シンママの年収はどのくらい?母子家庭生活を成功させる3つの方法とは!
Pocket

 

シンママの大切なお金。

母子家庭生活で、どうしても敏感になるお金の話ですが、シンママの年収はどのくらいでしょうか?

 

パートや正社員と、様々な仕事をしているのを伺いますが、月収20万円を超えた金額はもらっていないですよね。

家賃と生活費・食費で毎月の収入がなくなる日々。

 

どうしたら、母子家庭生活を上手く過ごせるのでしょうか?

 

結論からいいますと、仕事を見直す・節約と貯金の仕方を変える・副業(在宅ワーク)をする、という3つのことが、シンママの生活を支える3つの柱と断言出来ます。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

シンママの年収はどのくらい?母子家庭生活を成功させる3つの方法とは!

 

シンママの年収は平均180〜250万円と言われています。これは手当を含めた金額であり、手取りで行ったら15〜18万円であり、もっと少ないご家庭もある様子。

そんな中で、母子家庭生活を成功させるポイントを3つ説明します。

 

シンママの年収をあげる母子家庭生活成功ポイント1!資格を取る

 

シンママの年収をあげる方法の1つとして、資格の取得があります。

資格を取得することで、正社員になりやすくなりますし、資格の種類によっては、資格手当がもらえる仕事があります。

 

また、資格を持っていると、経験があれば、引っ越しした先でも、仕事を探すことが簡単になるでしょう。

では、シンママにオススメの資格は、どのようなものがあるでしょう。

・介護福祉士
・看護師
・准看護師
・調理師
・簿記
・医療事務

 

看護師は、女性が自立した収入を得る方法としての選択してもいいと感じる資格だと考えます。

収入も年収400〜500万円が、ほとんどの職場で可能であることや、子供が成長するに連れて、夜勤を増やし、収入をコントロールすることもできます。

 

看護学校に通うためにも、国の補助があるので、上手に活用して資格取得をしてもいいかもしれません。

 

高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練修了支援給付金

ひとり親家庭の親が、看護師や介護福祉士などの資格を取得するために、2年以上養成機関に通う場合に支給されるものです。修行期間中の生活負担を軽減する目的。

支給金額は、非課税世帯か課税世帯化かによって異なります。

また、支給対象となる資格も都道府県によって異なる場合があります。どの資格でもいいというわけではないので注意しましょう。

 

ただ、看護学校に通い、国家資格を取るために3〜5年の時間が必要であることや、その期間中も仕事をしないと金銭的に、生活苦しい期間が長くなります。

 

勉強も忙しく、あなたの周りの環境に全面サポートしてくれるいることが、看護師免許を所得するサポートにもなり、子供の成長が安定するのではないでしょうか。

 

参考:母子家庭生活費シュミレーション

 

シンママの年収をあげる母子家庭生活成功ポイント2!節約&貯金方法の見直し

 

シンママの年収をあげるためには、まず自分がどんな生活をしていて、お金の出入りを把握する必要がありますね。

そして、お金の無駄遣いをしていたら意味がないので、節約体質にすることも大事。

 

年間の収入を知る

給与明細や通帳を見て、1年間の収入を確認し、お仕事の収入以外に、児童扶養手当・児童手当・養育費など図のようにすべての収入を合計しましょう。

 

貯金額を確認

1年間で増えた(減った)貯金額を確認しまし、通帳の残高を見て、1年前と比較します。

例えば、2018月8月1日の貯金合計が60万、ちょうど1年前の2017年8月1日の貯金合計が50万の場合は、12万増えたことになります。

1年間の支出を知る

収入から貯金を引くと、使ったお金(支出)となります。貯金が全くできない場合は、収入と同じだけ使っていることになります。

以上で、家計の把握はかんたんにでき、家計を把握することで、お金の上手なやりくりをすることができます。

 

さて、貯金はできていましたか?

 

思った以上に貯金ができていたら、この調子と自分をほめてあげてくださいね。

でも、思った通りに貯金ができていない場合は、毎月必ず支出される固定費から見直しましょう。

 

節約

母子家庭では毎月平均30000円くらいで食費をやりくりされています。

節約の際に最もカットしやすいのが食費だと言われており、どれだけコストを抑えて過ごせるかがポイントとなるようです。

 

食費を30000円内に収めたいときは外食を最小限にとどめ、3食自炊を基本に献立を考えると良いですね。

おすすめの食費節約方法は、ネットスーパーを活用してまとめ買いをすること。

 

ネットスーパーを使うと自宅で食材や日用品の買い物ができるため、外出する手間が省けますし、パソコンを見ながらゆっくりと商品が選べるので、献立を考えたり冷蔵庫の中を確認しながら無駄なく買い物ができます。

 

必要な費用でもカットしたいのが水道光熱費や携帯やインターネット代などの通信費。

 

平均的な支出は水道光熱費で10000円~14000円、通信費では7000円~15000円ぐらいとなっています。

特に携帯代は大手の通信会社と契約をすると、スマートフォンを1台持っているだけで1万円くらいの料金を支払う場合があります。

これは節約をしたい家庭にとっては大きな出費となるので、可能であれば格安SIMに機種変更して通信費を抑えてみましょう。

 

水道光熱費を節約したいときは、水の出しっぱなしや電気のつけっぱなしを止めるなどの簡単なことを子どもと一緒に始めてみると良いですね。

 

子どもがまだ小さいなら毎日一緒にお風呂に入り、残り湯を洗濯に使うことで大きく水道代をカット。

また、電力会社のプランを調べて節電できる時間帯に洗濯機を使うなどの工夫を取り入れたり、必要であれば生活のスタイルに合わせてプランを変更してみても良いのではないでしょうか。

 

参考:シングルマザーの収入年収600万円あれば生活余裕。もっとお金持ちになる方法は?

 

シンママの年収をあげる母子家庭生活成功ポイント3!頑張れば成果が出る在宅ワーク

 

また、私が10以上母子家庭生活を続けていく上で、はじめてよかったのが、お金を増やすこと。

 

シングルマザーだからこそ、時間やお金の大切さがわかると思うので、在宅でのお仕事をお伝えします。

 

在宅でお金を稼げるネットでのお仕事として、メルカリやヤフオクなどのネット上で要らなくなったものを販売する不用品販売もおすすめ。

 

不用品販売と思ってなめている方も多いかもしれませんが、要らないものを全て出品して売れば、月に10万円以上だって稼ぐことができてしまいます。

 

家にいながらお金を稼ぐ方法として代表的なものが、ブログやサイトで稼ぐグーグルアドセンスですね。

グーグルアドセンスとはブログ内にクリック型の広告を貼り付け、その広告がクリックされればお金が発生する仕組み。

 

簡単にいえば、ブログにアクセスを集めることで「広告メディア」としての役割を果たし収益をあげることができるというわけですね。

 

ブログで稼ぐ方法としてもう1つのアフィリエイトの場合は、商品を売らなければならないのですが、このグーグルアドセンスの場合は商品を売る必要がないというのが大きなメリット。

 

アクセスさえ集めてしまえば収益が発生するため、芸能人のトレンド系ブログ、イベント系ブログ、季節系ブログなどが王道のジャンルとなっています。

 

初期費用もかからず、ブログを書くだけで稼げるということで非常に人気のお仕事ですが、一方で挫折する人が非常に多いのも事実。

 

実際のところ、ブログはインターネットを使った正真正銘のお仕事であり、正しく取り組めば間違いなく稼ぐことができます。

 

まだまだ、紹介しきれないくらいの内容があります。

物販ビジネス、ブログアフィリエイト、YouTube、メールマガジン、情報販売。

 

本気で取り組めば大きな利益生むことができますので、こちらにチャレンジしてもいいですね。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シンママの年収は低く、母子家庭生活を成功させるには、たくさんやることがありますね。

しかし、子供を守るためであることと、大変な死別や離婚・未婚を経験して、一人で子供を育てているシングルマザーであれば、必ず出来ますし、年収をあげることは可能。

 

私自身、この方法で、お金と自由な時間を手に入れたので、あなたなら大丈夫です。

一緒に頑張りましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング