Pocket

 

離婚しようと考えている。

シングルマザーの生活って大変なのかな?

離婚する覚悟ができないあなたへ。

 

迷っているうちは離婚しない方ががいいでしょう。

 

今は、シングルマザーも増え、手当もあるので「もしかしたらシングルマザー の方が楽かも」と思っているようであれば、考え直した方がいいです。

 

はっきり言って大変ですし、心も身体もボロボロになりますし、自分を癒せるお金もありません。

 

しかし、私は底から這い上がりましたので、強く生きる方法はあります。

 

子供を育てるためには何でもできますよね?

私も同じくそうでした。

 

今回は、シングルマザーとして生きる覚悟が欲しい方に、強く生きる準備をお伝えします。

 

スポンサードサーチ

シングルマザーとして生きる覚悟ができない?強く生きる準備をしよう!

 

シングルマザーの現状

シングルマザーとして生きていく上での一番の辛さは、貧困や生活と将来の不安以上に、世間の偏見や差別もまだまだ消えません。

 

それは、メディアが報じるシングルマザーの実態や、テレビドラマや映画で描かれる母子家庭が、幼い子を抱えて健気に奮闘するという感情移入しやすい人物が「シングルマザーは貧困」と想像させるでしょう。

 

一方、シングルマザーならではの悩みとしては、やはり単純に身代わりがいないことがかなりの負担。

 

夫婦であれば、どちらかがもし働くことができなくなっても、どちらかが働くことができればいいので、心の負担は軽いでしょう。

 

しかし、シングルマザーになれば、そうはいきません。

 

自分に何かがあったら、だれも家計を支えることはできませんし、家事や子育てを代わる、もしくは手伝ってくれる人はいないのです。

 

逆に気楽なのは、家事にも育児にも誰も口出しはしないし、部屋が散らかっていようとも、自分の居心地が悪いだけの話で、誰にも怒られることはありません。

 

いいこともあれば、悪いこともある。

 

ただ、自分が病気になった時はかなり辛いでしょうし、だいたいにして子が病気をもらい、それが自分にもうつるので、仕事を休んだり、体調不良で子供の面倒や家事をこなすことがとても辛いです。

 

参考:離婚したシングルマザーで幸せに暮らせる人の特徴は?子供と幸せになる方法。

 

辛いことへの心構え

 

強く生きるために必要なのは心構え。

 

問題を1つ1つ解決していく必要があります。

 

離婚を考える際に直面する大きな問題の一つに、子供にどう伝えるか、どう接するか、ということがあげられるでしょう。

 

夫婦は家族の最小単位、夫婦の仲が壊れてしまっては、家族として機能しなくなってしまいますし、たとえ子供でも親の結婚生活に口出しはできません。

 

ただ親の出した結論を受け入れるだけです。

 

子供のために結婚生活をガマンして続ける人生

子供のために離婚を選ぶ人生

 

どちらが正しくて、どちらが間違っていることはありません。

 

親が結婚の継続あるいは離婚を選んだのならば、自信を持ってその後の生活をスタートさせて欲しい。

 

口でなんと言おうとも、子供は「お母さん」が大好きです。

 

そのお母さんを苦しめるのが「お父さん」なら、子供はお父さんに反発しますし、その反発の矛盾として、しっかりしないお母さんを攻めることもあります。

 

逆にお母さんがお父さんを苦しめているのなら、尊敬できないお母さんを嫌悪し、苦しんでいるお父さんに同情はするものの、お母さんに対する絶対的な愛情というよりは、冷静で客観的な視点でお父さんを見るでしょう。

 

離婚後、子供を母親が引き取ることが多いのですが、お母さんは自分の選択に自信を持ち、「幸せになってやる!」と自分に誓ってください。

 

子供は親の自信を支えに「両親の離婚」という事実を乗り越えていけるのでしょう。

 

参考:シングルマザー貧乏生活抜け出す手段は?貧困脱出ブログ!

 

環境が整ったら行動するだけ

 

決めることを決めたら、動くだけ。

お金を作り、仕事を探し、環境を整え、子供との生活をスタートさせるだけです。

 

お金はどのくらいありますか?仕事はしていますか?

仕事の間、子供を預けられる場所はありますか?

 

たくさん考えることがありますね。

 

しかし、何通りでもケースを考えておいた方がいいでしょう。

 

  • 子供が熱を出したらどうするか(自分が仕事で抜けられない時)
  • 子供を時間に迎えにいけない時
  • 生活費が底をつきそうになったらどうするか
  • 生活費はどのくらいかかってどのくらい貯金できそうか
  • 自分が病気になったら子供はどうするか、家事はどうするか
  • 自分に何かあったら子供はどうなるか

 

大げさですが、私は自分が死んだら子供はどうなる、まで考えました。

 

そこまで、たくさん考えることができた時「いける。」と確信して一歩前へ進めるでしょう。

 

離婚は、簡単ですが一人で子供を育てるのは大変です。

 

しかし、楽しみもたくさんありますし、何より我が子が元気で生きていてくれることに感謝ができます。

 

いい意味で贅沢でなくなるというか、こうあるべきといった固定観念がなくなります。

 

「ここまで元気に育ってくれた。何でもチャレンジしてきなさい。ママが全部責任とるから。」と背中を押してあげられますし、何でも許せます。

 

子供が私を育ててくれるということでしょう。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

 

 

まとめ

 

離婚を考えていて、シングルマザーになる覚悟ができない時は、まだその時ではないのかもしれません。

 

一時の感情だけで動くと必ず後悔しますし、考えに考え抜いた時に、自然と身体が動くはず。

 

そうして、出した答えは必ず、お子さんに届くと思うので、迷わずまっすぐ進んでください。

 

<応援クリックよろしくお願いいたします>

 

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング