Pocket

 

子育てすることは本当に大変。

幼少の頃はほとんどと言っていいほど、自分の時間もありません。

 

自分の時間どころか、睡眠時間まで減ってしまいます。

 

それでも生活をしていくために、子育てだけではなく一家の大黒柱として働いていかないといけないプレッシャーに押しつぶされそうな時も。

ちょっと力が入りすぎているかもしれません。

 

今回は、シングルマザーの悩みランキングをお伝えしますが、シングルマザーが悩みを抱えていることの1位は、やはりお金。

 

しかし、その反面には子供と向き合う時間がないことに悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

スポンサードサーチ

シングルマザーの悩みランキング!やっぱり1位はお金!

 

シングルマザーの悩みランキングを4位からお伝えいたします。

 

シングルマザー悩みランキング 4位 精神的に厳しい

 

「子供の歯が抜けて生え変わってきた」とか「鉄棒で逆上がりができるようになった」とか日常の些細なことでも子供の成長を共に喜んだりできる相手がいないことはママにとって悩みの1つで、そんなことわかって離婚したのですが、実感する時は結構多い。

 

また、子供のことで悩むこともあると思います。

例えば「お友達同士の喧嘩の時の対応」や「子供が嘘をつくけど、どう対応したらいい」など。

 

子供のことでどうしたらいいのか困った時にでも相談できる相手が家にいないことは、子供がというよりママが困る点でしょう。

 

家の中で子供とだけ過ごすママにとっては、大人同士の会話をしたいと時には思うものです。

 

私自身、なんだか寂しいな〜話したいな〜と、心細くなることも多かったのですが、この「相談相手がいない」ということが原因だったのだと、今になって理解できました。

 

そんな時、ちょっと優しくしてくれる、男性がいると(友達でも)心が休まるのにな、と思うこともたくさんあり、そういった存在の男性を求めてしまうこともありました。

 

おじいちゃんやおばあちゃん、気の合う友人などとたまにはママも息抜きしてくださいね。

 

そして困った時は保育園や学校の先生に相談したり、保健センターなど地域の支援に頼ることも必要だと思います。悩みごとはママ一人で抱え込んでしまわないようにしたいですね。

 

あとは、悩んでいることや、感じていることを紙に書き出すということをしてみるのもよいでしょう。

感情が抑えられない時は、殴り書きでもいいです。

 

私自身、ストレスが溜まった時は、泣きながら紙に「バカヤロウ!」と書きなぐった時期もありました。

 

初めは、紙に書くなんてそんなことで変わる訳がないと思っていましたが、こうしてブログで今までの体験を表すことで、自分の気持ちに整理がつくようになったので、効果は抜群でしょう。

 

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

シングルマザー悩みランキング 3位 偏見の目

 

離婚、シングルマザー、現代ではさほど珍しい話ではありませんが、私の住んでる町は田舎町なので珍しいよう。

 

田舎だけに子供と二人で歩いていた際に、年配の女性数人がこちらを見ながらひそひそ話していたり、学校行事の帰りに子供と歩いていたら知らないおばあさんに「へ~、あなたが**くんのお母さんなんだぁ」と言われたことがあります。

 

地域のお祭りでは、民生委員の方が私のことを探しだし「**さんですか?母子家庭なんですよね?生活で困っていることはないですか?お力になれることもあるので何でも相談してくださいね!」といきなり話しかけられたり。

 

やはりシングルマザーは物珍しそうに見られるのです。もちろん偏見かもしれませんが、結局はあの人「バツイチの子持ち」と見られているように感じてしまう自分がいます。

 

あとは、子供が喧嘩をしたときに「子供を全然見ることができてない」とママ共に、じっくり叱られたことがあります。見てあげたいのに、見れない辛さもわかって・・と思いながら謝ったこともありました。

 

もう、開き直って明るくシングルマザーであることを堂々と宣言して歩く方が楽なことに気づき実践しています。

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

 

シングルマザー悩みランキング 2位 時間が足りない

 

毎日仕事、帰ってからは家事となると子供との時間はご飯とお風呂の時間しかありませんでした。

 

やはり、子供には寂しい思いをさせてしまっていました。

なので、一人遊びが上手な子供になりましたし、寂しくても、子供は文句の一つも言わずにいてくれたので、今では申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もちろん、父親を催促する言葉もありました。

シングルマザーは母親が働かなければ生活をしていくことができません。
 
 
子どもに教育面で不自由させたくないとか、育ち盛りだからたくさん食べさせてあげたいと思えば、自然とダブルワークも珍しくなくなってしまいます。
 
 
でもそうなると子どもに接する時間は少なくなってしまいますので、コミュニケーションが取りづらくなってしまうんです。
 
 
私自身、看護師の免許を取得するために、看護学校に通っていた時期から、目の色を変えて、子供との時間を削り、勉強や仕事に没頭していました。
 
 
それは、子供を一人で育てていく責任感の塊でもあり、この選択がベストであることを証明するためにも、全力で頑張る必要があるのだと、がむしゃらにならざるを得なかったのです。
 
 
そして、若くして離婚を経験したことで「今時の若い女性は我慢がなっていない」と、思われたくなかったせいか、絶対に成績優秀で卒業したかったので、人一倍勉強しました。
 
 
結局、目先のことに集中しすぎて、子供とのコミュニケーションは、うまく行っているようで、いっていなかった時期もあったと反省しています。
 
 
 
やはり子どもも母親と過ごせないと寂しく感じてしまいます。
 
 
 
 
 

シングルマザー悩みランキング 1位 お金が足りない

 

母子家庭でなくとも深刻な悩みになりうるのがやはり、お金のこと。
 
 
お金を稼ぐためには仕事もしなければいけませんから、仕事に関しても悩みの種になることが多いです。
 
 
子どもが小さいうちは特に医療費がかかりがちですし、子どもに対する教育にかかる費用は決して安くありません。
 
小学生、中学生になれば教科書や制服、給食費なども必要になります。
 
 
それを補える職業に就くのもなかなか難しいところで、社会では男性と同じくらいの年収を女性が稼ぐのは難しいのが現状です。
 
そこに悲観して悩んでいるシングルマザーは多い。
 
 
ここは、私の場合は自分に対し、言い聞かせしかなかったです。
「私が楽しく生きていれば(仕事をしていれば)、まっすぐに育つ。時間は短くても、コミュニケーションは濃く」
を大切にしていました。
 
上記に、看護学校時代から看護師の仕事をしている時期の時間がなく、子供とのコミュニケーションが、少なくなりがちであった過去を書きましたが、やはり、ママ自身が、楽しく生き生きとして、仕事や勉強に励んでいると、曲がった成長はありませんでしたね。
 
 
ちょっと、子供の様子がおかしいなと思う時こそ、自分を律して前を向き、自分がやるべきことに立ち向かう姿勢が、子供にも感じたのでしょうね。
 
 
時々、いたずらをすることはありましたが、これまで大きな悩みに直面することなく、思春期を迎えています。
 
 
そんな中でも、お金をしっかり手にすることができたので、次は子供との時間を取り戻すために、コミュニケーションを増やすために時間を作っています。
 
 
今では、在宅ワークを中心とした生活を送っているので、子供と過ごす時間がかなり増えました。今までの時間を取り戻そうと必死です。笑
 
 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーの子育てしていく中の悩みをランキングにして、解決方法を色々な場面においてご紹介させていただきました。

 

なんらかのお役にたてれば幸いです。

私も一緒に読者の皆様と一緒にこれからも頑張っていきたいと思っています。

 

また、悩みがある時は、絶対に1人で抱えこまないようにしてください。

 

どんな形であっても相談できるところ、誰かに聞いてもらえる状態であること

解決できるようにしていきましょう。

 

<応援クリックをよろしくお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング