれば、資産の構築になるんです。

資産というくらいですから、すぐ手に入ることを想像するかもしれませんが、実はそうではありません。

 

パソコン初心者がパソコンを使いこなせるようにも努力が必要であるように、ブログの構築にも継続的な努力と地道な作業が必要。

 

ただ、そこだけをクリアできればもう大丈夫です!

継続して努力した分だけ、実りは大きくなります。

 

大変な時期が来たなと思ったら、「将来の種まきをしているんだ」と思い乗り越えると素晴らしい収穫時期がくる。

 

必要なのは、パソコンとインターネットの環境があれば今すぐできますし、少しでも気になるのであれば1日でも早くから始める方が得です。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

母子家庭で、子供とお母さんだけで生活してる場合は、収入制限を超えて支給の全額停止になるほどの高収入を得られるケースは少ないでしょう。

収入制限のラインは、各ご家庭によってそれぞれ違います。

 

詳細を詳しく知りたい場合は、所得がわかるもの(現前徴収表や納税証明書)を役所に持っていき、支援課などで相談するのがいいでしょう。

母子家庭にとって、重要な収入源となる児童扶養手当。

 

収入によって制限があるので、正しい情報を知り自分達に合った生活スタイルに役立てていただけると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

<応援クリックをポチッとしていただけると嬉しいです。>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング