シングルマザーにおすすめの職業は?母子家庭生活に向いている仕事7選!
Pocket

 

シングルマザー生活は、子供と向き合う時間を確保しつつ、お金の心配もしないといけませんよね。

また、生活の全てを自分で決める必要があるので、毎日プレッシャーですし、負担も大きい。

 

できれば、自分に合った仕事や、楽しいと思える職業に出会えることを夢見たりしませんか?

私も、同じように「どうせやる仕事なら楽しくやりたい」と感じる性格。

 

今回は、シングルマザーにオススメの職業を7つご紹介し、あなたの性格や生活スタイルに合ったお仕事が探せるようにお手伝いいたします。

 

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

【期間限定無料特典配布中】

シングルマザーにおすすめの職業は?母子家庭生活に向いている仕事7選!

 

シングルマザーの職業選びの基準とは?

 

まず基準として考えていただきたいのが、子供との時間を取るか、収入を取るかということ。

シングルマザーであれば、そのどちらかを多少犠牲にしなければいけないのは仕方のないことです。

 

どちらかというと、「収入を取る」シングルマザーが多い気がしますね。

子供のために稼ぐ人は自分しかいなく、収入が多ければ、貯金も増えて教育費もかけてやれて、子供の将来の選択肢も増えるから。

 

しかし無理をしすぎるのも禁物、バランスが大切なので、子供にとっても無理のない範囲で考えてみましょう。

また、「ずっと続けていけそうか。」ということも大切なポイントです。

 

同じ職場のほうが慣れていて何かとやりやすいですし、継続して同じ職に就くことで、収入アップが見込めます。

最初にパートで入ったとしても、正社員への道も開けることもあるでしょう。

 

またそのためにも、資格が重要かもしれません。

「資格」を持っている人は収入が多いですし、もちろん就職にも有利。

 

資格を取るのは一見遠回りに見えるかもしれませんが、実は高収入の仕事につくためには絶対にやっておくべきこととも考えられます。

 

参考:40代・50代でシングルマザーになる決意!貯金はいくらあれば老後安心?

 

母子家庭生活に向いている仕事7つ

 

介護職

未経験でも、40代以上でも、1日1時間からでも働けるのがポイントで深刻な介護職不足で常に雇用があるので、解雇の心配はありません。

 

「介護福祉士」の資格を取れば、さらなる収入も見込めるでしょう。

 

腰などに負担がかかる体力仕事なので仕事から帰れば家事と育児が待っていると考えると、少し大変かもしれませんがその分の収入とやりがいがあります。

 

保険外交員

務める会社によって差はあるものの、一般的に基本給は手取りで月13~15万円程度、成績や資格の手当が1~3万円程度つくことがあるのがこの職業。

 

収入を第一に考えるなら保険外交員がおススメです。

 

営業成績に左右されることが多々あるため、収入に変動がありますが、成績を上げ続けると年収1000万以上稼ぐことも可能。

基本的に朝と夕方は出社です。

しかし、その間のスケジュール管理が個人に任せられるところが大きいため、運動会など子どもの行事にも参加しやすく極端に残業が続くということもないので、外回りが大丈夫なシングルマザーには良い仕事といえるでしょう。

 

医療事務

医療事務で働くには資格が必要ですが、それをとってしまえばとてもよい仕事。

 

また大きな総合病院ですと、土日祝や連休もお休みですし、定時に帰れますし、さらに急な休みや有休にも理解のある職場。
ブランクがあっても再就職しやすいというのもポイントですね。

 

座ってできる事務職ですし、子育てが大変なシングルマザーからしてみれば仕事では体力を温存しておきたいでしょう。

 

確かに資格をとって就職するまでが大変が、子供が大きくなった時のことを考えると、しっかり稼げて精力的に働くことができるという魅力があります。

 

フリーライター

こちらは少々変わったお仕事。

自宅にいながらお仕事をすることができるため、副業としても人気が高いのがフリーライターやブロガーとしてのお仕事。

 

実際に多くの収入を得るまでには時間がかかるという難点もありますが、しっかりとスキルと人脈さえ築いてしまえば、四六時中自宅にいることができるということは大きなメリットということができるでしょう。

 

もちろん、何か特別な資格も必要ありませんし、シングルマザーの人が開設している子育てブログというものもあり、たくさんの人から励ましのコメントをもらうこともできますね。

 

広告収入を得ることができれば、不労所得収入を手にし、より多くの時間を子供と向き合うことに費やせます。

 

歯科衛生士

多くのシングルマザーが、歯科衛生士として活躍をしています。

 

というのも、歯科衛生士の初任給は22万円~25万円が相場とされ、初任給としては高額な収入を得ることができるから。

 

また、歯科医院は同じ街にいくつもあったりと、実際に働く職場を探す上でも非常に有利でしょう。

 

ただ、後述するように資格が必要とされるお仕事。

通信制度のみで歯科衛生士の資格をとることはできないため、就職のために時間を取られてしまうところがデメリットとされています。

 

家事代行

働ける日時を設定しやすく、子育てと両立しやすい仕事として、家事代行も挙げられるでしょう。

仕事内容としては、顧客のお家で料理を作ったり、掃除をしたりする仕事なので、主婦としての経験がある方なら問題なくこなすことができます。

 

家事が好きで子供との時間も大切にしたいという方におすすめできる仕事。

ただし、給料は低く抑えられがちなので、地域によっては生活が困難になる可能性も高いと言えます。

 

調剤薬局事務

医療事務と同様、女性におすすめの仕事として調剤薬局事務も挙げられます。

 

残業が少なく、勤務時間と休日が決まっている職場が多いため、子育てとも両立しやすい仕事と言えるでしょう。

調剤薬局も全国にあるため、仕事探しに困る心配はありません。

 

医療事務と比べて担当する範囲も小さいため、資格が取りやすい点も魅力です。

↓【シングルマザーがお金に困らない方法をお伝えします】↓

 

【期間限定無料特典配布中】

まとめ

シングルマザーが職業を選ぶ理由は、収入でしょう。

しかし、収入ばかりを考えていると、子供との時間や、預け先に苦労しますよね。

 

体力的な問題や、気持ちのゆとりが保てるようにお仕事探しは重要なんですよね。

あなたにあったお仕事が見つかりますように。

 

<応援クリックお願いいたします>

 

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

 


シングルマザーランキング