ひとり親が支援を受けて収入を安定させるには?貧困を抜け出す3つの方法!
Pocket

 

ひとり親家庭には支援がありますが、しっかりと手当の申請は済んでいますか?

最初の申請や、途中の審査にも色々難しくて、ごちゃごちゃしちゃいますよね。

 

何がどれだかわからなくなりますが、大切なお金のこと。

しっかりと受給できるように、申請漏れのないようにしたいところです。

 

また、母子家庭生活でせっかく手当が受けられるのに、無駄にお金を使ってしまうのはもったいないですよね。

 

今回は、ひとり親支援を受けて、収入を安定させるために、上手な節約・お金の増やし方も一緒にお伝えします。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

ひとり親が支援を受けて収入を安定させるには?貧困を抜け出す3つの方法!

 

ひとり親の生活を支援する方法として手当があることは、ご存知かもしれません。

では、どんな支援があるのでしょうか?

お住いの自治体によって、詳細が変わってくる場合があるので、市区町村の機関に確認する必要があります。

 

ひとり親支援の活用することで収入を支える

児童手当

私の住む市内では市内に住民登録があり、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父または母等で、生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。父母に養育されていない児童の場合は、児童を監護し、かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限あり。

 

受給期間と申請が必要な方は

  • 10月(6月分から9月分まで)
  • 2月(10月分から1月分まで)
  • 6月(2月分から5月分まで)

 

  • 出生などにより、新たに児童を養育する方
  • 既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方
  • 他の市町村で既に受給していて、入間市に転入された方 

 

※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。遡って手当を受けることはできません。必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

 

児童扶養手当

 

 

父親または母親のいない家庭や、父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

自立の促進を目的とした手当です。

 

児童数、所得により金額が変わりますが、全額支給だと40000円以上いただけます。

支給回数や・正確な金額はしっかり調べておきましょう。

 

 

受給資格は、

次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

 

  • 父母が離婚したお子さん
  • 父親または母親が死亡したお子さん
  • 父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん
  • 父親または母親の生死が明らかでないお子さん
  • 父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん
  • 父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん
  • 父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん
  • 母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

 

 

特別児童扶養手当

精神又は身体に障害を有する20歳未満の児童の福祉増進を図ることを目的として、

その児童の保護者に対して支給される国の手当です。

1級と2級があり金額が違います。

 

遺族年金

遺族年金の支給額は、加入している社会保障制度・家族構成によって受け取れる金額が異なります。

死別の場合は、ご主人がどんなお仕事をされていたかによって受けられる金額が違うようです。

 

ひとり親家族等医療費助成制度

お母さん又はお子さんが医療機関を受診した場合の医療費の一部負担金を県と市町村で助成する制度です。(父子家庭にも該当します)

18歳年度未満末の児童で生活保護を受けていない家庭に対象となるようです。

 

 

児童育成手当

私の自治体ではない手当ですが、東京都にはこの手当があるようです。

ひとり親家庭等の児童の心身の健やかな成長に寄与することを趣旨として支給するものであり、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

 

月額、対象児童1人につき13500円(年に3回の受給)

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

母子家庭生活での上手な節約方法

 

ひとり親の生活で支援や手当をしっかりと受けたとしても、そのお金を無駄遣いしては意味がありませんよね。

 

母子家庭生活でお金をうまく節約することでより良い生活にしていきましょう。

 

食費の節約方法には、買い物に行く前に自宅にある食材をメモしてから行くことで無駄買いを防いだり、特売日にまとめて購入した野菜を一週間分のストック食材としてメニューを考えたり、といったコツがあります。

 

アイデア一つで楽しく節約できる費用。

 

テストや受験前には、学校外でも教育を受けさせたいと思うこともあるでしょう。
ただ、毎月数千〜数万円が必要となる塾や家庭教師代は、家計を圧迫します。

 

実は、各自治体によっては、教育支援サービスを提供している場合もあります。

 

例えば、私が住む地域では、ひとり親家庭学習支援として無料で家庭教師を派遣するサービスがあります。

 

他にも自治体が支援している学校外の教育サービスがありますので、色々調べて活用しましょう。

 

公共料金については、条件に当てはまり、かつ申請をすることで水道料金の減免制度を利用できます。

 

基本料金および消費税等の免除がありますので、減免条件も含め詳しくは各自治体のHP等で調べてみましょう。

 

また、児童扶養手当を受けている方と生計を同じくする都内在住者が対象となり電車バスの料金が安くなります。

申請すると、ICカードで都営交通無料乗車券1年分が支給されます。

 

これを利用することで、都バスや都電を利用することができます。

 

あとは、電気の時間帯割引もあるそうです。

 

私自身は導入はしていませんが、昼間全く電気を使わない方は時間帯割引のサービスを使うとグッと電気代が安くなることがあります。

 

生活スタイルによってプランを変えることも検討してみると良いかもしれません。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

収入を増やして生活を豊かにしていくために

 

頑張って節約してお金をコツコツ貯めようとしても限界がありますよね。

そんな時はお金を増やす方法を考えましょう。

 

母子家庭では、本当にピンチが訪れたときにどうやって乗り切るのか、子供のためにもしっかり考えておくべき。

お金を増やす方法とは、副業をすること。

 

今はインターネットの時代なので、ネットで副業をすることが可能ですし、難しいなと感じる人は、スマホアプリから始めてみましょう。

家の不用品をフリマアプリでお金に変えたり、ネットの中に広告を貼るお手伝いをして収入を得たり、自分の得意なことを他の方のために役立てることでお金になるといった魅力的なお仕事です。

 

やり方は、様々なので自分に合った方法と、正しいやり方を知ることが大切になります。

ほとんどの仕事が在宅ででき、今までにスキルがなくても取り組める仕事もあるので、忙しくて時間が無い人でも家で手軽に挑戦できます。

 

パソコンが苦手な方でも徐々に慣れていくことができるので、この機会にチャレンジしてみるのもいいですね。

 

お仕事が見つからなかったり、収入が少ない場合には、今からできるお金を作る方法があります。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

 

ひとり親の生活で大切なのが、支援をしっかりと受けて、収入を安定させること。

どんな手当があるのかという把握は必須になります。

 

ただ、かなり文章が難しく理解しづらいこともあると思うので、諦めずに役所の人とお話しできる状況を作ることが一番です。

 

また、上手な節約をすることで無駄をなくし、お金も増やすことで、より豊かな生活にすることができるのではないでしょうか。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング