Pocket

 

シングルマザーが仕事に対して、不満があったり、なかなか生活との両立ができなかったり、はよく聞きますが、みなさんどんなお仕事をして収入を得ているのでしょうか?

 

無職のシングルマザーも、多くこれから仕事につけるかどうかも不安なはず。

子育てしながら、一人でどこまでできるか。

 

そんな、不安を打ち消すためには、情報が何より大切に。

シングルマザーが生活や仕事に、不満がある理由は情報が何より少ないということ。

 

知るべきことを知れば、おのずとやるべきことが見えてきます。

 

今回は、シングルマザーが、どんな仕事をなにしているか、どうやって両立を実現させているかポイントをお伝えします。

 

スポンサードサーチ

シングルマザーは仕事なにしてる?生活と仕事を両立させるポイントを教えます!

 

シングルマザーは仕事に就けるのか

 

シングルマザーになったときに仕事をしていなかったママでも、70%近くのママがなにかしらの仕事に就いています。

仕事している方が70%という数字を見たとき、残りの30%は仕事ができないのでは、と不安に。

 

確かに、残り30%のうち80%以上の方が就職を希望していますが、実際に求職している方はその半分程度。

職業訓練を受けていたり、体調面で仕事ができない方もいらっしゃいるそうです。

 

そのため、就職を希望する方の多くが、仕事に就く・職業訓練を受けるなどの進路に進めていることが分かります。

過去に取得していた資格はもちろん、シングルマザーになって取得した資格を活かして仕事に就いている方も多いです。

 

シングルマザーが一番多く取得している資格は「簿記検定」と「ホームヘルパー」。

 

ただし簿記は仕事に役立っていると答える方が半数以下で、つまりは経理事務に就く武器にはなっていないことが事実です。

一方ホームヘルパーは、60%以上の方が役立っていると答えており、ホームヘルパー資格を取得することで、介護系の仕事に就くきっかけになっています。

 

ちなみに、資格が仕事に役立っていると9割以上が答えた職種は、看護師・准看護師・作業療法士という国家資格のみ。

過去に取得した資格が役立っていることも分かります。

 

もし、昔取得していた資格がある方は、それを役立てる職種への就職を希望すると、早く仕事に就ける可能性があります。

 

また、シングルマザーは休むことは多くても、意欲も高いため、採用する企業は増えています。

 

急な欠席や遅刻・早退、そして残業ができないという理由で、企業がシングルマザーの採用を敬遠しがちなのは事実ですすが、全てがそうではなく、積極的にシングルマザーの採用を行っている企業も増えています。

 

シングルマザーは「急な欠席・残業不可という条件はあっても、意欲が高く、退職率も少ない」から。

 

行政側も意欲の高いシングルマザーを採用する企業を増やそうと、厚生労働省が「はたらく母子家庭・父子家庭応援企業表彰」を実施していることから、官民一緒にシングルマザーを応援する制度を少しずつ整備しています。

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

おすすめの仕事

 

長く働ける仕事を探す際には、その業務が40歳、50歳になってもできるかどうかや、その業界で40代、50代の方が実際に働いているかどうかが大切なポイントに。

 

そのような観点から考えると、お勧めの業界はやはり医療・介護業界です。

 

現状では、どの業界でも働く人の確保に困っていますし、中でも特に人手不足なのは、運輸・運送業界です。

 

運輸・運送業にも様々な内容があり、女性向きの仕事も実は多くあります。

 

例えば、軽貨物や書類の配達、マーチャンダイザーを兼ねたルート配送などで、「体を動かす仕事の方が好き」という方には、特に向いているでしょう。

 

仕事探しをしているシングルマザーの悩みの一つに「良い仕事が上手く見つけられない」が挙がりますが、仕事を探すための準備が整っていなかったり、情報がきちんと受け取れなかったりすることが原因であることが多い。

 

今の求人市場は活況で、仕事はたくさんありますし、その中から希望の仕事を見つけるには、優先順位を決めることと職業理解を深めることが大切です。

 

優先順位を決めるためには、ご自身にとって譲れない求人条件をある程度絞ることを要求されます。

 

また、職業理解を深めると、仕事の選択肢を広げることにもなります。知らない仕事を理解するには、数多くの求人情報に目を通すことが有効です。専門家に相談するのもよいでしょう。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

副業も視野に

 

仕事ができるようになっても、満足いく収入を得られるかが難しく、副業をする方も多くいます。

オススメしているのは、在宅ワークですが、シングルマザーに限りませんが、在宅で生活費を稼ぐというのは簡単なことではありません。

 

特に、子どもがいながら在宅ワークをこなすのはとにかく大変。

 

集中する時間を取りながらや家事・育児とのバランスなど、さまざまな試練を乗り越える必要があるでしょう。

 

ちなみに最近は、内職など手作業の在宅ワークは昔と比べると少なくなっています。

現在は、パソコンを使用する在宅ワークの普及率が高めに。

 

パソコンが1台あればできる仕事は、主に副業として、シンママ家庭の生活費の一部を稼ぐために貴重なものそのもの。

時間配分などがうまくできるようになれば、在宅ワークを本業にすることも無理ではありません。

 

ただ、親子が生活するだけの安定した給与を手に入れられるかどうかは、お母さんの実力次第ですね。

 

初心者から始めた場合は、特に正しい方法を正しい努力をすることで、最短の成功を手にすることができるでしょう。

まず、シングルマザーでお仕事をされていると、お金に困るため副業をしようかと考える方もいるでしょう。

しかし、実際の生活にもう1つ仕事を増やすとなると、かなりの負担に。

 

時間もそうですが体に負担がかかり、長く続けることは難しいですよね。

 

ブログ構築を副業とすることで、自宅でのダブルワークが可能になりますので、移動時間もなくてすみますし、家にいられることで、子供の様子が伺えたり寝ている間の作業が可能になります。

また、ブログの構築は元手が一切必要ではありません。

 

パソコンがあれがすぐに取り組めます。

ブログを作るのに、サーバーとドメインというネット上の住所を作るために半年1万円くらいは必要となりますが、それ以外は自分の努力以外何もお金はかかりません。

 

そのかわり、ブログでしっかりお金が入ってくるようになるまで、最低は半年〜1年はかかりますので、その成果が出ない間も、コツコツと記事を書くことが重要となります。

 

まさに努力と継続で手に入れる、元手がいらない資産づくりがブログなんです。

 

ブログにアクセスを集めて広告をクリックしてもらって広告収入を受け取るのが、グーグルアドセンスというお金が入ってくる仕組み。

 

初期費用がほとんどかからず、失敗しても赤字のリスクがない、それでいて自動化もできるため副業としても絶大な人気を誇るのがグーグルアドセンス。

 

ただ、「ブログは稼げない」という声も多少聞くこともあり、実際のところ、アドセンスでどのくらい収益を得ることができるのか気になる方も多いでしょう。

 

ブログやサイトでのアフィリエイトで稼ぐのであれば、まず、大前提として絶対に3ヶ月は継続すること。

 

というのも、基本的にグーグルがブログを評価するのはブログ開設から約3ヶ月後と言われており、それまではほとんどアクセスを集めません。

 

それゆえ、ブログで稼ぐのであれば、3ヶ月〜半年(長くて1年)は継続するというのが最低条件になります。

 

その上で、記事数も100記事を超えたあたりから大きく伸びると言われているため、3ヶ月100記事を目指して1日1記事を書いていくことが大事なのです。

 

その上で、取り組む方向に合わせてこれからどうするべきかを練ることが稼ぐ上でのポイントとなります。

というのも、ブログといっても広告収入であるグーグルアドセンス、商品やサービスを紹介するアフィリエイトなど稼ぎ方は多くあるからですね。

 

もしグーグルアドセンスで稼ぎたいのであれば、とにかくアクセスを集めることに集中しましょう。

なぜなら、グーグルアドセンスはブログ内に貼り付けた広告がクリックされることで報酬が発生し、アクセスを集めるだけで収益が伸びていくから。

 

それゆえ、グーグルアドセンスでお金を得るには、タレント系、季節系、イベント系などのトレンドを攻めるのが基本なので、そういった現代の流れの把握も必要になるのではないでしょか。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

シングルマザーにオススメのお仕事を紹介していきました。

母子家庭生活でうまくいくためにには、子育てと仕事との両立がポイントとなりますね。

 

そのためには、自分がどんな仕事なら続けられそうか、今の状況と照らし合わせて、できることをあぶり出すように選んでいくことが大切でしょう。

楽しい母子家庭生活が送れますように。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング