Pocket

 

シングルマザーの生活で子供が3人になるともう少し節約したほうが、生活のゆとりができます。

しかし、節約ばかりだと時には辛くなりますよね。

 

貯金だってしたいし、みんなで楽しむためには、お金が必要。

子供たちと、自分もみんなで笑って楽しく過ごしたいですよね。

 

今回は、シングルマザー が子供3人を連れて生活するための、大切なお金のお話をしていきます。

では、さっそく生活費のやりくりについて見てみましょう。

 

スポンサードサーチ

シングルマザーが子供3人を連れて生活できるか?幸せ応援します!

 

シングルマザーで子供が3人の生活だと、生活費や養育費が、増すことは自然にわかりますよね。

収入源はママ一人なので、その中でやりくりするには、節約や無駄をなくすこと

 

シングルマザー子供3人の生活の節約と無駄遣いの洗い出し

子供が3人の場合の生活費

家賃は約7万円、光熱費約2・5万円、通信費2万円、日用品約1万円、保険料約2・5万円、給食費約1・5万円、レジャー費約2万円、習い事に約3万となります。子供の人数が3人になるので、どんどん生活が苦しくなるのがわかります。

子供が3人の場合は4人暮らしとなるので、地域によって値段は変わりますが約7万円程度かかってくると考えられます。

子供が3人の場合生活費に約20万円以上はかかる計算。

 

生活費は子供の人数はもちろん、子供の年齢によって大きく変化します。

特に、子供が高校生ともなると義務教育から外れることになるため、生活費は大きく変化します。

 

高校生になると、今までの生活費にプラスして、高校授業料に3万円、定期代約1万円、携帯代、おこづかい、部活をした場合の出費がかかる可能性があります。

 

子供がアルバイトをした場合や奨学金を借りる場合は収入が増えることになります。

 

大学はどの学部に入学するのか、どこから通うのかで生活費は大きく変わります。

一番安い場合で、国公立に自宅から4年間通うと約500万円の学費となります。下宿の場合は約800万円。

 

もし医学部系に通うとなれば、自宅から通ったとしても学費は約2700万円となります。

 

 

一般的には家賃は、収入の3割と言われてます。

でも家賃は安いに越したことありませんので、3割という数字にとらわれず抑えられるのが理想ですね。

 

ずっと決まって払わないといけないし、一回子供たちと住んでしまったら、簡単に引っ越しはできませんからね。

光熱費で、節約できる部分として、初期費用はかかってしまいますが長い目で見ると、光熱費では省エネの家電を利用すると節約につながります。

 

古いままの家電のままだったら省エネ機能がついてなかったりします。

年間にするとかなり差が出ますよ。

 

そしてエアコンの冷暖房の設定温度を熱すぎない、冷えすぎないといった事も意識すると違いがでてきます。

水道は流しっぱなしにしなどを意識しましょう。

 

食費と雑費は、子供が3人いると、もう少しかかってしまいますよね。

私は子供が幼く一人でしたので、特に食費はかからずに済みました。

 

子供の年齢によりますが3人いると節約といってもある程度は、栄養が偏らないよう考えないといけない。

 

子供の食費に関しては他の節約した分で補うようにしてください。

 

節約したところは、私は生命保険は母子家庭になったことで、自分が万が一なにかあったらと思い、死亡保険を大きくかけていましたが、大きな保証が必要ない方は国民共済や府民共済保険が安く利用できるのではないでしょうか。

 

被服に関しては、今はもっと安い服はネットで見つけられますし、少し大きな子供の知り合いママがいた場合は、お下がりをもらったりしてましたし、最低限必要な枚数と、お出かけ用に見栄えのいい洋服が1〜2枚あるといいでしょう。

 

2番目、3番目の子供は上の子のお下がりはどうでしょうか。

 

子供はすぐに大きくなるので、見えを張らずに清潔なものを着せてあげればいいでしょう。

 

  • 毎月決まって支払うお金は、収入があった時にきちんと分けること。(支払いが先、残りのお金で生活すること)
  • 予算を決めて、その中でやりくりする。(必要以上のお金とクレジットカードは持ち歩かない!
  • クレジットカードは2枚以内。(多くても3枚)→私は「au」と「楽天カード」の2枚でしたが、ファミマTカードも作りました。(ポイントがたまりやすい)
  • 洋服・化粧品は基本最低限。→人に不快感を与えない程度の身だしなみで(フリマや100均、ちふれなどを利用。)
  • 買い物をする店を決めて「ポイント」を貯める。→あちこちで買い物をするよりポイントが貯まりやすい。

 

家賃や食費以外の節約も少しづつ取り入れてみてください。

 

参考:シングルマザーのお金が足りない!貧困脱出する5つの方法

 

シングルマザー子供3人の生活で上手な貯金方法とは

 

学資保険は、契約した保険料をきちんと支払えば、教育資金が必要なタイミングで給付金としてまとまった額を受け取ることができる保険です。

 

保険会社にもよりますが、月々5000円程度を支払うと、子どもが大学に進学する頃には150万円以上の貯蓄になります。

解約しない限り自分で勝手にお金を引き出せないので、確実に貯めることが可能。

 

あと、大切なのは目標を立てること。

貯金がないから毎月1万は貯金するっていう危機感と目標を持つことが大切。

 

立てた目標が、大きな目標の場合、達成しにくケースがあります。

最初は出来たとしても、継続がしにくい目標はダメですし、まず最初は、継続が出来る楽な目標を立てて実行しましょう。

 

楽なのに大丈夫?って思う人もいるかもしれませんが、継続が出来ない大きな金額の貯金と、継続が出来る小さな貯金を比べた場合、継続が出来るほうが貯金し続けることが出来ます。

 

継続しやすい目標を立て、それを実行し続けたら、それを楽しめるように家計簿やお小遣い帳などを付けてみましょう。

 

今日はいくら貯金した、今月はいくら貯金したっと目に見えれば夢が膨らむと、貯金することが楽しくなります。

楽しく思えれば、無理がない程度に貯金金額を増やしたりしていけるので、プラスのスパイラルに突入。

 

ケチと節約は違います。

 

参考:シングルマザーがお金が足りない生活苦しい時には?不安解消4つの法則

 

シングルマザーで子供3人の生活であればお金を増やすことが必要

 

今まで、節約や貯金のことをお話していきましたが、生活を潤わせるにはお金を増やすことも大切です。

そして、時間のないシングルマザーに必要なのは、ちょっとした隙間時間でできるお金を増やす方法でしょう。

子供3人の合計4人の生活であればなおさらです。

 

オススメしているポイントサイトはA8ネットです。

 

もし、自分のブログがあれば、その商品を広告をブログに載せて商品が売れれば、利益がもらえます。

 

また、セルフバックといって、自分が商品を購入するだけでお金が帰ってくるといった仕組みもあります。

 

セルフバックを利用すればお得に購入できるのでセルフバック対象プログラムかチェックしてみてくださいね。

 

「なぜ、商品を自分で買わなければいけないのか?」

この商品を自分でブログやホームページで商品を紹介して、誰かに買ってもらうと報酬がもらえます。

 

これは1つの投資だと思って下さい。

 

例えば1つ3000円で商品を購入したとしても商品紹介記事からアフィリエイト成果が1万円分発生したらどうでしょうか、2万円分ならどうでしょうか、成果がしっかりと発生すればもとは取れるはずなので1つの投資だと思ってみるのもいいと思います。

 

ただし、記事に魅力がなければ売れるものも売れません。

なぜ、実際に商品を購入しなければならないかというと記事に魅力を持たせるためです。

 

実際に商品を買ったことがない人に「この商品すごく良いから買ってみなよ!」と言われてどう思いますか?

「いやいや、あなた買ってもないのになんでおすすめしてくるのよ」って思いませんか?

 

実際に商品を購入して自分で使ってみて、記事にその感想を落とし込むことで良質な記事をつくることができるようになります。

 

しかも、自分でお金を払っているのでしっかりとした記事を書かなきゃ自分が損をするという心理状態になりますのでより効果的なんです。

 

自分でお金を出したものについては誰だって元を取りたいと思うものです。

 

こうして、どんどんお金が増えていく仕組みがブログアフィリエイトです。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

まとめ

 

シングルマザーだから大変なことも多いでしょうが、子供がたくさんいることはその分楽しいこと、嬉しいことがたくさんあるんです。

そんな、かわいい子供のためにたくさん笑顔になれるように、お金も心も潤えるようにしたいですよね。

 

きっと、あなたならできます。

一緒にがんばりましょう。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング