Pocket

 

他のシグルマザー がどのようにお金のやりくりをしているか知りたいですよね?

 

どのくらいお給料があって、何にどのくらいお金をかけているか。

 

そして、苦しい時にどんな方法で乗り切っているかの方法を知りたいでしょう。

 

最近は、シングルマザーが珍しくなくなりましたね。

しかし、それと生活が楽になったかというとそうではありません。

 

シングルマザーの貧困は重大な社会問題。

 

 

今回は、シングルマザーの生活費はどのくらいかをお伝えしながら、お金が足りない時どうしてるか?お金を増やす方法はないかをお伝えします。

 

 

スポンサードサーチ

シングルマザーの生活費は平均どのくらい?お金を増やしたい人必見。

 

シングルマザーとして生活をしている時に気になるのが、他のお宅の生活費かもしれませんね。

平均として我が家の離婚当時の家計簿をお伝えします。

 

シングルマザー生活の1ヶ月の生活費はいくら?

住居費

5万円まで

小学生の子供が1人であれば狭いアパートに住むことが可能。

公営住宅に入居できれば大幅に削減できますね。(抽選にエントリー)

 

食費

3万円まで

男の子の場合は必然的に食費が高めになりますが、母子2人ならこの程度に抑えることも可能でしょう。
食費を減らし過ぎると、医療費がかかってしまうケースもあるので、削りすぎに注意です。

(シングルマザーの貧困はここまで重大なんです)

 

日用品費

1万5千円

食費以外に必要な日用品、洗濯洗剤や台所石鹸、シャンプーやハンドソープ、掃除用具、ティッシュペーパー、ゴミ袋などの費用です。

 

光熱・水道費

1万円

基本料金によっても差がありますが、節約しても1万くらいは必要です。寒冷地の場合は、冬の暖房費を加算しなくてはいけません。

 

交通・通信費

2万円

子供の交通費は必要なく、親の通勤にかかる金額とスマホ代、ネット利用代金です。
スマホは格安スマホの利用により大幅に削減できます。

 

教育費

2万円

公立小学校の学費と習い事の費用です。ノートやえんぴつなどの学習用品も含みます。

 

生命保険料

5千円

県民共済などの安い保険に母と子供が加入した場合です。

 

美容・衣服など

1万円

子供の洋服代も含みます。
こだわりがないならもっと安くできますが、母親が営業職や販売職など人に見られる仕事の場合、意外に削りにくい支出でもあります。

 

レジャー費

1万円

母子家庭だからこそ休日にお出掛けをする機会が多いので、1万円を予算としました。

しかし、削ろうと思えば削れる支出ですので、経済状況によって工夫しましょう。

 

1ヶ月合計17万円

 

以上の内訳合計170000円になります。

 

子供が1人の場合は比較的支出が少なく抑えられるので、さらに節約すれば貯金額を増やすことも可能です。

 

私のシングルマザーでお金に苦労していた時期の収入は約19万円でした。

 

約2万円ほど貯金はできる計算ですが、当時看護学校に通おうと考えていたので、できるときは節約して貯金額を3〜4万円していました。

 

母子家庭の平均年収が低い理由は、安定した収入を得られないため。

母子家庭ではパートタイムで働いている方が多く、仕事を持つご家庭は約80%、パートやアルバイトで働いている方は約50%だと言われています。

 

それに比べて、父子家庭では約90%以上の世帯の方が仕事に就いており、パートで働いている方は約10%以下となっているようです。

つまり、父子家庭に比べて母子家庭は正社員として働く方が少ないために、平均年収が低いという現状になっているのです。

 

母子家庭の年収はひとり親になった経緯により異なります。

 

死別の場合:約450万円
離婚の場合:約275万円
生別の場合:約278万円
未婚の場合:約310万円
その他:約250万円

 

死別の場合に母子家庭の平均年収が高くなっているのでは、遺族年金や生命保険などの収入が加わるためだと考えられます。

就業別に平均年収の内訳を見てみると、

 

正規雇用の場合:約270万円
パート・アルバイトの場合:約125万円

 

以上の年収差になっています。

正規雇用とパート、アルバイトで年収を比べると、100万円以上も格差があることがわかります。

 

同じ年収200万円でも家族構成や社会保険の有無によって手取りは変わりますが、平均してみると、手取り月収15万円程度、手取り180万円程度でしょう。

月15万円の収入でどうやって生活しているか見てみましょう。

 

費目金額
家賃45000
光熱費10000
通信費8000
食費・日用品30000
自分のお小遣い10000
雑費・レジャー20000
生命保険2000
学資保険7500
子供費5000
合計137500

 

実際に当時、私が年収200万円以下の時の生活費をまとめてみました。

残りは貯蓄に回していたのと、冠婚葬祭に備えて貯蓄していました。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

シングルマザー生活の中で人数別母子家庭の生活費はどのくらい

小学生の子供が1人の場合に生活費

家賃は約5万円、光熱費1万円前後、通信費1万円前後、食費約3万円、日用品約5千円、保険料約1万円、給食費約5千円、レジャー費約1万円、習い事に約1万円といった内訳です。

子供が1人の場合は、生活費で約15万円程度となります。

給食費は、申請で免除になることがあります。

 

ここでは、子供がまだ小さいなら少し狭い家に引っ越して家賃を節約したり、携帯を持たせないという選択肢も可能ですし、習い事も月謝が比較的少ない習い事を選択することで少し差が出ます。

我が家の習い事は、そろばんとサッカーでした。(月謝5千円)

 

小学生の子供が2人いる場合の生活費

家賃は約5・5万円、光熱費2万円前後、通信費約1・5万円、日用品約5千円、保険料約1・5万円、給食費約1万円、レジャー費約1・5万円、習い事に約2万円といった内訳になります。子供の人数が1人増えるので、必然的に生活費は約2倍となります。

子供が2人となると狭い家に住むことは厳しくなってきますし、子供が2人の場合は生活費に約20万円程度かかってくると考えたほうがいいですね。

3人暮らしになるので節約も大変になってくるでしょう。

 

子供が3人の場合の生活費

家賃は約7万円、光熱費約2・5万円、通信費2万円、日用品約1万円、保険料約2・5万円、給食費約1・5万円、レジャー費約2万円、習い事に約3万となります。子供の人数が3人になるので、どんどん生活が苦しくなるのがわかります。

子供が3人の場合は4人暮らしとなるので、地域によって値段は変わりますが約7万円程度かかってくると考えられます。子供が3人の場合生活費に約20万円以上はかかる計算。

 

ポイントは家賃で、都道府県営の住宅の申し込みをした方が懸命ですし、家賃がグッと下がります。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

生活費が足りない時の乗り切り方

 

まず、1番いい方法は親や兄弟など身内に生活費が足りないと正直の話をすること。

 

シングルマザーだと離婚するときに身内に迷惑がかかったりした場合もあるので、これ以上迷惑をかけたくないからと、なかなか頼めないこともありますが勇気を出ましょう。

 

あとは、使わないものを集めてオークションや、リサイクルショップ、フリマアプリなどで不用品を売ってお金にしましょう。

 

もし使っていないブランド品や家電などがあればまずはオークション。

今は、メルカリも有名企業の仲間入りですし、ヤフオクもまだまだ人気です。

 

リサイクルショップだと衣服などの場合買取金額が低いことがあるでしょう。

あと、オススメは在宅ワークです。

 

すぐにはお金が入らないので、前もってやっておく必要がありますが、普段から生活費がギリギリで不安がある場合はやってみる価値あり。

 

例えば、子供がインフルエンザなどでもう元気なのに決まった期間保育園に、行かせられない場合など在宅でできるライターの仕事などがあれば、子供がお昼寝をしている時などに仕事ができますよ。

 

参考:シングルマザーが実家暮らしから無職でも自立する3つの方法

 

 

生活の収入源を増やす

 

上にも書きましたが、節約するばかりではなく収入を増やすことが大切。

 

まず、スマホやパソコンを使って家の中や家族のいらないものを売ってお金にします。

 

なぜか、いらないものが売れるんです。しかも、予想以外の金額で。

 

私は、いらないテレフォンカードを数枚出品したら、買った時と同じくらいの金額になりましたし、貰い物の時計が10000円を超えた値段で落札されました。

 

たくさんいらないものを出品したら、合計5〜10万円になり、とても驚きました。

 

そのきっかけで、今はインターネットで在宅ワークを続けて生活しています。

 

はじめに準備するのは、パソコンだけ。

 

子供との時間を大切にしながらお金になる可能性があり、かつ努力した分だけお金が入ってくる。

また資金が少なくても始められる・・・これだけでもやらない理由はありません。

 

しかし、可能性がある一方で心配なこともありますよね。

  • パソコンが苦手
  • なんか難しそうだしわからないことが多そう
  • 借金とかないの?

私も同じことを考えていましたし、パソコンに対して一切知識はありませんでした。

 

また、失敗しても在庫を抱えない種類を選べば、借金を背負うリスクがありません。

 

お母さんが一人で子供を育てているくらい頑張り屋さんであれば大丈夫です。

 

そして、全てインターネットで行える作業なので、お子さんと家にいても隙間時間に取り組めるし、会社勤めをしながらでもできます。

 

私も看護師をしながら副業で取り組み始めたところ1ヶ月目で10万円、2ヶ月目で20万円、3ヶ月目では40万円という大金を手得ることができました。

 

やればやるほどお金が増えるのでワクワクする毎日!

 

このように、金額もすごく高額でビックリですが、もっとすごいのはこの時間です。

何年もかけて取得する資格に対し、数ヶ月で大金ですよ。

 

そうはいっても看護師や美容師といった仕事は、やりがいもあり素晴らしいお仕事ですよね。

もし、取得したいのであればネットでお金を増やし生活基盤を立ててからでも遅くはないでしょう。

 

そうすれば、お金に苦しくならないため学業に負担をかけず、窮屈な生活をしないで済むのではないでしょうか。

 

それは子供に対しても同じことが言えますしお金がないことで、夢ややりたいことを諦めるといった辛い思いをすることになって欲しくないですよね?

 

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

 

まとめ

 

シングルマザーをしていると、他の家の生活費を参考にすることはできないことが多いでしょう。

 

一人で頑張るということは、こうしたところにも大変さが現れますね。

 

生活費の平均金額は平均金額として受け止め、自分ができる限りのことをしましょう。

 

また、貯金をするときは目標を持つことでパワーになりますよ。

 

<応援クリックをよろしくお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング