シングルマザーに人気の仕事は?パート・正社員おすすめランキング
Pocket

子育ては、心も身体もにもタフさが求められるものですよね。

朝は早起きした瞬間からいつもフル活動で、

子供を寝かせてもバタバタ動いている。

 

シングルマザーは、子育てと仕事を両立しなくてはならず、

時間にも子育てにも仕事にも追われてしまうという悩みを抱えている人も多いでしょう。

 

私もそんなシングルマザー の一人です。

 

シングルマザーの生活の基盤は、どんなお仕事をするかですよね。

 

みなさんは、どんなお仕事をしているのか、気になることありませんか?

 

そこで、今回はシングルマザーのお仕事について私自身の経験も含めて、

オススメのお仕事をお伝えしていきます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

シングルマザーに人気の仕事は?パート・正社員おすすめランキング

 

シングルマザーが仕事をするということ

 

シングルマザーとして子育てと仕事を両立するときに第一に考えるのは、

長く続けることができる仕事であるかどうかということ。

 

就職活動をするとなっても、やはり時間やお金はかかってしまうので、

一度入った職場を続けることができるかどうかということを念頭に置くようにしましょう。

 

仕事を始めるとなって、まだ子供が小さい場合には、

まず子供を安心して預けることができる預け先を見つけなくてはいけませんよね。

 

日本は欧米にくらべて、まだベビーシッターという制度が

そこまでメジャーなものではありませんので、

どうしても、託児所に預けたり、

両親に協力をしてもらうことが不可欠となってきますね。

 

シングルマザー生活の基盤として仕事をするときには、まず何よりも自分が頼り

 

しかし、予測不能なことが起きてしまうのがこの世の中。

仕事中にお子さんに何かあった時に、

すぐに他の誰かに頼ることができる存在や預ける施設を

決めておくことが大切といえるでしょう。

 

シングルマザーとして仕事をするなら、まず何よりも自分が資本です。

 

しかし、予測不能なことが起きてしまうのがこの世の中。

 

例えば、公共交通機関が止まってしまい、

仕事が終わってすぐに家に帰れない、自分が体調を崩してしまった、など。

 

そんなときに、子供の面倒を見てくれたり、

子供を代わりに託児所まで迎えに行ってくれるなどの協力は必要です。

 

シングルマザーが、職場選びにおいて大切なのは将来性といわれています

 

もちろん、休みが多かったり、こちらの事情に柔軟に対応してくれたりと、

シングルマザーとして仕事をする上で欠かせない要素は様々あるでしょう。

 

しかし、社内の雰囲気や、自分の味方になってくれる人の有無については、

入社してからでなくてはわからないのもまた事実。

 

まずは、一度入社してから長く続けることができるか、

そして努力がしっかりと給与という形で報われるのか

どうかという部分を調べることが大切といえますよ。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

シングルマザーに人気の仕事ランキング

 

 

1位フリーライター

 

今はインターネットでお仕事が可能な時代です

自宅にいながらお仕事をすることができるため、

副業の柱としても人気が高いのがWEBフリーライター・ブロガーとしてのお仕事。

 

ただ、実際に多くの収入を得るまでには時間がかかるという難点もありますが、

しっかりと自分のスキルと人脈さえ築いてしまえば、

ずっと自宅にいることができるということはシングルマザー に

とって大きなメリットですよね

 

また、特に最初に何か資格がいることもありませんし、

パソコン1つがあってインターネットが接続できる環境で

あればいつでも始めることが可能。

 

様々な方と繋がることができる、インターネットは

たくさんの方からの励ましやたくさんのアドバイスもいただけます。

 

したがって、一人で子育てしているという感覚よりも

みんなから応援してもらうことができるので、

本来よりも孤独を感じにくくなります。

 

私自身、こうしてあなたに向けて、

ブログを書き「フリーライター」をしていますが、

この時感じたのは、思っていたよりも

「シングルマザー の方がブログを書いている」ということ。

 

また、こうしてシングルマザーの方に、

役立つような情報を書いていると、同じ境遇の方から、

コメントをもらえることが増えました。

 

きっと、こうして自宅で仕事をすることがシングルマザーにとっては、

理想の働き方なのでしょう。

 

したがって、私は「フリーライター」がシングルマザーの方に

オススメする1番の仕事です。

 

2位介護職

 

介護職のメリットは、雇用形態がたくさんあること。

 

ですから、さらに働きながら福祉関連資格を取得することが

できるという点がメリットです。

 

そして、施設によっては人も不足しているのですぐ働くことができます

 

まさに高齢化社会で、すぐにでも人手が欲しい

求められているお仕事先といっていいでしょう。

 

子供が小さいうちには非常勤としてパートタイムで働き、

子供が大きくなったら正社員に切り替え。

 

ゆくゆくは将来に向けて資格やスキルアップ等を取り始める、

といったキャリアプラン・ライフプランを立てることもできるようです。

 

ヘルパーの資格自体は比較的取りやすいです。

 

そして、その資格を持って実務経験が3年以上になると

介護福祉士という国家資格をとることもできますから、

モチベーションを持っていくこともできるでしょう。

 

実は、私は結婚当時にヘルパーとして、働いていた時期がありました。

 

「すぐ明日からでもきてください」といった高齢のデイサービスの仕事だったので、

あ・・人が足りない仕事なんだ、私でもすぐに雇ってくれると、嬉しくなりましたね。

 

仕事内容は、高齢の方と関わることが好きだったので、やりがいはとてもありましたね。

やはり、自分を必要とされているって生きがいにつながりますよね。

 

3位看護師

 

看護師は、病院やクリニックだけでなく介護施設や保育所など、

さまざまな場所で活躍しています。

 

50代以上の看護師も増えており、長く活躍できる仕事のひとつです。

 

イメージはお給料がいい!でしょうし、実際に年収も上がることは

確かですし収入も安定しますね。

 

また、患者さんに寄り添うやりがいのあるお仕事なので責任感もあります。

 

大変なお仕事ですが、学ぶことも多いので

おすすめの仕事ですね。

 

ただ、資格をとるためには通学の「お金と時間」がたくさんかかります。

 

その際に、「高度技術訓練促進等給付金」や「母子貸付制度」といった

シングルマザーに対しての支援を活用して資格をとることをおすすめします。

 

シングルマザーで看護師の資格をとる方がかなり増えているので、

自分と同じ境遇の方がいるだけでも安心ですよね。

 

下記の資格支援がありますので、参考にしてくださいね。

 

ひとり親家庭の親が、看護師や介護福祉士などの資格を取得するために、

2年以上養成機関に通う場合に支給されるお金です。

 

修行期間中の生活負担を軽減する目的となっています。

 

支給金額は、非課税世帯か課税世帯化かによって異なるので確認が必要ですね。

また、支給対象となる資格も都道府県によって異なる場合があり、

どの資格でもいいというわけではないので注意しましょう。

 

概要

母子家庭の母又は父子家庭の父が看護師や介護福祉士等の資格取得のため、

1年以上養成機関で修業する場合に、

修業期間中の生活の負担軽減のために、

高等職業訓練促進給付金が支給されるとともに、

入学時の負担軽減のため、高等職業訓練修了支援給付金が支給されます。

 

対象者

母子家庭の母又は父子家庭の父であって、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、

以下の要件を全て満たす方

 

児童扶養手当の支給を受けているか又は同等の所得水準にあること

養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること

仕事または育児と修業の両立が困難であること※平成25年度入学者から父子家庭も対象

 

支給額・期間

 

高等職業訓練促進給付金

 

支給額
月額10万円 (市町村民税非課税世帯)
月額 7万5千円(市町村民税課税世帯)
支給期間
修業期間の全期間(上限3年)
  • 平成30年度より、当該給付金の支給を受け、准看護師養成機関を卒業する者が、引き続き、 看護師の資格を取得するために養成機関で修業する場合には、通算3年分の給付金を支給。
  • 高等職業訓練修了支援給付金

 

対象となる資格

高等職業訓練促進給付金等事業の対象となる資格は、

就職の際に有利となるものであって、

かつ法令の定めにより養成機関において1年以上のカリキュラムを

修業することが必要とされている者について都道府県等の長が指定したものです。
(対象資格の例)

看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士等

 

支給額
5万円(市町村民税非課税世帯)
2万5千円(市町村民税課税世帯)

 

上限で5万円も毎月いただけるのであれば、ちょっと気持ちも楽に、

資格取得に向けて頑張れそうですよね。

 

ぜひ、看護師を取りたいと考えているのであれば、

市役所で内容の確認をしてくださいね。

 

4位医療事務

 

医療事務といっても様々な種類の仕事があります。

 

たとえば患者さんのカルテを管理するお仕事で、

これは責任感を必要とされる仕事であり、

自分の仕事が重要なものであるというやりがいを肌で感じることができます。

 

そして、医療事務としても資格もあるので、

仕事をしながら勉強して自分のやりがいにつなげる方も多いでしょう。

 

私の家族が、医療事務で仕事をしていますが、

同僚の方も女性がとても多く、育児中の方も多いので、

お子さんがいても、働きやすい職場だと思います。

 

やっぱり、環境って大事ですよね。

 

5位家事代行

お客様のお家に行って家事を行うことが仕事内容になります。

 

日常的にお料理を作ったり、お部屋の掃除をすることが好きで得意な方には、

自分のスキルや集中力を活かすことができる環境であるともいえます。

 

仕事内容によっては、時間の区切りが一般の会社とは違うため、

子供との時間を大切にすることもできるでしょう。

 

参考:シングルマザー の収入は年収200万円?生活苦しい時こそポジティブに!

 

私の場合の資格と仕事

 

 

私は、離婚をしてから、しばらく時給800円

ボディーリラクゼーションサロンで働いていました。

 

当時は、パートだったので月給は10万円ほどで、

手当を含めても月収15万円あればいい方で、節約の毎日でしたね。

 

ふと「このまま、この生活では息子を成人まで育て上げることができるのだろうか」

と不安になったんです。

 

だって、当時4歳の息子を一人前の大人にするのに最低1000万円は必要じゃないか。

 

そんな、思いの中様々な仕事を調べて私が選んだのが看護師した。

 

これしかない!と思い、すぐに行動し病院で勤めはじめ、

4年勉強しながら仕事と育児をして国家資格を取得したんです。

 

本当に、怒涛の4年でしたが、やはり資格は取って正解でしたし、

反対に取らなかったら、こんなに安定・安心の生活を送っていなかったと感じます。

 

ただ、子供との時間はかなり犠牲にしましたね。

 

息子はそんなこと全然気にしていないように育っていますが、

私は「もっと一緒にいる時間を大切にするべきだったかもしれない」

と思うようになりました。

 

そんな時に、出会ったのは在宅ワークだったので、

タイミングよく仕事を移行して生活を安定して過ごしています。

 

子供との時間も増えましたし、子供の状況も把握しやすく、

コミュニケーションも良好。

 

今まで我慢させてしまった分を、取り戻すのに必死です。笑

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

 

シングルマザーの仕事選びはとても重要ですね。

一人で仕事を抱えて(しかも男性並みに稼ぐ)、

子育てを頑張って、全ての責任をも抱えるということは、本当にパワーが必要ですね。

 

そんな、大変な中でも必要なことを選んで進むことは、

シングルマザー にとって大切なことだと考えるので、

一人でも多くの母子家庭生活をする方が、

毎日楽しく子育てと仕事の両立をしてくれる事を望んでいます。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング