母子家庭で手当をもらいたい!実家で親と同居しているともらえない場合がある?
Pocket

母子家庭で児童扶養手当を申請してもらいたい。

 

住まいを実家の親御さんと一緒に身を寄せていると、

手当がもらえない場合があるのをご存知ですか?

 

それは、自分やご同居をされているご家族の収入や、

状況によって変わりがあるようです。

 

でも、できればもらいたいですよね。

 

シングルマザー にとって、お金は本当に大切ですね。

 

生活だけでなく、将来の貯金をするといった目的もあるでしょう。

 

今回は、母子家庭で手当(児童扶養手当)をもらいたいけど、

実家暮らしの方に、どんな場合に手当が支給されないかお伝えしていきます。

 

母子家庭で手当をもらいたい!実家で親と同居しているともらえない場合がある?

 

児童扶養手当について

 

児童扶養手当とは、児童扶養手当法というものをもとにしていて、

シングルマザーやシングルファザーなどの生活の

安定と自立を促進するための国の制度。

 

シングルマザーが児童扶養手当を受け取るには、

 

シングルマザーと子供の住所が日本にあること

お子さんのの年齢が18歳未満、

または、18歳になってから、

最初の3月31日を迎えるまでの間にあることが条件

 

子供の心身に規定の障害がある場合は、

受給の期限を20歳未満まで延長できます。

 

また、児童扶養手当はシングルマザーになった理由に関係なく、

受け取ることができます。

 

その理由も、離婚や死別、未婚で子供ひとりで

育てている場合も受給の対象となります。

 

また、夫の生死がわからなかったり、刑務所で1年以上出てこなかったり

夫と別居していて全く連絡がとれず、1年以上も生活費の支払いを受けていないとか

DV法にもとづく保護命令があったりする場合も、受給の対象となります。

 

 

このように、児童扶養手当は、女性がなんらかの理由で女手ひとつでお子さんを育てる、

状況になった場合に受給することができます。

 

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

実家暮らしで注意したいポイント

 

全部支給の所得制限限度額は、手当を受けるお母さんに対しお子さんが一人の場合、

年収130万円です。

 

お子さんの人数が増えるともちろん限度額は増えるので、

お住まいの自治体で確認しましょう。

 

また、養育費の8割も収入に含まれての計算されますので、注意してくださいね。

 

ここからは、実家暮らしのシングルマザーの場合(特に手当のこと)に関して注意が

必要なポイントをご紹介します。

 

実家暮らしだと、支給が受けられない?

 

そうなんです。場合によっては、

手当を受けられない場合があります。

 

なんと、実家暮らしのをしているシングルマザー場合は

経済的には、別にして独立していても、

同じ世帯の誰かが収入があって所得の限度額を

超えていれば手当を受けられないのです。

 

児童扶養手当は、それだけでは親子で生活が

できるほどはもらえないのが実情なんですよね。

 

実家にいて、お子さんの面倒を見てもらえたり、

残業があれば迎えにいってくれたり

病気になったときにお世話してもらえたりするほうが、

シングルマザーにとってはお金以上のメリットがあるかもしれません。

 

これからの生活をよく考えて、

実家暮らしにするかどうかを決めると良いかと思います。

 

実家暮らしだと手当がもらえないかもしれない理由は所得制限です。

 

自分が世帯主で、子供を扶養している場合は、父、

母又は養育者の子供の扶養人数によりが所得制限が当てはまります。

 

親などの世帯の扶養に、自分も子供も入っている場合は、

扶養義務者の所得制限額の、世帯主が扶養している人数に合う所得制限になります。

 

また、家族が同居している場合でも ご家族の収入や、

ご自分の収入、世帯の形態により受給できる場合もあります。

 

親と同居している場合は所得制限にかかってしまう場合も多いですので、

どちらがご自分たちにとって良いかを考えていく必要があります。

 

実家に住んでいる母子家庭の方の多くが児童扶養手当を支給されない理由として、

 

「住民票上は別世帯、生計も別とみなされても、同じ家や建物の中で生活していれば、

両親や兄弟の所得にもお世話になることがあるでしょう?」

 

ということらしい。

 

確かに、現在の私のように、母親が1人で部屋(アパートなど)

を借りて子供たちと生活しようとするとします。

 

そうすると、敷金礼金のほかに家電や家具などを揃えるのに、

最初からまとまったお金がかかりますよね。

 

そこにいるだけで「家賃」という資金がかかり、

1人でそれを稼ぎ支払っていかなければいけません。

 

その点、実家にお世話になっているということは、

部屋だけではなく家具などを使わせてもらいますし、

電気やガス、水道もシェアするということ。

 

その部屋や家具、消耗品などは、ご両親や祖父母、

ご兄弟が購入し、税金を支払って管理しているということになり、

ご両親やご兄弟などの所得にお世話になっている、または、共同で管理、シェアしているということです。

 

という内容が、審査され手当が受給されたりされなかったりすることがあるようです。

 

少し難しいですが、この状況だから大丈夫、ダメという判断は、

役所によっても変動があることも事実のようです。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

母子家庭で住まいを実家で家族とともにしていると、

児童扶養手当がもらえない場合があることがわかりました。

 

同居していても、金銭的に貧困であることも多いので、できればもらいたいですが、

その地域や役所の方の判断にもよるんでしょうね。

 

お金のことはシビアなので、できればもらえるように工夫したいところです。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング