母子手当(児童扶養手当)の金額や支給日は?子供一人の場合はどうなるか?
Pocket

 

母子手当(児童扶養手当)は離婚したシングルマザーにとって、重要な収入ですよね。

みなさん、色々調べている方も多いとは思いますが、結局自分の家庭はどのくらいの金額がもらえるのだろうか。

 

また、ほかに収入がある場合は、どうなるのか。

結構細かいことがわからなかったり、知らなかったりすることが多いかもしれませんね。

 

私自身、支給されていた当時は、わかったようで、わかっていなかったことが多く、支援課の方に本当にお世話になり続けていました。

 

今回、私にできることとして、母子手当として知られている、児童扶養手当に金額や支給額など、その他の収入に関わることをお伝えしていきます。

 

母子手当(児童扶養手当)の金額や支給日は?子供一人の場合はどうなるか?

 

母子手当(児童扶養手当)はどのように支給されるのでしょうか。

子供1人、子供2人、子供3人のケースを当てはめてお伝えします。

 

離婚後に受けられる母子手当と言われる児童扶養手当について

 

まず、離婚が成立したらすぐに児童扶養手当が受けられるように申請しましょう。

父親または母親のいない家庭や、父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、父母に代わって養育している方に手当を支給しています。

 

現在は、父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

自立の促進を目的とした手当です。

 

母子家庭がもらえる母子手当(児童扶養手当)の金額は、子供が1人の場合、月額42290円~9980円となります。

子供が2人の場合は、子供1人の場合の金額に、子供2人の場合の金額を加算した額となります。

 

児童の人数月額支給額
児童1人の場合42280円から9980円
児童2人の場合9980円から5000円を加算
児童3人以上の場合5980円から3000円を加算

 

母子家庭生活をするシングルマザーにとって、月に4万円もらえるとなると、非常にありがたく生活の支えとなります。

ただ、金額に結構な幅があるのが気になるところ。

 

実は、児童扶養手当は所得に応じて支給額が変わります。

さらに、所得制限があるため、所得額によっては受給の対象外となります。

 

児童扶養手当を受けられる条件とは

子供が18歳に達する日以後最初の3月31日まで

下記条件に該当する児童で、18歳に達する日以後最初の3月31日まで、または20歳未満で中度以上の障害がある児童に対して支払われます。

 

  • 父母が離婚した児童
  • 父母どちらかが死亡した児童
  • 父又は母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
  • 父、または母の生死が明らかでない児童

 

母(父)の所得が所得制限限度額を越えない場合

 

所得額が、下記表の「一部支給できる所得制限限度額」を超えなければ、児童扶養手当の支給を受けることができます。

たとえば、子供が1人の場合で考えてみると、

 

所得が57万円以下の場合は、児童扶養手当の全額を受け取ることができます。

所得が57万円超~230万円以下の場合は、児童扶養手当の一部支給を受けることができます。

 

扶養義務者等の所得制限もある

実家に戻って祖父母等と生活している場合は、祖父母の所得も児童扶養手当支給の条件に関係します。

祖父母等の扶養義務者に所得制限限度額以上の所得があれば、たとえ自分の所得が所得制限にかからなかった場合でも、児童扶養手当の支給を受けることはできません。

 

扶養親族

本人扶養義務者等の

所得制限限度額

全部支給できる

所得制限限度額

一部支給できる

所得制限限度額

0人19万円192万円236万円
1人57万円230万円274万円
2人95万円268万円312万円
3人133万円306万円350万円
4人171万円344万円388万円

 

所得というと、給与所得を思い浮かべるところですが、養育費も所得に含まれます。

受け取っている養育費の約8割を所得として加算することとなります。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

児童手当と養育費について

 

私の住む市内では市内に住民登録され、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父または母等で、生計の中心者(家計においてより中心的な役割を果たしている方)が受給者となります。

父母に養育されていない児童の場合は、児童を監護し、かつ、生計を維持している方が受給者となるそうです。

 

児童手当の対象者は児童手当の対象となるのは、日本国内に住む0歳以上から中学卒業まで(15歳に到達してから最初の年度末(3月31日)まで)

 

この手当は母子家庭関係なく、お子さんがいる家庭に受給されるものです。

金額は子供の人数と年齢によって変わります。

 

(月額10000円〜15000円)所得による上限あり。

 

支給対象年齢支給額(月)
0歳~3歳未満15000円
3歳~小学校修了前10000円(第1子・第2子) 15000円(第3子以降)
中学生10000円
所得制限世帯

(約960万円以上)

5000円

 

子供の年齢が児童手当の支給対象内であれば、前述した収入イメージに、上記金額を加算してみてください。

 

受給期間と申請が必要な方は

  • 10月(6月分から9月分まで)
  • 2月(10月分から1月分まで)
  • 6月(2月分から5月分まで)

 

  • 出生などにより、新たに児童を養育する方
  • 既に受給していて、出生などにより養育する児童が増えた方
  • 他の市町村で既に受給していて、入間市に転入された方 

 

※ 児童手当は申請の翌月分から支給開始です。遡って手当を受けることはできません。必要な書類がそろわなくても、窓口のに申請においでください。なお、出生日または前住所地に届出した転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生日または転出予定日の翌月から支給されます。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

 

まとめ

 

 

母子手当(児童扶養手当)についての説明をしました。

シングルマザーにとって、支援を受けることは必須であり、生活の支えとなるポイントですね。

まずは、生活をしっかりと安定させて、お子さんと自分の生活を守るところから始めましょう。

大事なお子さんを守れるのは、何よりもあなただけなのです。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング