シングルマザーの貧困率は?貧困の原因・理由を紐解き対策を教えます!
Pocket

 

シングルマザーのお金がないということは、社会ででも問題になっています。

私自身、貧困生活を経験しました。

 

なんていうんでしょう、必死。

その一言でした。

 

お金がないことに落胆している暇もないほど、苦しい生活なんですよね。

だって、お金がないから働かないといけませんし、疲れたと思っても、子供は毎日成長していくんです。

 

そんな生活の中、緊張の糸がプッツリ切れた時に、本当の貧困生活(生活保護)に陥ってしまうのだと感じました。

今回は、シングルマザーの貧困率と原因を紐解くことで、対策をしっかりしていきたいと考えます。

 

私は、あなたの貧困を救います。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

シングルマザーの貧困率は?貧困の原因・理由を紐解き対策を教えます!

 

貧困率

 

一般世帯のうち「ひとり親と子供から成る世帯」は8.7%の約450万世帯。

およそ10世帯に1世帯は「ひとり親世帯」ということになります。

「ひとり親と子供から成る世帯」には親の実家に帰って3世帯で暮らしているような親子以外の方と住んでいる家庭も含まれます。

 

母子家庭・父子家庭

 

母子家庭や父子家庭は「親と子ども」だけの世帯です。

母子家庭の世帯数は約123万8000世帯、父子家庭は約22万3000世帯。

 

「ひとり親と子供から成る世帯」のうち「親と子ども」だけの世帯の約85%は母子家庭なのです。

日本の相対的貧困率は約16%。

日本の一般世帯は約5200世帯ですので、約840万世帯は貧困線である120万円に満たない収入しかないことになります。

 

また、「ひとり親と子供から成る世帯」の相対的貧困率は55%。

母子家庭、父子家庭の2世帯に1世帯は生活が厳しい状態なのです。

 

 

生活保護

 

厚生労働省の調査によれば、約11万世帯の母子家庭が生活保護を受給しています。

また国税庁「民間給与実態統計」によると、男性の平均年収は520万円、女性の平均年収は280万円です。

 

女性の平均年収は男性のおよそ半分。

 

厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、母子家庭の85%は「生活が苦しい」と回答しています。

 

きっと、じわじわと生活が厳しくなり、頑張って頑張って生活を続けたけど、踏ん張りがきかなくなって、生活保護を受けることになってしまうことがあるのでしょうね。

 

 

貧困の原因と理由

 

厚生労働省の「ひとり親家庭等の現状について 」によると、この25年間で、母子世帯は1.5倍に増えたそうです。母子世帯が増えた分、貧困であえぐ母子家庭も増加しています。

 

母子家庭の貧困率は、なんと6割を超えているそうです。

母子家庭の貧困は大きな問題。

一番深刻な問題は、経済的貧困です。

 

月々の家賃4万円を支払ってしまえば、ほぼ生活費はなく、お米は高くて買えず、うどんやパスタを食べるしかない母子家庭もあるとのこと。

 

また、子供の学校の備品を買うのも厳しく、なんとかおさがりをもらえないか探したりもすることがあるそうです。

このような母子家庭の深刻な経済状況は、実は二次問題を発生させているのをご存知でしょうか。

 

例えば、経済的貧困によって、子供と接する時間が大きく減る問題などが発生しています。

日々の生活のため、早朝から深夜まで働くシングルマザー。

 

ここまで働かなければ、子供と生活していくのは無理なんですよね。

 

その結果、子供が普段何をしているのか把握することが難しくなり、我が子との距離があいてしまうシングルマザーが増えていますし、経済的貧困が子供と一緒にいる時間を減らし、すれ違いを生むという悪循環は大きな問題でしょう。

このように、母子家庭の貧困は放って置けない社会問題に間違いないのです。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

貧困脱出対策

 

シングルマザーは、自治体の支援に頼ることができます。シングルマザーを支援する制度としては、以下があります。

 

  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 特別児童扶養手当
  • 遺族年金
  • 母子家庭の住宅手当
  • ひとり親家族等医療費助成制度
  • 乳幼児、義務教育就学児の医療費助成制度
  • 所得税、住民税の減免制度
  • 国民年金・国民健康保険の免除
  • 粗大ゴミ等処理手数料の減免制度
  • 保育料の免除と減額
  • 上下水道の減免制度

 

これだけ、手当や免除があります。

 

受けられる金額や、免除可能かはお住いの地区によって、変わってきますので、役所の方に相談していただけるといいですね。

 

生活保護を申請し、子供が小さいうちは、生活費を援助してもらいながら、パートとして働き、子供が小学生になって、日中長時間働けるようになったタイミングで正社員に切り替えることで、安定収入を得られたというシングルマザーもいます。

 

頼れる身内がいないというあなたは、まず市役所に相談に行き、生活保護を申請すべきか、アドバイスを受けてみましょう。

 

資格を取る

シングルマザーで収入が一定以下の場合には、資格の取得をめざす場合に、その費用を一部負担してもらえます。

 

看護師、介護福祉士、ファイナンシャルプランナー、公認会計士など、資格があれば収入の安定した職種に就けるので、子育てとパートをしながら、資格を取得して仕事に就いたというシングルマザーも多くいます。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

お金を増やす

 

私が10以上母子家庭生活を続けていく上で、はじめてよかったのが、お金を増やすこと。

シングルマザーだからこそ、時間やお金の大切さがわかると思うので、在宅でのお仕事をお伝えします。

 

在宅でお金を稼げるネットでのお仕事として、メルカリやヤフオクなどのネット上で要らなくなったものを販売する不用品販売もおすすめ。

 

不用品販売と思ってなめている方も多いかもしれませんが、要らないものを全て出品して売れば、月に10万円以上だって稼ぐことができてしまいます。

 

家にいながらお金を稼ぐ方法として代表的なものが、ブログやサイトで稼ぐグーグルアドセンスですね。

グーグルアドセンスとはブログ内にクリック型の広告を貼り付け、その広告がクリックされればお金が発生する仕組み。

 

簡単にいえば、ブログにアクセスを集めることで「広告メディア」としての役割を果たし収益をあげることができるというわけですね。

 

ブログで稼ぐ方法としてもう1つのアフィリエイトの場合は、商品を売らなければならないのですが、このグーグルアドセンスの場合は商品を売る必要がないというのが大きなメリット。

 

アクセスさえ集めてしまえば収益が発生するため、芸能人のトレンド系ブログ、イベント系ブログ、季節系ブログなどが王道のジャンルとなっています。

 

初期費用もかからず、ブログを書くだけで稼げるということで非常に人気のお仕事ですが、一方で挫折する人が非常に多いのも事実。

 

実際のところ、ブログはインターネットを使った正真正銘のお仕事であり、正しく取り組めば間違いなく稼ぐことができます。

 

まだまだ、紹介しきれないくらいの内容があります。

物販ビジネス、ブログアフィリエイト、YouTube、メールマガジン、情報販売。

 

本気で取り組めば大きな利益生むことができますので、こちらにチャレンジしてもいいですね。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

 

シングルマザーの貧困は深刻な問題です。

お金は時間を奪うので、毎日毎日の積み重ねが、一気に落ち込む時があるんです。

なので、その理由を知ることで、一人でも多くのシングルマザーが辛い状況から抜け出すことができるように、配信を続けています。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング