シングルマザーで育児ノイローゼになりそう!5つの上手なストレス発散方法!
Pocket

子育ても仕事ももう疲れた。

とにかく毎日スッキリしない。

シングルマザーが毎日忙しすぎて発散できないストレスですが、

みなさんは上手に発散できていますか?

今回は、今すぐにでもできそうな一般的なストレス解消法をお伝えします。

 

上手に生活に取り入れて、ストレス発散して、

また明日から母子家庭生活がんばりましょう。

シングルマザーで育児ノイローゼになりそう!5つの上手なストレス発散方法!

大声を出す

自律神経失調症の治療としても推奨されているストレス発散法。

 

大声を出すというのはお腹の底から声を出すということですが

この時に横隔膜も一緒に動くことになります。

 

この、横隔膜が動く事で、自律神経の強い刺激を与えることが可能になり

これにより交感神経と副交感神経の切り替えを

スムーズに行うことができるようになります。

 

ストレスが溜まってしまうととイライラ、

不安の原因となる交感神経が優位になるため

リラックスに必要な副交感神経の働きが低下。

 

結局こういったことの積み重ねがストレスになるんですよね。

 

これがストレスから自律神経失調症へとつながってしまう原因の一つであるため

大声を出して自律神経の安定化を図るようにしましょう。

 

またアーティストや歌手のライブ、サッカーや野球などの

スポーツ観戦といった自然と大きな声が出る場所に出向くのも

立派なストレス発散法になりますね。

 

自宅で実践する場合は近所迷惑にならないように

布団をかぶって行うといいでしょう。

 

私は車の中で、よく大声で歌いますよ(笑)

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

泣く

ストレス解消につながる『泣く』とは心が揺さぶられた時、

感情が動いた時のものだけです。

 

感情が動く涙とは感動的な映画や小説に触れた時に流れ落ちてくる涙のこと。

この、涙は他の涙と違ってストレスホルモンとも呼ばれている、

コルチゾールなどの物質も体外に流れ落とします。

 

つまり、感情が動いた時の本物の涙はストレスの原因を、

体外から追い出してくれている効果があるということですね。

 

また、涙を流した後にはストレスによって生じる

苦痛や痛みを和らげるエンドルフィンが増加するといわれています。

 

よく思いっきり泣いた後はスッキリした気分になるという方がいますが、

これらは実際に科学的にも証明されている

おすすめのストレス発散法の一つなのです。

 

泣きたくなったら我慢しないで思いっきり泣きましょう。

運動をする

運動をすることでストレス緩和に効果があるセロトニンや

エンドルフィンの分泌を促すことができます。

 

特にジョギング、ウォーキング、サイクリングといった

一定のリズムを刻むリズム運動は幸せホルモンの一つとされている

セロトニンの活性化をより高めることができるとされています。

 

また運動は1回、2回で終わらせるのではなく長期に渡り続けることも大切。

 

各専門家や研究機関により多少の違いはありますが

1週間に3日~4日、30分~60分程度の運動を行うのが効果的とされています。

 

また、運動の強度は懸る負担がかかるくらいがいいでしょう。

 

体に強い負担がかかる運動を取り入れてしまうと逆に疲労感を覚えてしまいます。

 

長期的に続けることが大切であるため、

自分が心地よいと感じるレベルの運動を実践することが大切となります。

私はジョギングとハイキングを生活に取り入れています。

 

お子さんと一緒にも楽しめますよ。

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

太陽を浴びる

手軽にできるストレス解消法の一つが太陽の光を浴びること。

 

太陽の光を浴びることでストレスによって乱れた

自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

 

また太陽の光は交感神経を刺激して、

セロトニン神経を活性化させる働きがあります。

 

セロトニンはドーパミン、ノルアドレナリンと並び

『三大神経伝達物質』とも呼ばれており主に精神の安定を保つ効果があります。

 

つまり体内のセロトニンが増えることで不安や

イライラといった感情を抑えることが可能にということ。

 

ちなみにこのセロトニンですが、夜になると先ほども

取り上げたメラトニンという物質に変化して快適な睡眠を促してくれます。

 

お子さんと、外でお散歩するのには、こんな効果もあるんですね。

 

通りで子供をお昼寝させてもよく眠る時がありました。

外遊びは積極的に取り入れたいですね。

紙に書き出す

ストレスの原因を誰かに聞いてもらえる環境であれば問題はありませんが、

本音や愚痴をいえる相手がいない場合は紙に書き出すのもおすすめ。

この考えていることを紙に書き出す行為をジャーナリングといいますが、

心理を中心とした研究機関からもストレス解消に効果があると言われています。

具体的な方法ですがとにかく心の中に蓄積されている悩み、

愚痴、不安を全て吐き出すように書くこと。

 

この吐き出すという行動が大切であり、

これにより徐々に気持ちが落ち着くという人は多いです。

また書くという作業に集中するため、

その瞬間だけ嫌なことを忘れることもできます。

 

そして実際に紙に書いていくことで、

その時の気持ちや感情を客観的に見ることができるようになります。

また、書いているうちに悩んでいるだけだった時には

思いだせなかった解決策が急にひらめくということもあります。

このストレスの原因を書いた神は必ず保管しておくようにするといいようで、

後々の人生で同じことが起きた時に解決策や対策の

ヒントにつながる可能性もあります。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

シングルマザーにだけではなく、

たくさんの人に効果があるストレス解消法をお伝えしました。

 

ストレスを溜めすぎると、衝動的に買い物をしたり、

依存的な行動に出やすくなります。

 

少しでも生活に取り入れるようにして、ストレスを発散できるといいですね。

<応援クリックお願いいたします>

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村


シングルマザーランキング