Pocket

 

家計を支える上でも、仕事はしなければならないけれど、
子どものことも1人でしなければならないケースが多いシングルマザー。

安定したお給料を考えれば正社員の方がいいけれど、子どものことを考えたら時間の自由が利くパートの方が良い気もする。

 

子育ての今は今しかないですし、お金も時間も大事ですよね

でもこれからずっとパートのままでいいのか悩んでいる方もいるでしょう。

 

パートでもお金に困らない在宅ワークがあるんです。

そんなにさらっと言うけど、難しそうだし、自分にできるか不安。

 

すごくわかりますし、1年前の私も同じとこを思っていました。

しかし、そんな私も現在はお金に困らず子供と安心して過ごしています。

 

今回は、このままパート生活でいいのかな?ずっとパートじゃダメなんじゃないかな?というシングルマザーにオススメの生活をお伝えします。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

スポンサードサーチ

シングルマザーの仕事はパートだけでも生活できる?ずっとお金に困らない方法は。

シングルマザーの仕事としてパートを選ぶ理由と魅力

シングルマザーだからというより、子育て中のワーキングマザーは子どもが病気になった時や、自分が残業しなければいけなくなった時、代わりに面倒を見てくれる人がいるかが働き方を大きく左右します。

 

シングルマザーであっても、ご両親と同居できるのであれば、正社員として働くことも可能ですが、母子のみで生活するとなれば、パートの方が時間の自由度は高いと言えるでしょう。

 

パートの場合、基本的に残業はありませんし、シフトを組めるので、子どもの参観日などに合わせてやりくりができます。
短時間労働にすることができるので、子どもが体調を崩した時も、すぐに迎えに行き易い環境でしょう。

 

子どもがある程度、大きくなってしまえば、体調を崩すことも少なくなりますし、学校の授業時間も長くなるので、正社員としても働くことも可能。

 

正社員で働く場合、厚生年金や健康保険など社会制度が充実していますし、収入が安定的に確保できるという面で経済的な不安を解消しやすいと言えます。

ただ、勤務時間や残業などの面では少々融通が利かないかもしれません.

 

シングルマザーは子育ても家事も仕事も全部ひとりでこなして行かなければなりませんよね。

その点を考えると、勤務時間などのしばりが硬い正社員としての働き方はシングルマザーにとってハードな場合も。

 

パート勤務だと仕事での責任が減りますし、帰宅時間が少し早くなるだけで家事や育児に対し少し余裕をもつことが出来たのです。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

手当や養育費をうまく取り入れる

 

シングルマザーの皆さんは、生活費丸々全部ひとりで何とか稼ごうと必死に頑張りますよね。

例えば生活費が月18万円必要だと仮定します。

 

この18万円をパート勤務で稼ごうとすると、もしかしたら正社員よりもハードな仕事生活になるかもしれませんね。

 

でも養育費や母子家庭世帯が貰える手当もあるので、実際のところ18万円分のパートをしなくても生活は出来るでしょう。例えば、国から貰える手当が月に換算すると5万円で養育費は3万円貰っているとします。

 

パートを10万円稼ぐことができれば、合計18万円

時間とお金のバランスが取れることが取れそうですよね。

 

シングルマザーとしてはバリバリ稼ぎたい気持ちになると思いますが、実際に仕事と家庭の両立が上手くいかなく、精神的・肉体的ストレスが溜まってしまうと本末転倒。

 

気持ちに余裕がないと、子育ても仕事も辛くなってしまいますから・・・。

 

子供にお金がないこと、仕事でヘトヘトなこと、ストレスいっぱいなことは全く関係ないですからね。

 

シングルマザーは、自治体の支援に頼ることができます。シングルマザーを支援する制度としては、以下があります。

 

  • 児童扶養手当
  • 児童育成手当
  • 特別児童扶養手当
  • 遺族年金
  • 母子家庭の住宅手当
  • ひとり親家族等医療費助成制度
  • 乳幼児、義務教育就学児の医療費助成制度
  • 所得税、住民税の減免制度
  • 国民年金・国民健康保険の免除
  • 粗大ゴミ等処理手数料の減免制度
  • 保育料の免除と減額
  • 上下水道の減免制度

 

これだけ、手当や免除があります。

 

受けられる金額や、免除可能かはお住いの地区によって、変わってきますので、役所の方に相談していただけるといいですね。

 

 

あと重要なのは養育費。

離婚するときに離婚公正証書を作成します。

 

離婚公正証書を作成することで、月額の養育費金額を明確に決め、支払われない場合には財産を差し押さえることができるという証明ができます。

 

そんなに簡単に取れるのかな?

 

最初は少し大変ですが、この先10年以上先の収入を考えると絶対今頑張ると全く生活が変わりますよ。

 

私の場合は、協議離婚であったため直接公正役場というところに相談に行きました。

 

また、離婚するわけですから話し合いが成立しにくい状況だったり、元ご主人が理解してくれなかったりといった感情を左右されることが沢山でてくると思います。

 

どうせ不払いになるんでしょう?と思うかもしれません。

だからこそ公正証書を作成するんです。

 

元ご主人が、養育費を支払いたくないから子どもの親権をとるとか、養育費なんて支払わない、と言っているならば、夫は情報が不足している、知識がないことの現れです。

 

ここは、子供のためを優先し女優になって理解して貰えるように説得しましょう。

 

話し合いができる状況でないのであれば、なおさら第三者を立てて話を進めていくことをオススメします。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

時間をうまく使う

 

では、パートを生活基盤として選んだ場合、パートの収入だけで母子家庭として生活していくことは可能なのでしょうか?

お子さんが小さいうちは、パート代と手当や養育費でなんとか生活していけるかもしれません。

 

しかし、成長するにつれてかかってくるお金はどんどん、増えていきます。

 

今お子さんが小さいのであれば、パートをして子育てをしながらでもできるお仕事を平行して行うこともオススメ。

冒頭でもお話したように在宅ワークをを取り入れる方法がオススメです。

 

パソコンがあればどなたでもできまますし、家でできるお仕事なので、お子さんと一緒にいながらお金を作ることができるのです。

パソコン初心者の私でも、試行錯誤を繰り返しながらお金を増やすことができましたし、これからもずっと続けていこうと考えています。

 

では、どんなことをしているのか?

 

在宅ワークのススメ

 

私がまず始めたのは、家の中のいらないものをオークションサイトで高額で売りました。

スマホアプリでも取り組める不用品販売

 

家の中のいらないものが整理されて、お金になるってすごい気持ちが高ぶりますし、さらに自分が使わないものを他の人が高額で買ってくれると本当に嬉しい気持ちになったのを覚えています。

 

不用品でお金ができたら、次にチャレンジはネットショップ

 

ちょっとハードルが高そうに聞こえますが、少しづつ進めば誰でもできますし、基本は、お客様の必要としている商品を安く仕入れて高く売るだけ。

 

比較的すぐにお金になるので、すぐお金が必要な人にはオススメです。

 

しかし、商品の仕入れにクレジットや元手が必要となるのと、商品の出荷のために頻繁に家を空けることもあるので、小さいお子さんがいると少し大変に感じるかもしれません。

 

ただ、その点をクリアできれば取り組めばお金になるのでとてもオススメです。

 

少し時間がかかっても家にいる時間でできることがいい方は、アフィリエイトがいいでしょう。アフィリエイトとは、自分の作ったブログに広告を置くことで、その広告の商品が購入されると生まれるお金です。

 

必要なのはパソコンだけで、他に何もいりません。

 

記事を書き続けることで確実に安定した収入を得ることができます。

ただ、もう1つ必要なのが努力と諦めない心

 

継続して記事を書いていく必要があるので、コツコツした努力が実ることで収入になるのです

 

反対に、継続できればお金になるので、シングルマザーには嬉しい元手のいらない資産運営だといっても過言ではありません。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

現在パートをしながら生計を立てているシングルマザーは今のままでいいのか、これから先もパートのままで大丈夫なのか?と悩まれているでしょう。

 

今大切なのは子供との時間を優先することは大切なのかもしれません。

 

手当や養育費を受けられるようであれば役立てて、子育て中の時間をうまく活用して在宅ワークを少しづつ取り入れられるとさらにいいでしょう。

 

<応援クリックよろしくお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング